ルマンとは?

ルマン

名前 LemanRoumain

ルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/28 12:53 UTC 版)

ルマン (Le Mans)


ル・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/03 18:27 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
Le Mans

 
行政
フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏
(département) サルト県(県庁所在地)
(arrondissement) ル・マン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 72181
郵便番号 72000,72100,72085
市長任期 ジャン=クロード・ブラール
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Le Mans Métropole
fr:Pays du Mans  
人口動態
人口 143 599人
2012年
人口密度 2,719人/km2
住民の呼称 Manceau
地理
座標 北緯48度01分12秒 東経0度11分56秒 / 北緯48.020013度 東経0.198784度 / 48.020013; 0.198784座標: 北緯48度01分12秒 東経0度11分56秒 / 北緯48.020013度 東経0.198784度 / 48.020013; 0.198784
標高 平均:51 m
最低:38 m
最高:134 m
面積 52.81km2 (5 281ha)
Le Mans
公式サイト www.lemans.fr
テンプレートを表示

ル・マンLe Mans)は、フランスの西部に位置する都市で、サルト県県庁所在地である。伝統的に、メーヌ地方の首都とされてきた。現在、カトリック教会のル・マン司教座が置かれている。

地理

地球陸半球水半球に分割した際、陸半球のはル・マン市に存在する。

歴史

ル・マンはプトレマイオスによって初めて記述された(Geography 2.8.8)。ローマ帝国の都市ヴィンディニウム(Vindinium)は、ガリア人の一部族Aeduiの従属部族アウレルチ(Aulerci)の首都であった。ル・マンは、チヴィタス・セノマノルム(Civitas Cenomanorum、セノマニ族の都市の意味)として知られていた。これらの都市は、古代ローマ属州ガリア・ルグドゥネンシスにあった。3世紀に建てられたアンフィテアトルムが現在も見られる。

トゥールのグレゴリウスは、フランク族の副王リゴメルが、フランク族領の統合のため遠征したクロヴィス1世によって殺害されたと記載を残している。キリスト教化はフランク王国の時代に行われた。865年、町はヴァイキングの襲撃を受けた。

16世紀のル・マン

メーヌ第一の都市として、ル・マンは11世紀にはアンジュー伯ノルマンディー公の抗争の舞台となった。ノルマンディー公がメーヌを手中に収めると、ギヨーム公(のちのイングランドウィリアム1世)は、イングランドへ侵攻し成功した。しかし、1069年に市民の反乱が起こりノルマン人が追放され、エステ辺境伯アルベルト・アッツォ2世・デステの子ユーグが、メーヌ伯ユーグ5世を自称した。事実上のメーヌ伯位を持つのはイングランド王であったが、長年敵対してきたアンジュー伯家がイングランド王家と縁戚関係を結んだことで、フールク・ダンジューがメーヌ伯となった。ヘンリー2世とその王子たちとの内戦時代に、ル・マンは攻撃され火を放たれた。

ルネサンス時代のル・マンには、ジャック・ペルティエら、プレイヤード派と呼ばれる詩人・文筆家が集った。フランソワ・ラブレーピエール・ド・ロンサールは、ル・マンで互いに知り合った。

17世紀から18世紀には、ル・マンは織物業の町として繁栄した。

第二次世界大戦中、ル・マンはナチス・ドイツに占領されていた。ノルマンディー上陸作戦の勝利後、1944年8月8日、アメリカ軍(en)がル・マンを解放した。

人口統計

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
132 181 143 246 152 285 147 697 145 502 146 105 144 016 143 599

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[1]、2004年以降INSEE[2][3]

交通

見どころ

ル・マンには保存状態の良い旧市街(Cité PlantagenêtVieux Mansとも呼ばれる)と、大聖堂がある。サン=ジュリアン・デュ・マン大聖堂は、市の初代司教であるル・マンの聖ユリアヌスへ捧げられた。その他、旧市街の古代ローマの残余、河岸のローマ浴場がある。

旧市街、シテ・プランタジュネ。後方にはガロ=ロマン時代に築かれた城壁が見える
サン=ジュリアン・デュ・マン大聖堂
リセー・ベルヴュ(旧サン=ヴァンサン修道院)

産業

スポーツ

ブガッティ・サーキット

ブガッティ・サーキットと、ブガッティ・サーキットの一部および公道で構成されるサルト・サーキットがあり、1923年以降行われているル・マン24時間レースなどモータースポーツの開催地として知られている。同レースの主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)の本部も置かれている。

松井大輔が所属していたプロサッカークラブのル・マンUCの本拠地でもある。

著名な出身者

姉妹都市

脚注

外部リンク




ルマンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルマン」の関連用語

ルマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルマン (改訂履歴)、ル・マン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS