他動詞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 動詞 > 他動詞の意味・解説 

たどう‐し【他動詞】

動詞を意味の上から分類した一。その動詞の表す動作作用直接他に働きかけたり、他をつくり出したりする働きとして成り立つもの。動作作用が及ぶ対象は、ふつう格助詞「を」で表される。「本を読む」「窓を開ける」の「読む」「開ける」などの類。⇔自動詞


他動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 09:53 UTC 版)

他動詞(たどうし、: transitive verb)とは、典型的には、そのの中で目的語をとり、主語から目的語に向かう(あるいは及ぶ)動作を表す動詞自動詞との関係も含めて、他動詞に関する言語現象一般を他動性 (transitivity) という(角田/Tsunoda 1991, 1999)。Hopper & Thompson (1980) は他動詞文と自動詞文は峻別できず、連続体をなすことを指摘した。




「他動詞」の続きの解説一覧

他動詞

出典:『Wiktionary』 (2017/07/29 14:47 UTC 版)

名詞

 動詞たどうし

  1. 目的語対格)をとる動詞

関連語




他動詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「他動詞」の関連用語

他動詞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



他動詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの他動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの他動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS