ギリシャとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ギリシャの意味・解説 

ギリシャ【(ポルトガル)Grécia】


ギリシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 03:16 UTC 版)

ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシア語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する共和制国家2011年国勢調査[3]によると、ギリシャの人口は約1,081万人、面積は日本の約3分の1である。アテネは首都および最大都市であり、テッサロニキは第2の都市および中央マケドニアの州都である。


注釈

  1. ^ 西洋古典学でia を「イア」と書くという習慣からとされているが、英語ではGreece、ギリシア語ではHellas/Elladaでありiaは出てこない。後述の通りギリシャ/ギリシア表記はポルトガル語Gréciaに由来するが、これもギリシアと発音するわけではないため、いずれにしろギリシャ表記もギリシア表記も共に本来の発音とはかけ離れた慣用表記のひとつに過ぎない。Wikipedia:記事名の付け方/ギリシャとギリシアも参照。
  2. ^ 繁体字: 希臘簡体字: 希腊Xīlà

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2021”. IMF (2021年10月). 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ Απογραφή Πληθυσμού-Kατοικιών 2011” (ギリシア語). 2018年6月19日閲覧。
  4. ^ Carol Strickland (2007). The Illustrated Timeline of Western Literature: A Crash Course in Words & Pictures. Sterling Publishing Company, Inc.. p. 2. ISBN 978-1-4027-4860-8. https://books.google.co.jp/books?id=Qw_7eINO_NcC&pg=PA2&redir_esc=y&hl=ja. "Although the first writing originates in the cradle of civilization along Middle Eastern rivers — the Tigris, Euphrates, and Nile — the true cradle of Western literature is Athens. As the poet Percy Bysshe Shelley says, "We are all Greeks."" 
  5. ^ "Greece during the Byzantine period (c. AD 300–c. 1453), Population and languages, Emerging Greek identity". Encyclopædia Britannica. United States: Encyclopædia Britannica Inc. 2008. Online Edition。
  6. ^ Greece Properties inscribed on the World Heritage List (17)”. Unesco. Unesco. 2015年10月3日閲覧。
  7. ^ http://www.j-cast.com/bookwatch/2014/10/15218407.html
  8. ^ On 14 August 1974 Greek forces withdrew from the integrated military structure of NATO in protest at the Turkish occupation of northern Cyprus; Greece rejoined NATO in 1980.
  9. ^ Henry George Liddel and George Scott. An Intermediate Greek-English Lexicon. http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0058%3Aentry%3D*(ella%2Fs 
  10. ^ 風間喜代三 『ラテン語とギリシア語』三省堂、1998年、37-40頁。ISBN 4385358338 
  11. ^ 日本国語大辞典第2版
  12. ^ 『ギリシア史』第4章 ビザンツ時代(桜井万里子編 山川出版社 2005年 P164-168 同部分は井上浩一執筆)
  13. ^ 『ギリシア史』第4章 ビザンツ時代(桜井万里子編 山川出版社 2005年 P196 同部分は井上浩一執筆)
  14. ^ ギリシャ、ロックダウンの延長決定、小売業は予約販売制を導入”. JETRO (2020年12月18日). 2020年12月30日閲覧。>
  15. ^ “ギリシャ、対トルコ国境に壁建設 アフガン情勢も念頭に”. CNN. (2021年8月28日). https://www.cnn.co.jp/world/35175873.html 2021年8月28日閲覧。 
  16. ^ a b World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年10月18日閲覧。
  17. ^ 平成 22 年度県民経済計算について内閣府。2013年12月7日閲覧。
  18. ^ 以下、統計資料はFAO Production Yearbook 2002、United Nations International Trade Statictics Yearbook 2002、United Nations Mineral Yearbook 2002。統計データはいずれも2002年時点の数値である
  19. ^ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-07-03/2015070308_01_1.html
  20. ^ Αναστέλλονται όλα τα διεθνή δρομολόγια του ΟΣΕ[All international routes of OSE have been suspended]. Ta Nea (2011年2月13日).(ギリシア語)[リンク切れ]
  21. ^ a b c d e f Greece in Numbers (PDF)”. National Statistical Service of Greece. www.statistis.gr (2006年). 2007年12月14日閲覧。
  22. ^ Demographic references - Fertility rates (Report). OECD. (2016). doi:10.1787/health-data-en. 
  23. ^ Athena 2001 Census”. National Statistical Service of Greece. www.statistics.gr. 2007年12月14日閲覧。
  24. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/gr.html
  25. ^ The newest polls show about 20% Greek citizens being irreligious which is much more than 1%. Ultimately, the statistics are disputed until the results of the new census.
  26. ^ a b Health at a Glance 2015, OECD, (2015-11), Chapt.7.1, doi:10.1787/19991312, ISBN 9789264247680 
  27. ^ “ギリシャから国民続々脱出で今や豪州に“第3の都市”が誕生”. ガジェット通信. http://getnews.jp/archives/269202 2012年10月30日閲覧。 
  28. ^ “アングル:緊縮策のギリシャで「移民危機」、社会不満のはけ口に”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE8B800420121209 2012年12月9日閲覧。 
  29. ^ “欧州への不法移民:海から押し寄せる大波”. 日本ビジネスプレス. (2014年8月21日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41532 2014年8月23日閲覧。 



(18) ギリシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 21:28 UTC 版)

ヘレフォード図」の記事における「(18) ギリシャ」の解説

オリンポス山アテネコリントス記述されている。

※この「(18) ギリシャ」の解説は、「ヘレフォード図」の解説の一部です。
「(18) ギリシャ」を含む「ヘレフォード図」の記事については、「ヘレフォード図」の概要を参照ください。


ギリシャ (シーズン4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 15:23 UTC 版)

ザ・ラストシップ」の記事における「ギリシャ (シーズン4)」の解説

ポール・アントニー・ヴェレク博士 演 - ピーター・ウェラー シーズン4登場する天才生物学者危険な研究によって起訴されアメリカからギリシャに逃亡していた。疫病耐性のある食用植物作り出し人間攻撃性除去して従順にする麻薬ノストスの成分仕込んで世界中に広め人類変貌させようとする。自身もノストス中毒であり、死んだ長男クリストスの幻を見ながら研究をしている。計画考えた理由溺愛していた息子暴漢殺され暴力憎んだめであるネイサン・ジェームズ上陸班によって食用植物焼却されラボ置かれたフリゲート艦トリトン制圧され後に海に身を投げ命を自ら断つ。 クリストス・ヴェレク 演 - ドリュー・ロイ シーズン4登場するヴェレク博士次男生物学者。父ヴェレク博士と共に植物の研究を行う。父からは絶大な信用得ており非常に親し親子仲を見せる。兄のジョルジオに対して見下すような態度幾度も取っている。実は疫病発生前に暴漢殺されており、作中登場しているのはヴェレク博士幻覚である。ジョルジオに対する態度が悪い理由博士ジョルジオに対する信用のなさが反映されている結果である。 ジョルジオ・ヴェレク 演 - ジャクソン・ラスボーン シーズン4登場するヴェレク博士長男でギリシャのギャング組織指導者地中海のギリシャ近海における漁業牛耳り、漁師たちから上前をはねる等横暴な行為を働く。粗暴且つ短絡的な性格で父ヴェレク博士からは徹底的に無能烙印押されており全く信用されておらずことあるごとに罵られながらも父に認めてほしい一心で計画協力する。ネイサン・ジャームズとの決戦では姉のルチアと共にフリゲート艦プロテウス」に搭乗していたがネイサン・ジェームズミサイル攻撃受けた際に破片を受け、死亡する。 ルチア・ヴェレク 演 - シビラ・ディーン シーズン4より登場するヴェレク博士長女ジョルジオの姉。ジョルジオと比べて理性的ギリシャ海軍テロリストらとの交渉受け持ちジョルジオ違いヴェレクからも信用置かれている。ジョルジオによって連れてこられたチャンドラー惹かれ一夜共にするチャンドラー正体明かして自分たちを裏切ったことから彼に復讐心燃やす。ネイサン・ジェームズとの決戦ではジョルジオと共にフリゲート艦プロテウス」に搭乗していたが敗北フリゲート艦トリトン」に移乗後に種子奪回のために乗り込んできたチャンドラー撃ち負傷させる直後にサーシャ射殺されるスタヴロス・ディオメデス シーズン4登場するギリシャ海軍中佐。ヴェレク家の協力者であり、イドラ級フリゲートプロテウス」の艦長。のちに提督となりネイサン・ジェームズに対して僚艦である「ネレウス」、「デメテルと共に戦闘挑む返り討ちにあい、自身も艦を失う。その後フリゲート艦トリトン」に移乗し戦闘指揮を行うが指揮中にネイサン・ジェームズ小火器での接近戦挑まれ自身機関砲応射するもカーラ操作する機関砲銃撃戦死するディミトリウス 演 - コスタス・マンディロア シーズン4登場するギリシャ海軍提督でヴェレク家の協力者。ヴェレク博士にノストスの実験台にされ、食事仕込まれたノストスにより従順にさせられてしまう。ヴェレクの真の目的知ったフレッチャー策略毒薬飲まされ殺害される

※この「ギリシャ (シーズン4)」の解説は、「ザ・ラストシップ」の解説の一部です。
「ギリシャ (シーズン4)」を含む「ザ・ラストシップ」の記事については、「ザ・ラストシップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ギリシャ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ギリシャ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:39 UTC 版)

固有名詞

ギリシャ

  1. (ヨーロッパ国名)ギリシア」に同じ。

「ギリシャ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ギリシャ」に関係したコラム

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

  • CFDの取引で配当金を受け取るには

    CFDの取引で配当金を受け取るには、株式取引で買い建てをした場合です。もちろん、保有銘柄が株主配当を行っている場合に限ります。配当金は、権利確定日の取引終了日に買い建玉を保有していることが条件になりま...

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

  • 海外のFX業者一覧

    海外のFX業者とは、日本に現地法人を設立していないFX業者のことです。海外のFX業者と日本国内のFX業者との大きな違いは、日本国内の法律が適用されるかどうかです。日本国内のFX業者の場合は「金融商品取...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギリシャ」の関連用語

ギリシャのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギリシャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギリシャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘレフォード図 (改訂履歴)、ザ・ラストシップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのギリシャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS