1974とは? わかりやすく解説

1974

作者木根尚登

収載図書それでもいいと思ってた13のラヴ・ショート・ストーリー
出版社角川書店
刊行年月1995.2

収載図書それでもいいと思ってた13のラヴ・ショート・ストーリー
出版社角川書店
刊行年月1998.2
シリーズ名角川文庫


1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 16:10 UTC 版)

1974千九百七十四、せんきゅうひゃくななじゅうよん)は、自然数また整数において、1973の次で1975の前の数である。




「1974」の続きの解説一覧

1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/12 07:26 UTC 版)

BRM・P160」の記事における「1974」の解説

1974年シーズンはP160Eがシーズンの大半使用されその後P201に置き換えられた。ベルトワーズ残留したが、クレイ・レガツォーニニキ・ラウダは共にフェラーリ移籍した。彼らに代わってアンリ・ペスカロロフランソワ・ミゴール起用された。

※この「1974」の解説は、「BRM・P160」の解説の一部です。
「1974」を含む「BRM・P160」の記事については、「BRM・P160」の概要を参照ください。


1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 01:13 UTC 版)

ローラ・T370」の記事における「1974」の解説

シーズン開幕戦のアルゼンチングランプリヒル予選17位、エドワーズグリッド最後尾となった決勝ではヒル残りラップ10走行中エンジントラブルリタイアエドワーズ優勝したデニス・ハルムから2周遅れの11となった第2ブラジルではエドワーズ予選最下位25位で、これは24位のブラバムリチャード・ロバーツよりも2秒以上遅かったヒル予選21位だった。決勝のため短縮されヒル11位、エドワーズは3周目にシャシートラブルリタイアした第3南アフリカヒルのみがエントリーし予選18位、決勝12位という結果だった。 ヨーロッパラウンドが始まりスペイングランプリは再びヒルエドワーズの2台がエントリーしたが、エドワーズ予選落ちし、ヒル19番スタート決勝中盤エンジントラブルのためリタイアしたベルギーではエドワーズ初めヒル予選上回りエドワーズ21番手、ヒル29番手決勝臨んだ決勝初め両者共に完走しヒルが8位(2周遅れ)、エドワーズ12位(3周遅れ)という結果であったモナコではヒル予選19位、エドワーズ予選24となったが、決勝ヒルが7位、エドワーズ8位とあと僅かでポイント獲得逃した。続くスウェーデンではヒル予選15位、エドワーズ18位でスタートヒルは6位入賞しシーズンポイントキャリア最後のポイント獲得)を獲得しエドワーズは7位で完走した両者共に優勝したジョディ・シェクターからは1周遅れであったオランダでは再びエドワーズヒル予選上回りエドワーズ14番手、ヒル19番手でスタートしたが、ヒルギアボックストラブルエドワーズ燃料システムトラブル両者共にリタイアしたフランスでは22台中エドワーズ予選20位、ヒル予選21位となり、決勝ヒル13位、エドワーズ15であったイギリスグランプリ週末最初の予選後にエドワーズフォーミュラ5000事故手首骨折しチーム地元ドライバーピーター・ゲシン代役起用したゲシン予選21位、ヒル予選22となったが、決勝ゲシン体調不良のため1周目リタイアヒル13位で完走したドイツグランプリエドワーズ復帰した予選落ちし、ヒル予選20位、決勝9位に終わったエドワーズの手首は完全に治癒してなかったので彼に代わってロルフ・シュトメレン残りシーズン起用された。第13戦オーストリアグランプリでシュトメレンは予選13位、ヒル予選21となったが、決勝ではシュトメレンはパンク後事故でリタイアしヒル12位で完走したイタリアではシュトメレンが予選14位、ヒル予選21位でスタートしたが、シュトメレンはサスペンショントラブルでリタイアしヒル勝者ロニー・ピーターソンから1周遅れの8位で完走した終盤2戦の北米ラウンド入りカナダグランプリでシュトメレンは予選11位、決勝11位、ヒル予選20位、決勝14位に終わった最終戦アメリカグランプリではシュトメレンが予選21位、ヒル予選24となったが、決勝ではヒル1周遅れの8位、シュトメレンは5周遅れの12となった世界選手権ドライバーズランキングヒルは1ポイント獲得し8位、ローラコンストラクターズランキング12となったヒルチームの4人のドライバーの内、T370でポイント獲得した唯一のドライバーであった

※この「1974」の解説は、「ローラ・T370」の解説の一部です。
「1974」を含む「ローラ・T370」の記事については、「ローラ・T370」の概要を参照ください。


1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 01:25 UTC 版)

ペンスキー・PC1」の記事における「1974」の解説

PC11974年カナダグランプリデビューし、ダナヒューは予選24位で通過決勝12となった次戦のホームグランプリである1974年アメリカグランプリでは予選14位、決勝リアサスペンショントラブルリタイアとなっている。 チーム・ペンスキー1974年ポイント獲得することはできなかった。

※この「1974」の解説は、「ペンスキー・PC1」の解説の一部です。
「1974」を含む「ペンスキー・PC1」の記事については、「ペンスキー・PC1」の概要を参照ください。


1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 13:41 UTC 版)

パーネリ・VPJ4」の記事における「1974」の解説

VPJ4はアンドレッティと共に1974年カナダグランプリデビューし、7位でフィニッシュした。アメリカグランプリではパレードラップでイグニッション不良起こしクルー問題解決した25分遅れでスタートした結局アンドレッティ予選グリッドからスタートすることになったが、スターターのテックス・ホプキンスがグリーンフラッグ振り下ろしたとき、マシン動かなかったため他の車はアンドレッティ車を避けていかなければならなかった。最終的にパーネリメカニックが2周遅れで押しがけスタートさせたが、アンドレッティスタート際に外部からの支援受けたと言うこと黒旗失格となった。 パーネリチームはその年ポイント獲得しなかった。

※この「1974」の解説は、「パーネリ・VPJ4」の解説の一部です。
「1974」を含む「パーネリ・VPJ4」の記事については、「パーネリ・VPJ4」の概要を参照ください。


1974

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 07:47 UTC 版)

バーガーシェフ」の記事における「1974」の解説

1974年株式会社不二家100%出資による子会社株式会社シェフジャパンによってチェーン展開進められた。3月29日第1号店の横浜西口店4月10日第2号店の浅草店をオープン外資ハンバーガーチェーンでは初めてミートブロイラー、バンズグリラーのコンベヤーシステム自動的に焼き上げるチャコール方式をとった。 ミート明治ケンコーバンズ伊藤製パン店舗施行高塚建設ユニフォーム伊勢丹松坂屋印刷物アロー印刷大昭和製紙店舗外装緑色屋根レンガ造りテーマカラーセピアDIC312、赤DIC198を使用店舗インテリア印刷物デザイン日本独自のものが多かった

※この「1974」の解説は、「バーガーシェフ」の解説の一部です。
「1974」を含む「バーガーシェフ」の記事については、「バーガーシェフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1974」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1974」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1974」の関連用語

1974のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1974のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1974 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBRM・P160 (改訂履歴)、ローラ・T370 (改訂履歴)、ペンスキー・PC1 (改訂履歴)、パーネリ・VPJ4 (改訂履歴)、バーガーシェフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS