レーシングドライバーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 職業図鑑 > レーシングドライバーの意味・解説 

レーシングドライバー

読み方:レーシングドライバー

概要解説 レースにはF1、F3000(F・ニッポン)、耐久レースなどがあります。これらレースで勝つためには、適性体力努力人脈、運、相当な資金が必要となりますスポンサーや、いかにいいマシン出会えるか、レベルの高いスタッフチーム組めるかなどが重要なポイントなります精神的に強くなければなりません。 必要な能力資格など 関連する職業

自動車競技

(レーシングドライバー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/24 03:22 UTC 版)

自動車競技(じどうしゃきょうぎ)は、モータースポーツにおいて自動車を用いて行われる競技。ほとんどが競走競技で、それらを「自動車レース」や「カーレース」(: auto racingやcar racingなど)とも呼ぶ。


注釈

  1. ^ 応募車両の動力には「圧縮空気」「重力」「家畜動力併用」など、本気で出場する気があったのか疑わしい内容も多数存在したという。現実のレースに出場したのは蒸気自動車とガソリン自動車・オートバイだけであった。

出典

  1. ^ “モータースポーツ”. スポーツ辞典 S-word. (2009年11月5日). http://e-words.jp/s/w/E383A2E383BCE382BFE383BCE382B9E3839DE383BCE38384.html 2010年9月24日閲覧。 
  2. ^ 折口 1970, p. 20.
  3. ^ a b c 折口 1970, p. 22.
  4. ^ アメデー・ボレーと息子のアメデー2世およびレオンは、1873年以来長らく蒸気自動車を開発し続けていた。このレースでラ・ヌーヴェルは鈍足ながら十分な信頼性を示し、途中リタイアしたドライバーたちを拾ってルーアンまで完走している。
  5. ^ 宇宙物理学者のジョルジュ・ルメートルではない。
  6. ^ “I Paris-Rouen Trial”. Racing-Database.com. http://www.racing-database.com/Race.asp?GP=I%20Paris-Rouen%20Trial 2010年9月24日閲覧。 
  7. ^ 折口 1970, p. 23.
  8. ^ “Biographie d'Emile Levassor”. Les Doyennes de Panhard et Levassor. http://doyennes.pl.free.fr/historique_levassor.html 2010年9月24日閲覧。 
  9. ^ a b . History.com. http://www.history.com/this-day-in-history/frank-duryea-wins-first-us-horseless-carriage-race+2011年10月22日閲覧。 
  10. ^ “The Gordon Bennett Races”. TEAM DAN Website. http://www.teamdan.com/archive/gen/gordon.html 2010年9月24日閲覧。 
  11. ^ “北京-パリとは”. Beijing-Paris Silkroad International Cross Country Tour 2007. (2007年). http://www.team-acp.sakura.ne.jp/btop2007/about/index.html 2012年11月13日閲覧。 
  12. ^ “自動車黎明期の日本の道路事情(1)「日本を縦断した冒険野郎 東海道~北陸道」(上)”. トヨタ博物館. (2002年6月). http://www.toyota.co.jp/Museum/kandayori/backnumber/magazine52/magazine52_11.pdf 2012年11月13日閲覧。 
  13. ^ “The Greatest Race – 1908 New York to Paris (Page #3)”. sportscardigest.com. (2011年9月28日). http://www.sportscardigest.com/the-greatest-race-1908-new-york-to-paris/3/ 2012年11月13日閲覧。 
  14. ^ 折口 1970, p. 49.
  15. ^ “Renault De Louis Renault a la estatización”. Test del ayer. http://www.testdelayer.com.ar/Historia%20Renault%20Comienzos.htm 2010年9月24日閲覧。 
  16. ^ “Marcel Renault”. Find a Grave. http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=18272 2010年9月24日閲覧。 
  17. ^ たとえば電気回路の「回路」もサーキットであるが、電気の場合、電源から出て電源に戻るように接続されたものが「回路」である。
  18. ^ “PROVIDENCE HORSELESS CARRIAGE RACE”. Machine-History.Com. http://www.machine-history.com/PROVIDENCE%20HORSELESS%20CARRIAGE%20RACE 2013年3月2日閲覧。 
  19. ^ “History”. Milwaukee Mile Official Site. http://www.milwaukeemile.com/History-2010.asp 2010年9月24日閲覧。 
  20. ^ “Motoring History 1907-1914”. Brooklands Museum. http://www.brooklandsmuseum.com/index.php?/history/motoring-history-1907-1914/ 2010年9月24日閲覧。 
  21. ^ “History”. Banking on Brooklands. http://www.bankingonbrooklands.org.uk/history.html 2010年9月24日閲覧。 
  22. ^ “F1のスタート方式”. F1-DATA.NET. http://www.f1-data.net/rookie/rookie_20.html 2010年10月12日閲覧。 
  23. ^ “バイクイベントガイド - 全日本ロードレースって?”. HONDA. http://www.honda.co.jp/hmj-event/circuit/movie/ 2010年10月12日閲覧。 
  24. ^ “2009“ミニMOTO-GP”鈴鹿ツイン ミニバイク耐久レース .pdf拡張子ファイル(※:第16条 決勝レーススタート方式、第17条 レーススタートにおける注意点、第18条 決勝スタート)”. miniMotoGP. (2009年2月6日). http://www.mini-motogp.jp/pdf/2009minimotogp-regulation-20090206.pdf 2010年10月12日閲覧。 
  25. ^ “WRCとは?”. WRC 日本語公式サイト. http://www.wrc-japan.jp/whatswrc.html 2010年10月12日閲覧。 
  26. ^ “パリダカに出るには? (バイク)”. 堀田修 公式ホームページ. (2005年). http://www.hotta.jp/rally/dakar2005/dakar/howto_join_dakar.htm 2010年10月12日閲覧。 
  27. ^ 追突防止用の赤色リアランプ(リアフォグランプ、バックフォグランプ)は装備しており、ウェットレースでは点灯が義務付けられる。
  28. ^ “グループN車両製作日記”. K・I・T Service. (2005年8月31日). http://www.kit-service.com/gropenmake.htm 2010年10月12日閲覧。 
  29. ^ “SplitterWing”. DeepBlueRoom. (2004年). http://subarist.squares.net/impreza/SplitterWing.html 2010年10月12日閲覧。 
  30. ^ “鈴鹿ワールドラリーフェスタ”. Offline Meeting EVENT. (2004年10月31日). http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/3219/event/041031rallyfesta/rallyfesta.html 2010年10月12日閲覧。 
  31. ^ HINO RANGER:パリダカマシンのすべて - TEAM SUGAWARA
  32. ^ “ドリフトチューン”. 走り屋への道. (2009年). http://bunkichi-3rd.sakura.ne.jp/dori3.html 2011年10月25日閲覧。 
  33. ^ “セッティング”. 走り屋への道. (2009年). http://bunkichi-3rd.sakura.ne.jp/dori15.html 2011年10月25日閲覧。 
  34. ^ “ジムカーナとは”. ジムカーナ百科事典. (2004年12月3日). http://www25.tok2.com/home2/tomotama/gym/dic/w_gym.htm 2011年12月17日閲覧。 
  35. ^ “ジムカーナのススメ”. 日部利晃 (ツインリンクもてぎ). http://www.twinring.jp/tdm_m/about/qanda.html 2011年12月28日閲覧。 
  36. ^ “立教大学体育会自動車部 - モータースポーツの世界にようこそ!”. 立教大学自動車部 (asahi.com). (2004年12月3日). http://www.asahi.com/ad/clients/rikkyo/student02.html 2011年12月17日閲覧。 
  37. ^ “競技の紹介 - ダートトライアル”. 東洋大学自動車部. http://toyoac.zouri.jp/sports.html 2011年12月28日閲覧。 
  38. ^ 1990年代ル・マン24時間レースのオープントップや、ダカール・ラリー2WD規定など。近年はグループGT3もこれに近い
  39. ^ 「ジェントルマンドライバー=道楽」ではない。CARGUY木村武史が“楽しくない”レースに全力注ぐ理由 - motorsport.com 2021年10月27日
  40. ^ The gentleman drivers of sportscar racing, and why gradings matter - AUTOSPORT(UK)・2021年8月21日
  41. ^ 条文の中でワークスとプライベーターを明確に定義し、排除するのが困難なためである
  42. ^ それ以前は、マシンの横側に車番が書かれているだけのシンプルなものであった。
  43. ^ 中にはテストドライバーとしてチームに籍を置くだけなのにスポンサー資金を要求する場合もある。
  44. ^ a b “特集:ペイドライバーの復活”. ESPN F1. (2011年1月28日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/39109.html 2011年12月28日閲覧。 
  45. ^ a b “ヤルノ・トゥルーリ、ペイドライバーを非難”. ESPN F1. (2011年12月28日). http://f1-gate.com/trulli/f1_13933.html 2011年12月28日閲覧。 
  46. ^ “ルーベンス・バリチェロ 「金がすべてを支配している」”. F1 Gate.com. (2012年2月18日). http://f1-gate.com/barrichello/f1_14355.html 2012年2月18日閲覧。 
  47. ^ 当時はスポンサーを行う事は合法であり、車体のロゴ、ヘルメット、レーシングスーツ、サーキット看板でロゴや銘柄を連想させるような図柄は随所に存在した。
  48. ^ “フェラーリ、バーコードにサブリミナル広告の疑い”. F1 Gate.com. (2010年4月29日). http://f1-gate.com/ferrari/f1_7300.html 2010年9月25日閲覧。 
  49. ^ “安売り・飲み放題など、アルコール規制指針を採択 WHO”. AFP. (2010年5月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/2728440?pid=5784223 2010年9月25日閲覧。 
  50. ^ ここでは「切り札」の意味
  51. ^ ただし現代ではデータロガーの精度・情報量やデータ解析の技術が格段に向上しているため、簡単にはごまかせない
  52. ^ a b 国や地域による
  53. ^ 2009年を除く。また2020・2021年はカレンダー入りしているが、2020年9月時点で未開催
  54. ^ 現在はパリを使用しないルートであるが現在でも「パリダカ」と呼ばれることがある。
  55. ^ 自動車競技の楽しみ. 論創社. (2002-2). ISBN 978-4846002213 
  56. ^ “Chamiers Histoire et histoires”. Mairie de Coulounieix-Chamiers. (1988年). http://www.coulounieix-chamiers.fr/1-33585-Au-Sault-du-Chevalier...-en-1898.php 2011年2月7日閲覧。 



レーシングドライバー(1970年代 - 1985年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 18:34 UTC 版)

マックス・ウェルティ」の記事における「レーシングドライバー(1970年代 - 1985年)」の解説

1970年代後半にスイススポーツプロトタイプ選手権3年参戦し1980年マーチBMW選手権勝ち取ったその後1985年まではドライバーとしてザウバー走った

※この「レーシングドライバー(1970年代 - 1985年)」の解説は、「マックス・ウェルティ」の解説の一部です。
「レーシングドライバー(1970年代 - 1985年)」を含む「マックス・ウェルティ」の記事については、「マックス・ウェルティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レーシングドライバー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「レーシングドライバー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レーシングドライバー」の関連用語

レーシングドライバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レーシングドライバーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2024 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車競技 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマックス・ウェルティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS