1975とは? わかりやすく解説

1975

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/07 03:54 UTC 版)

ウィリアムズ・FW04」の記事における「1975」の解説

1975年シーズン序盤3戦でフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズはまだFW使用しており、新しいFW04はスペイングランプリまで準備ができていなかった。最初1台しか製作されておらずシーズンの残り旧型のFW03と共に投入された。ウィリアムズチーム予算低く、他チームから中古タイヤ購入することさえあった。 デビュー戦となったスペイングランプリで、FW04はアルトゥーロ・メルツァリオドライブした。メルツァリオのチームメイトとなったのは若手イギリス人ドライバートニー・ブライズで、ブライズはこの1戦でのみFW03をドライブした予選でメルツァリオは25位、ブライズ18位となり、メルツァリオはモンジュイック・サーキットガードレール適切に固定されていないことに抗議してレースから撤退した決勝ではロルフ・シュトメレンドライブするヒル・GH1リアウィング走行中外れ、シュトメレン車は観客席飛び込み5名が死亡するという大事故起きたブライズは7位で完走したモナコではジャック・ラフィットチーム復帰、メルツァリオに代わってFW04をドライブし、メルツァリオはFW03をドライブした。このレースではラフィット予選19位、メルツァリオが予選20位で両名とも予選落ちし、決勝18台で行われたベルギーではラフィットがFW04で予選17となったが、決勝ではギアボックストラブルでリタイアとなったスウェーデンではラフィットフォーミュラ2出場するため再び欠場となり、メルツァリオはチーム離脱したためダミアン・マギーとイアン・シェクター起用された。シェクターはFW04で予選20となったが、決勝ではタイヤトラブルでクラッシュリタイアとなったラフィットシーズンの残り全てでFW04をドライブしたが、FW03は各戦ごとにペイドライバードライブしたオランダラフィット15番グリッドがらスタートしたが、エンジントラブルリタイアしたフランスでは予選16位、決勝11位となり、これがFW04初の完走となったイギリスでは予選19位、決勝はギアボックストラブルで早々にリタイアとなったチーム運命ドイツグランプリ改善された。このレースラフィット予選15位となる。決勝では何台かのマシン機械トラブルアクシデント脱落していったが、ラフィットレース終盤トム・プライス抜いて2位入りチームは6ポイント獲得した。しかし続くオーストリアでラフィット予選12位で通過したが、決勝ハンドリング問題リタイアとなったノンタイトル戦のスイスグランプリでは予選13位、決勝10となっている。第13戦イタリアグランプリでは予選18位、決勝はギアボックストラブルでリタイアとなったシーズン最終戦アメリカグランプリまでに2台目のFW04が製作され、2台が投入されたが両方ともスタートできなかった。ラフィット予選21となった体調問題スタートできなかった。レラ・ロンバルディ新造されたシャシードライブし予選24であったが、イグニッション問題抱えスタートできなかった。ウィリアムズはこのシーズン6ポイント獲得しコンストラクターズランキング9位となったポイント全てラフィットドイツ獲得したであった

※この「1975」の解説は、「ウィリアムズ・FW04」の解説の一部です。
「1975」を含む「ウィリアムズ・FW04」の記事については、「ウィリアムズ・FW04」の概要を参照ください。


1975

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 01:13 UTC 版)

ローラ・T370」の記事における「1975」の解説

エンバシー・ヒルローラ・T371後にヒル・GH1改名)の準備ができていなかったため、ヒルとシュトメレンはシーズン序盤2戦でT370を走らせた開幕戦アルゼンチンでシュトメレンは予選19位、ヒル予選21位となり、決勝ではシュトメレン13位、ヒル10となったブラジルではヒル予選20位、シュトメレンが予選23位となり、決勝ヒル12位、シュトメレンが14となった第3南アフリカではシュトメレンが新型のT371をドライブしヒルはT370を使用した。しかし実際にはプラクティスアクシデントヒル予選落ちしている。スペインでは2台のGH1が準備され、(この頃T371からGH1に改名された)T370は使用されなかった。第5戦モナコヒルのみがエントリーし予選でGH1とT370の両方使用した予選通過することはできなかった。ヒルその後現役から引退し、T370は使用されなくなったシーズン残りスペアカーとして用意されたが、使用されることは無かった

※この「1975」の解説は、「ローラ・T370」の解説の一部です。
「1975」を含む「ローラ・T370」の記事については、「ローラ・T370」の概要を参照ください。


1975

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 01:25 UTC 版)

ペンスキー・PC1」の記事における「1975」の解説

ロジャー・ペンスキー1975年PC1フルシーズン参戦計画したが、ペンスキー・チームにとっては難しシーズンであり、ダナヒューにとっては悲惨なシーズンとなった1975年開幕戦アルゼンチングランプリで、ダナヒューは7位に終わった第2ブラジルグランプリではダナヒューはハンドリングトラブルでリタイアとなった南アフリカグランプリは8位となったスペイングランプリではダナヒューはヘスケスアラン・ジョーンズと共にティレルジョディ・シェクターまき散らしオイルにのってクラッシュリタイアとなったモナコグランプリではアクシデントリタイアとなっている。ベルギーグランプリではアクシデントの後レース放棄している。ベルギーグランプリでは11となっている。第7戦スウェーデングランプリでは5位となり、ポイント獲得した次戦オランダグランプリでダナヒューは8位に終わったフランスグランプリではトランスミッショントラブルリタイアとなったPC1投入フランスグランプリ終了しペンスキーは続く3戦をマーチ751戦った。ダナヒューはオーストリアグランプリ最終プラクティスセッションで大クラッシュし、重度の脳震盪負った彼はサーキットですぐに意識回復したが、病院意識失った。脳への圧力和らげるための緊急手術成功せず彼はこの怪我原因で死亡した。この事故ではトラックマーシャルも死亡している。 ペンスキーイタリアグランプリ欠場しアメリカグランプリ出場することを決めたアメリカグランプリでは新しい車ペンスキー・PC3マーチ代わって投入されドライバージョン・ワトソン起用された。ワトソンプラクティス予選でPC3を使用し12番となったが、技術的問題のため決勝ではスペアマシンPC1使用しなければならなかった。ワトソンPC1ドライブして決勝は9位となったチーム・ペンスキー1975年に2ポイント獲得した

※この「1975」の解説は、「ペンスキー・PC1」の解説の一部です。
「1975」を含む「ペンスキー・PC1」の記事については、「ペンスキー・PC1」の概要を参照ください。


1975

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 13:41 UTC 版)

パーネリ・VPJ4」の記事における「1975」の解説

1975年開幕戦アルゼンチンGPアンドレッティトランスミッショントラブルリタイアしたファイアストンレース活動から撤退したため、チームブラジルグランプリ前にタイヤグッドイヤー変更したが、レースは7位に終わった第3戦の南アフリカグランプリアンドレッティ残り8周というところでトランスミッショントラブルで車を止めたが、17位で完走扱いとなったスペイングランプリアンドレッティスタート時マーチヴィットリオ・ブランビラ接触そのままニキ・ラウダフェラーリ後部衝突しラウダチームメイトクレイ・レガツォーニ接触したラウダリタイアとなったが、レガツォーニピットインした。最初のコーナー混乱が解決した後、ヘスケスジェームズ・ハント先頭立ったアンドレッティ2位走行していた。ハント6周目リタイアしアンドレッティ先頭立ったが、その後サスペンショントラブルリタイアとなった。第5戦モナコグランプリではアンドレッティピットインた際にオイル漏れのため火災生じリタイアとなったチームアンドレッティインディ500出場したため続くベルギーグランプリ欠場した。第7戦のスウェーデングランプリでは4位に入る。チームは再びアメリカでレース優先しオランダグランプリ欠場した第9戦フランスグランプリでは5位に入る。イギリスグランプリでは12位、ドイツグランプリでは10となったその後は3戦連続リタイアとなる。オーストリアグランプリではスピンイタリアグランプリではクラッシュアメリカグランプリではサスペンショントラブルであったチームこの年5ポイント獲得しコンストラクターズランキング10となった

※この「1975」の解説は、「パーネリ・VPJ4」の解説の一部です。
「1975」を含む「パーネリ・VPJ4」の記事については、「パーネリ・VPJ4」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1975」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1975」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1975」の関連用語

1975のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1975のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウィリアムズ・FW04 (改訂履歴)、ローラ・T370 (改訂履歴)、ペンスキー・PC1 (改訂履歴)、パーネリ・VPJ4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS