フェラーリとは? わかりやすく解説

フェラーリ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フェラーリ

名前 FerrariFerari

フェラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 03:35 UTC 版)

フェラーリ (Ferrari N.V. ) は、イタリアモデナマラネッロに本社を置く高級スポーツカーメーカー


注釈

  1. ^ ただし各輸入代理店や正規ディーラーによる広告は許可されている。
  2. ^ "BB"はベルリネッタ・ボクサーの略であり、フェラーリは180度V12エンジンをボクサーエンジンと呼称した。
  3. ^ ランチア・テーマ8・32の「32」は3.2Lではなく、32バルブの意である
  4. ^ これは結局2019年に撤回された。
  5. ^ 2004年にデビューしたF430のエンジンは、同じグループにあったアルファロメオとは共有したことがなかった。しかし2007年アルファロメオ・8Cコンペティツィオーネの市販決定により、ついに母(アルファ)と息子(エンツォ)のコラボレーションが成立したことになる。
  6. ^ 両市が姉妹都市であることは、フェラーリの日本人社員がWikipediaを見て偶然発見した。

出典

  1. ^ Best ever results: FY 2015
  2. ^ prospectus ferrari
  3. ^ a b GQ UK 「The life of Enzo Ferrari」
  4. ^ a b フェラーリ、FCAからの分離・独立が完了 carview
  5. ^ a b 「ラ・ミア・マッキナ」内田盾男著 二玄社 P.157
  6. ^ "The Scuderia Ferrari". Museo Casa Enzo Ferrari. 2013年2月13日閲覧。
  7. ^ 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P225
  8. ^ a b c 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P201
  9. ^ ホロコースト・ミュージアム 第二次世界大戦時系列
  10. ^ 「Rettificatrice Ferrari」
  11. ^ WW2talk
  12. ^ 「ラ・ミア・マッキナ」内田盾男著 二玄社 P.158
  13. ^ a b 「カーセンサーエッジ」2016年1月号付録『アモーレフェラーリ』P.17
  14. ^ 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P227
  15. ^ 「Octane」P.24 2019年冬号 世界文化社
  16. ^ 『ワールド・カー・ガイド DX08 フェラーリ』 ネコ・パブリッシング、2006年、p.59。
  17. ^ a b c Ultimatecarpage
  18. ^ 「Autosport」2002年2月12日号P.14
  19. ^ New York Times 1994年8月20日
  20. ^ 「ああ、人生グランドツーリング」徳大寺有恒著 二玄社刊 P.146
  21. ^ a b c d e f g h 『クルマの女王・フェラーリが見たニッポン』清水草一著、講談社刊 2006年
  22. ^ 『幻のスーパーカー』福野礼一郎著、双葉社、1998年、P20
  23. ^ 『こだわりのネーミングこそ名車の条件』Goo-net
  24. ^ 「Octane」P.55 2019年冬号 世界文化社
  25. ^ 「カーセンサーエッジ」2016年1月号付録『アモーレフェラーリ』P.21
  26. ^ BIOGRAPHIES, HERBERT VON KARAYAN, MUSICIANS”. SUPERCAR NOSTALGIA. 2020年8月14日閲覧。
  27. ^ 美しくとも危険な芳香漂う---男の生き様は名車と共に!切っても切れない車と男の関係性”. MEN'S Precious. 小学館 (2019年10月31日). 2020年7月29日閲覧。
  28. ^ a b 「80 years of design」Pininfarina
  29. ^ a b c d 「Scuderia」2017 Winter P.50
  30. ^ a b 「カーセンサーエッジ」2016年1月号付録『アモーレフェラーリ』P.15
  31. ^ Maranello Classic Parts
  32. ^ a b 『SCUDERIA』 Vol.112 ネコパブリッシング 2016年 2月号 P.41
  33. ^ 「High Life」タキ・テオドラコプロス著 P.214
  34. ^ 「カーセンサーエッジ」2016年1月号付録『アモーレフェラーリ』P.12
  35. ^ 「フェラーリ赤い帝国」ジョー-ホンダ KKベストセラーズ P148
  36. ^ 「カーグラフィック」2019年9月号 P.215
  37. ^ a b 「日本では滅多に見られない希少なフェラリーナ ’66 ASA 1000 GT」カーセンサー 2015年1月13日
  38. ^ 「【F1の帝王・フェラーリ(2)】人生を賭けた車造りで、経済危機やテロにうち沈むイタリア国民を元気づけた」『週刊現代』2015年7月11日号 福田和也
  39. ^ 「カーグラフィック」2019年9月号 P.138
  40. ^ a b 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P232
  41. ^ 「フェラーリ赤い帝国」ジョー-ホンダ KKベストセラーズ P210
  42. ^ 「カーグラフィック」2019年9月号 P.139
  43. ^ a b 「ハイ・ライフ」タキ・テオドラコプロス著、井上一馬訳 P.135
  44. ^ 「フェラーリ赤い帝国」ジョー-ホンダ KKベストセラーズ P213
  45. ^ a b Automotive News「STORY REVEALS WHY ENZO FERRARI SAID NO TO FORD」August 31, 1998
  46. ^ 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P210
  47. ^ a b ドキュメンタリー番組>「24時間の戦争」におけるピエロ・フェラーリの証言
  48. ^ 「ラ・ミア・マッキナ」内田盾男著 二玄社 P.115
  49. ^ a b c d 「関東地方の倉庫で「希少なル・マン参戦カー」が発見される フォードGT40 Mk.IIBの帰郷」Octane 2019年4月2日
  50. ^ a b 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」、ドキュメンタリー番組「24時間の戦争」におけるエドセル・フォード2世の証言
  51. ^ a b Classic Driver
  52. ^ 「24時間の戦争」における本人の証言
  53. ^ 「フェラーリ赤い帝国」ジョー-ホンダ KKベストセラーズ P338
  54. ^ ドキュメンタリー番組「24時間の戦争」
  55. ^ 「The Official Ferrari Magazine」2017年1月13日
  56. ^ 「アイアコッカ―わが闘魂の経営」リー・アイアコッカ著、徳岡孝夫訳 P.251
  57. ^ 「徳大寺有恒からの伝言」徳大寺有恒著 二玄社刊 P.65
  58. ^ Wikipediaイタリア語版「Le Mans 66」
  59. ^ 「フェラーリ赤い帝国」ジョー-ホンダ KKベストセラーズ P238
  60. ^ GQ UK「The life of Enzo Ferrari」
  61. ^ a b 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.88
  62. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.87
  63. ^ 「ランチア・ストラトス (NEKO MOOK―ROSSOスーパーカーアーカイブス)」ネコパブリッシング
  64. ^ 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P.32
  65. ^ a b 「The Rake」2016年5月 P.59 美松堂
  66. ^ 「徳大寺有恒からの伝言」徳大寺有恒二玄社刊 P.65
  67. ^ a b c d e f ESPN F1
  68. ^ Maranello.it
  69. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.13」二玄社刊 P.88
  70. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.13」二玄社刊 P.80
  71. ^ a b 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.89
  72. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.78
  73. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.97
  74. ^ 「Autosport」1982年1月15日号P.24
  75. ^ a b 「Scuderia」2017 Winter P.55
  76. ^ 奥山清行プロフィール
  77. ^ a b 「Profile」Forbes
  78. ^ 「ラ・ミア・マッキナ」内田盾男著 二玄社 P.164
  79. ^ 「Racing On」 2007年1月号 ニューズ出版 p.55
  80. ^ 「オートスポーツ」1991年12月15日号P.58
  81. ^ Car-me
  82. ^ Ferrari Challenge
  83. ^ ESPN F1「ミハエル・シューマッハ」
  84. ^ 「自動車アーカイヴ Vol.8」二玄社刊 P.86
  85. ^ a b フェラーリ、日本法人を設立…コーンズは正規代理店に - レスポンス(2008年2月22日)
  86. ^ 『フェラーリ北米販売、過去最高…2010年実績』レスポンス 2011年1月17日
  87. ^ F1 Clienti
  88. ^ a b XX Programmes
  89. ^ Openers 2010年3月5日
  90. ^ 『フェラーリ カリフォルニア、アイドルストップ採用』2010年10月1日 Response
  91. ^ 「Ferrari FF」日本語版カタログ
  92. ^ 「Ferrari F12 Berlinetta」カタログ
  93. ^ 2012年「Ferrari」ディーラー向け全モデルカタログ(日本語版)
  94. ^ Autoblog 2014年12月
  95. ^ 「SCUDERIA」 Vol.109 2015年5月号 P.22
  96. ^ 「SCUDERIA」Vol.109 2014年11月号 P.9
  97. ^ 「THE RAKE」2016年5月 美松堂 P.63
  98. ^ 「SCUDERIA」 Vol.109 2014年11月号 P.9
  99. ^ 「SCUDERIA」Vol.109 2014年11月号 P.7
  100. ^ フェラーリがNY上場 証券コードは「RACE」”. 朝日新聞 (2015年10月22日). 2015年10月23日閲覧。
  101. ^ Ferrari 70th Anniversary
  102. ^ 「Scuderia」2017 Winter P.22
  103. ^ 「Autosport」2018年9月28日号
  104. ^ 新しい顧客とのタッチポイントの創出が鍵となる フェラーリ・ジャパンが答える、最新モデル「ローマ」の販売戦略 Forbes
  105. ^ フェラーリ・アトリエ
  106. ^ 「フェラーリ・テーラーメイド」
  107. ^ a b c d 「カーセンサーエッジ」2016年1月号付録『アモーレフェラーリした優良顧客』P.19
  108. ^ a b c d 大王製紙の御曹司、刑務所でフェラーリを「10億円分」通信販売で買い漁っていた…井川意高の「熔ける 再び」(3)【話題沸騰】(井川 意高) @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2022年6月28日閲覧。
  109. ^ Autobild Espana
  110. ^ 「Jay Kay views LaFerrari」Ferrari.com
  111. ^ 「375 MM Scaglietti Coupé wins Pebble Beach concours d’elegance」Ferrari.com
  112. ^ Autoblog 2016年2月5日
  113. ^ Ferrari.com 「フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパン」
  114. ^ オートガレリア・ルーチェ
  115. ^ Responce【フェラーリ SP1】50年ぶりの引渡し式
  116. ^ a b AUTOCAR JAPAN 2014年9月14日
  117. ^ Styling 1983 Ferrari Meera S (Michelotti)
  118. ^ Autoblog Ferrari 456 Venice Station Wagon
  119. ^ 「408 4RM」Ferrari.com
  120. ^ Supercarc.net
  121. ^ Response フェラーリ初のハイブリッド、燃費は30%向上か
  122. ^ フェラーリ・アプルーブド
  123. ^ カーセンサーNET
  124. ^ フェラーリ・クラシケ
  125. ^ http://intensive911.com/?p=53153
  126. ^ 「New Book Announced on Ferrari Importer Charles Pozzi」2016年11月6日 CAVALLINO
  127. ^ Ferrari.com 512BB LM
  128. ^ a b Corse Clienti
  129. ^ a b 「Ferrari may stop selling retired Formula One cars to customers」 Digital Triends 2016年11月29日
  130. ^ スーパー耐久
  131. ^ Ultimatecarpage
  132. ^ a b 「Driving Courses」Ferrari.com
  133. ^ a b International Cavalcade
  134. ^ ロッソスクーデリア
  135. ^ Ital Auto
  136. ^ 「SCUDERIA」Vol.106 2014年 Summer P.41/43
  137. ^ a b c Ferrari Concierge
  138. ^ Ferrari Genuine
  139. ^ コーンズ・モーター
  140. ^ フェラーリ・ファイナンシャル・サービス
  141. ^ フェラーリ・レーシング・デイズ鈴鹿2013
  142. ^ Finali Mondiali 2017
  143. ^ 「2016 Ferrari Cavalcade」TOFM
  144. ^ 「Paying tribute」TOFM
  145. ^ Ferrari World Abu Dhabi
  146. ^ Ferrari Magazine TOFM
  147. ^ フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン
  148. ^ フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパン
  149. ^ フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン
  150. ^ 「オクタン日本版」2017年 Summer P.70
  151. ^ Scuderia Ferrari Formula 1
  152. ^ 「Ferrari Challenge Sporting and Technical Regulations 2017」Corse Clienti, Ferrari SpA.
  153. ^ 「オクタン日本版」2017年 Summer P.71
  154. ^ 『スクーデリア・フェラーリ 1947-1997 50年全記録』 ソニー・マガジンズ、1997年、pp.63-64。
  155. ^ "フェラーリの歴史". Ferrari.com. 2013年2月7日閲覧。
  156. ^ ブロック・イエイツ著、桜井淑敏訳 『エンツォ・フェラーリ F1の帝王と呼ばれた男。-跳ね馬の肖像』 集英社、1991年、ISBN 9784087731385
  157. ^ 『スクーデリア・フェラーリ 1947-1997 50年全記録』 ソニー・マガジンズ、1997年、p.8
  158. ^ トヨタ博物館
  159. ^ Ferrari.com コンフィギュレーター
  160. ^ "フェラーリ、世界でもっともパワーのあるブランドに選出される". Ferrari.com(日本語).(2013年2月18日)2013年2月18日閲覧。
  161. ^ "「フェラーリはSUVを作らない」…フィアットCEO発言". レスポンス.(2011年10月27日)2013年5月31日閲覧。
  162. ^ "「フェラーリはEVを作らない」…会長明言". レスポンス.(2011年8月23日)2013年5月31日閲覧。
  163. ^ "フェラーリ、2012年は史上最高の業績を記録". オートスポーツweb.(2013年2月21日)2013年5月31日閲覧。
  164. ^ "フェラーリ、生産台数抑制へ。希少性高めブランド価値維持". Topnews.(2013年5月10日)2013年5月31日閲覧。
  165. ^ a b Ferrari Store
  166. ^ a b フェラーリが中国サイトでアパレルショップ開設 高級ブランド市場狙う” (日本語). www.afpbb.com. 2022年10月28日閲覧。
  167. ^ 『フェラーリのテーマパーク、アブダビに10月オープン』AFPBB 2010年7月23日
  168. ^ The Sun 2017年4月6日
  169. ^ フェラーリ・ジャパン フェイスブック公式ファンページ
  170. ^ 「ああ人生グランドツーリング」P.70 徳大寺有恒著 二玄社刊
  171. ^ 「フェラーリの70年」CCCカーライフラボ P.273
  172. ^ フェラーリ、六本木 ロッソ・スクーデリアを世界一のディーラーに選出 Responce 2018年1月23日
  173. ^ 「ああ人生グランドツーリング」P.70/73 徳大寺有恒著 二玄社刊
  174. ^ 小林彰太郎の世界+徳大寺有恒との対談」 小林彰太郎著 二玄社刊 P.131
  175. ^ 「ああ人生グランドツーリング」P.72 徳大寺有恒著 二玄社刊
  176. ^ 「フェラーリ、東京でチャリティーオークションを開催」 F1-Gate 2011年7月6日
  177. ^ a b フェラーリ2016年は日本での50周年 Ferrari.com
  178. ^ http://geinoujin-car-list.elephantech.net/pages/286
  179. ^ 『フェラーリ、業績ハイライトを発表』カービュー 2008年10月14日
  180. ^ フェラーリ事業の新体制について - コーンズニュース(2008年2月22日)
  181. ^ フェラーリ・ジャパン、輸入業務を開始 - レスポンス(2008年7月1日)
  182. ^ 「AUTOCAR JAPAN」2015年10月26日
  183. ^ “F1チーム&F1ドライバー、マシンやヘルメットに日本へのメッセージ”. F1-Gate.com. (2011年3月26日). http://f1-gate.com/driver/f1_11176.html 2011年3月26日閲覧。 
  184. ^ a b フェラーリ認定中古車
  185. ^ ヨーロピアン・バージョン
  186. ^ イデアル
  187. ^ Hiconsumption
  188. ^ Ferreti Group
  189. ^ ダイナースクラブ イベントレポート
  190. ^ 「SCUDERIA」Vol.106 2014年 Summer P.74
  191. ^ Autocar日本版
  192. ^ サロンレトロモービル2015ダイジェスト
  193. ^ GQ Japan
  194. ^ “約54億円で落札 伝説の希少車「フェラーリ 250 GTO」オークション史上最高額を更新(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000050-it_nlab-bus_all 2018年8月27日閲覧。 



フェラーリ(2010年 - 2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 14:07 UTC 版)

パット・フライ」の記事における「フェラーリ(2010年 - 2014年)」の解説

2010年7月よりフェラーリへ移籍しテクニカルディレクターアルド・コスタ元でアシスタント・テクニカルディレクターとして働く。ライバルチーム間で上級エンジニア移籍する場合最新情報流出を防ぐために「ガーデニング休暇」と呼ばれる休職期間置くことが多くフライ速やかな移籍珍しケースだった。 2011年1月より、クリス・ダイアーに替わりレースエンジニアリングディレクターを兼務した。 2011年5月コスタテクニカルディレクター辞職しフライ開発責任者地位を継ぐことになった技術部再編により、フライシャーシ部門ディレクター (Director for the Chassis) と呼ばれる2014年12月、フェラーリチームを離脱

※この「フェラーリ(2010年 - 2014年)」の解説は、「パット・フライ」の解説の一部です。
「フェラーリ(2010年 - 2014年)」を含む「パット・フライ」の記事については、「パット・フライ」の概要を参照ください。


フェラーリ(自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 21:36 UTC 版)

フェラーリ (曖昧さ回避)」の記事における「フェラーリ(自動車)」の解説

フェラーリ - イタリア自動車会社、及び同社製造販売するスポーツカー一般的呼称スクーデリア・フェラーリ - イタリアF1コンストラクターフェラーリ・ワールド - アブダビにあるテーマパーク。 これに関連する人物エンツォ・フェラーリ - イタリアレーシングドライバースクーデリア・フェラーリ及びフェラーリの創始者アルフレード・フェラーリ - エンツォ息子。車のブランド名となったディーノという愛称で有名。 ピエロ・ラルディ・フェラーリ - エンツォ息子庶子)。フェラーリ副社長ピアジオ・エアロ・インダストリーズ社長

※この「フェラーリ(自動車)」の解説は、「フェラーリ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「フェラーリ(自動車)」を含む「フェラーリ (曖昧さ回避)」の記事については、「フェラーリ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェラーリ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フェラーリ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェラーリ」の関連用語

フェラーリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェラーリのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェラーリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパット・フライ (改訂履歴)、フェラーリ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS