ギニアビサウとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ギニアビサウの意味・解説 

ギニアビサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 22:58 UTC 版)

ギニアビサウ共和国(ギニアビサウきょうわこく)、通称ギニアビサウは、西アフリカに位置する共和制国家。北にセネガルと、南と南東にギニアと国境を接し、西は大西洋に面する。首都ビサウである。




  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月18日閲覧([1]
  2. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000470107.pdf 「アフリカ各国トピックス・ギニアビサウ」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年4月21日閲覧
  3. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.109
  4. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.159、朝倉書店 ISBN 4254166621
  5. ^ アミルカル・カブラル/白石顕二、正木爽、岸和田仁訳「ギニア・ビサウの現実と闘争」『アフリカ革命と文化』亜紀書房、1980年10月。p.19
  6. ^ 小川了「アミルカル・カブラルの闘争」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第1刷、274頁。
  7. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、336ページ ISBN 4-7947-0523-9
  8. ^ 「世界現代史16 アフリカ現代史4」p252 中村弘光 山川出版社 昭和57年12月10日1版1刷発行
  9. ^ 小川了「アミルカル・カブラルの闘争」『セネガルとカーボベルデを知るための60章』小川了編著、明石書店〈エリア・スタディーズ78〉、東京、2010年3月31日、初版第1刷、276頁。
  10. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.159、朝倉書店 ISBN 4254166621
  11. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、338ページ ISBN 4-7947-0523-9
  12. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.159、朝倉書店 ISBN 4254166621
  13. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.160、朝倉書店 ISBN 4254166621
  14. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、509ページ ISBN 4-7947-0523-9
  15. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2577516?cx_part=search 「ギニアビサウ大統領、軍クーデターで暗殺か」AFPBB 2009年3月2日 2019年12月22日閲覧
  16. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/21/dga_0803.html 「ギニアビサウ共和国の大統領選挙について」日本国外務省 平成21年8月3日 2019年12月22日閲覧
  17. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2715364?cx_part=search 「ギニアビサウ、軍兵士が首相を一時拘束」AFPBB 2010年4月2日 2019年12月22日閲覧
  18. ^ https://jp.reuters.com/article/tk0783600-guinea-bissau-coup-idJPTYE83G00W20120417 「クーデターのギニアビサウで混乱拡大、ポルトガルは軍派遣」ロイター 2012年4月17日 2019年12月22日閲覧
  19. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page1_000057.html 「ギニアビサウ共和国での大統領選挙について(外務報道官談話)」日本国外務省 平成26年5月23日 2019年12月22日閲覧
  20. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010200232&g=int 「エムバロ氏勝利 ギニアビサウ大統領選」時事通信社 2020年01月02日 2020年4月5日閲覧
  21. ^ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022800249&g=int 「大統領就任宣誓を強行 ギニアビサウ」時事通信社 2020年02月28日 2020年4月5日閲覧
  22. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/guinea_b/data.html 「ギニアビサウ基礎データ」日本国外務省 平成30年5月25日 2020年4月20日閲覧
  23. ^ 「世界現代史16 アフリカ現代史4」p253 中村弘光 山川出版社 昭和57年12月10日1版1刷発行
  24. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p102-103、朝倉書店 ISBN 4254166621
  25. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p160、朝倉書店 ISBN 4254166621
  26. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p161、朝倉書店 ISBN 4254166621
  27. ^ https://www.sn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000162.html 日本国在セネガル大使館 2018/4/16 2020年4月21日閲覧
  28. ^ 外務省 ギニアビサウ基礎データ
  29. ^ 外務省 ギニアビサウ基礎データ
  30. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  31. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000468352.pdf 「ちょっといい話・エピソード集 ビジャゴス諸島」日本国外務省 令和元年8月7日 2020年4月21日閲覧
  32. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.157、朝倉書店 ISBN 4254166621
  33. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  34. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p130 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  35. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  36. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000470107.pdf 「アフリカ各国トピックス・ギニアビサウ」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年4月21日閲覧
  37. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  38. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.161、朝倉書店 ISBN 4254166621
  40. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p403 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  41. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.161、朝倉書店 ISBN 4254166621
  42. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p130 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  43. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.162、朝倉書店 ISBN 4254166621
  44. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2847614?cx_part=search 「西アフリカ・ギニアビサウでクーデターの企て、海軍少将ら逮捕」AFPBB 2011年12月27日 2019年12月22日閲覧
  45. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  46. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p403 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  47. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.109
  48. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行
  49. ^ a b c d e CIA World Factbook2009年11月29日閲覧。
  50. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.158、朝倉書店 ISBN 4254166621
  51. ^ 市之瀬敦『ポルトガルの世界 海洋帝国の夢のゆくえ』社会評論社、2001年12月。 p.155
  52. ^ A.H.デ・オリヴェイラ・マルケス 『ポルトガル3』 金七紀男訳、ほるぷ出版〈世界の教科書=歴史〉、東京、1981年11月1日、初版、163頁。
  53. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.157、朝倉書店 ISBN 4254166621
  54. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.157、朝倉書店 ISBN 4254166621


「ギニアビサウ」の続きの解説一覧

ギニアビサウ

出典:『Wiktionary』 (2019/03/02 02:24 UTC 版)

固有名詞

ギニアビサウ

  1. 西アフリカ存在する国家。正式な日本語での名称はギニアビサウ共和国首都ビサウ公用語ポルトガル語

異表記・別形

翻訳




ギニアビサウと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギニアビサウ」の関連用語

ギニアビサウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギニアビサウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギニアビサウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのギニアビサウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS