稲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > の意味・解説 

いな 【稲】

「いね」の転。多く他の名詞複合して用いられる。 「 -作」 「 -穂」 「神のさき田に-の穂の/神楽歌

いね [1] 【稲】

イネ科一年草東南アジア原産水稲すいとう)と陸稲りくとう)(おかぼ)とがあり、水田栽培される水稲が主であるが、まれに陸稲が畑で栽培される。日本では縄文時代後期には栽培されていたとされ、農業上最も重要な作物。高さ1メートル 前後線形互生する。夏から秋の頃、茎頂多数小穂からなる花穂をつける。穎果えいか)を脱穀したものが米である。多数栽培品種がある。成熟時期により、早稲わせ)・中稲なかて)・晩稲おくて)に、またデンプンの質により、糯(もち)と粳(うるち)に分ける。 [季] 秋。
[句項目] 稲挙ぐ 稲積む

しね 【稲

いね。多く、他の語の下に付いて複合語として用いられる。 「荒-」 「み-搗()く女(おみな)の良さ神楽歌

【とう】[漢字]

【刀】 たう [音] トウ
刀の形をした中国古銭。 「刀貨刀銭刀布刀幣
【冬】 [音] トウ
四季の一。ふゆ。一年暮れ。 「冬季冬至冬眠越冬旧冬厳冬初冬仲冬晩冬立冬夏炉冬扇
【灯(燈)】 [音] トウ
仏教で、世の中の闇を照らすもの。 「仏灯法灯」 〔本来、「灯」の音は「テイ」で、激しい火の意。燭台の意の「燈(とう)」とは別字
【当(當)】 たう [音] トウ
あたる。あてる。
かなう。つりあう。 「当選該当・相当」
ある条件基準にあてはまる。 「当否穏当至当失当・妥当・不当
ひきうける。受けもつ。 「当局当直当番担当当事者
その場に応じる。 「当惑当意即妙
わりふる。 「配当
現今の。さしあたっての。 「当今当座当主当初当世当節当代・当分・当面
その。この。 「当該当時当日当所当地当人
そうあるべきである。 「当為・当然・当来
当選」の略。 「当確当落
【投】 [音] トウ
なげる。なげつける。 「投下投手投石投擲とうてき)・完投好投暴投
なげいれる。 「投函とうかん)・投獄投票投錨とうびよう)」
与える。おくる。 「投稿投資投書投薬投与恵投
合わせる。合う。 「投機意気投合
とどまる。滞在する。 「投宿
【豆】 [音] トウ ・ズ
まめ。 「豆乳豆腐大豆だいず)」
中国古代祭器の名。 「俎豆そとう)」
伊豆いず)国」の略。 「豆州ずしゆう)」
【到】 たう [音] トウ
いきつく。いたる。 「到達到着・到底・到頭到来殺到着到精神一到」
【東】 [音] トウ
ひがし。 「東亜東夷とうい)・東海東経東国東西東上東征東都東方東洋関東極東江東山東坂東ばんどう)・東奔西走
五行説で、春にあてる。 「東宮東風
【逃】 たう [音] トウ
にげる。のがれる。 「逃走逃避逃亡
【倒】 たう [音] トウ
さかさま。 「倒影倒錯倒置倒立
たおれる。たおす。 「倒潰とうかい)・倒壊倒閣倒産倒幕昏倒こんとう)・卒倒打倒転倒七転八倒抱腹絶倒
動作程度激しいようすを示す。 「圧倒驚倒傾倒一辺倒
【党(黨)】 たう [音] トウ
むら。生まれ故郷。 「郷党
みうち。血縁。 「族党郎党
なかま。ともがら。 「党派党類一党残党私党政党徒党
政党のこと。 「党員党議党人党籍解党公党脱党入党野党与党立党離党
【凍】 [音] トウ
こおる。こごえる。 「凍結凍原凍死凍傷凍瘡とうそう)・凍土解凍冷凍
【唐】 たう [音] トウ
中国の王朝の名。 「唐詩唐書唐代唐三彩
ほら。でたらめ。 「荒唐無稽こうとうむけい)」
いきなり。だしぬけに。 「唐突
【 套たう [音] トウ
おおうもの。おおい。 「外套手套書套
【島】 たう [音] トウ
しま。 「島嶼とうしよ)・群島孤島諸島半島離島列島無人島
たう [音] トウ
モモ。 「桃花桃李とうり)・桃林白桃桃源郷
】 [音] トウ
木の名。キリ。 「桐油梧桐ごとう)・糸桐
【納】 たふ
⇒ のう〔納〕 [漢]
【討】 たう [音] トウ
うつ。征伐する。 「討幕討伐討滅征討追討
求める。調べる。 「討議討究討論検討探討
【透】 [音] トウ
とおす。とおる。しみこんで通り抜ける。 「透過透徹浸透滲透しんとう)」
すく。すきとおる。すける。 「透視透写・透明」
【 偸 】 [音] トウチュウ
ひそかにぬすむ。ぬすびと。 「偸安偸視偸盗ゆうとう)((とうとう))
【悼】 たう [音] トウ
悲しむ。人の死をいたむ。 「悼詞悼辞哀悼深悼追悼悲悼
【盗(盜)】 たう [音] トウ
ぬすむ。ぬすびと。 「盗賊盗難盗伐盗品盗癖盗用強盗窃盗夜盗
【陶】 たう [音] トウ
やきものせともの。すえ。 「陶瓦とうが)・陶器陶芸陶工陶土陶窯製陶陶磁器
教え導く。 「陶冶とうや)・薫陶
心がふさぐ。 「鬱陶うつとう)」
【塔】 たふ [音] トウ
梵語 stūpa音訳卒塔婆そとば)」の略。 「塔婆石塔仏塔卵塔五輪塔多宝塔
高くそびえる細長い建造物。 「尖塔せんとう)・鉄塔無線塔
【搭】 たふ [音] トウ
のせる。のる。 「搭載搭乗
【棟】 [音] トウ
屋根の最も高い部分。むなぎ。むね。 「棟梁とうりよう)・上棟
長いむねの建物。 「病棟別棟研究棟・汗牛充棟
【湯】 たう [音] トウ
熱し。 「湯治とうじ)・湯婆たんぽ)・温湯熱湯金城湯池
ふろ。温泉。 「湯治銭湯
【痘】 [音] トウ
ほうそう。もがさ。 「痘痕とうこん)・痘瘡とうそう)・痘苗牛痘種痘水痘天然痘
【登】 [音] トウ ・ト
のぼる。 「登高登場登壇登頂登攀とうはん)・登山とざん)・先登
公の所へ出席する。出勤する。 「登院登校登庁登城とじよう)」
試験に)合格する。 「登科登第
記載する。 「登記登載・登録」
みのる。成熟する。 「登熟
【答】 たふ [音] トウ
こたえる。こたえ。 「答案答辞答申答弁答礼応答回答解答口答即答返答名答問答
【筒】 [音] トウ
竹づつ。つつ。 「円筒水筒封筒発煙筒
【等】 [音] トウ
ひとしい。 「等圧等式等身等分均等同等・平等(ようどう)・等間隔等高線等時性等比級数
なかま。 「等輩等類
品位順位を表す。 「等級高等・上等・親等・特等優等劣等
【統】 [音] トウ
ひとすじつながり。血すじ。 「系統血統皇統正統伝統道統
一つにまとめる。すべる。統一統括統轄統御統計統合統制統帥統率統治統領
【 滔たう [音] トウ
【稲(稻)】 たう [音] トウ
イネ。 「水稲晩稲陸稲
【読】
⇒ どく〔読〕 [漢]
【 蕩たう [音] トウ
はらう。すっかりなくなる。 「蕩尽掃蕩
ゆらぐ。 「震蕩揺蕩
酒色におぼれる。とろける。 「蕩児淫蕩いんとう)・放蕩遊蕩
広い。大きい。ひろびろとしてのどかである。 「蕩蕩浩蕩こうとう)・駘蕩たいとう)」
【踏】 たう [音] トウ
ふむ。ふみつける。 「踏査踏破高踏雑踏人跡未踏
受けつぐ。 「踏襲
あしぶみする。 「踏歌踏舞舞踏」 〔「蹈」の書き換え字としても用いられる〕
【糖】 たう [音] トウ
さとう。 「糖蜜砂糖蔗糖しよとう)・製糖甜菜てんさい)糖」
炭水化物のうちにとけて甘味呈するもの。 「糖分糖類果糖乳糖麦芽糖葡萄ぶどう)糖」
【頭】 [音] トウ ・ズ ・ト
あたま。こうべ。 「《トウ頭角頭数頭髪頭部叩頭こうとう)・低頭禿頭とくとう)・頭蓋骨とうがいこつ)((ずがいこつ))」 「《ズ》頭巾ずきん)((ときん))頭上頭痛頭脳
物の先端。 「竿頭かんとう)」
はじめ。最も先だつもの。 「初頭陣頭先頭年頭冒頭徹頭徹尾
ほとり。あたり。 「駅頭街頭枕頭ちんとう)・路頭
かしら。おさ。 「頭首頭目頭領地頭船頭せんどう)・番頭
【 濤たう [音] トウ
なみ。おおなみ。 「濤声怒濤波濤風濤
【謄】 [音] トウ
原本通り書きうつす。 「謄写謄本
【 蹈たう [音] トウ
「踏」に同じ。 「蹈襲・蹈破」 〔「踏」とも書き換えられる〕
】 [音] トウ
フジ。 「藤花
かずら。 「葛藤かつとう)」
藤原ふじわら)氏」の略。 「藤氏源平藤橘とうきつ)」
【闘( 鬭 )】 [音] トウ
たたかう。あらそう。 「闘技闘魂闘士闘志闘争暗闘格闘敢闘決闘拳闘けんとう)・健闘死闘私闘戦闘争闘奮闘力闘悪戦苦闘
たたかわせる。試合をさせる。 「闘牛闘鶏闘犬
【 禱 たう [音] トウ
いのる。まつる。 「祈禱祝禱黙禱
【 韜たう [音] トウ
弓を入れるふくろ。転じて兵法奥義。 「韜略六韜りくとう)」
【騰】 [音] トウ
高くなる。あがる。のぼる。 「騰貴高騰上騰沸騰暴騰奔騰


イネ

イネ
科名 イネ科
別名: -
生薬名: コメ(米)
漢字表記
原産 熱帯アジア
用途 世界三大穀物一つ日本主食です。食料飼料醸造用・などに利用されています。中国では消化不良腹痛便秘・のどの渇きなどに用います。
学名: Oryza sativa L.
   

いね (稲)

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

インド北西部から中国雲南省自生するペレンニス種(O. perennis)が起源とされています。わが国へも古い時代渡来しました。この「アジアいね」には、長粒種インド型いね、大粒種のジャワ型いね、それにわが国栽培されている日本型いねとがあります穀物生産としては、インド型いねが80パーセント以上を占めています。日本型いねは、15パーセント未満に過ぎません。写真上は「坂折棚田」、中10は「ひこばえ)」、下の2は「稲架(はざ)掛け」。
イネ科イネ属一年草で、学名Oryza sativa。英名は Rice plant
イネのほかの用語一覧
イヌビエ:  田犬稗    毛犬稗
イネ:  稲  黒米
インドカラムス:  大葉矢竹
インヨウチク:  陰陽竹


読み方:イネine

イネ科一年草

季節

分類 植物


読み方:イナina

所在 福島県須賀川市


読み方:イナina

所在 茨城県取手市


読み方:イナina

所在 茨城県桜川市


読み方:イナina

所在 千葉県館山市


読み方:イナina

所在 新潟県上越市


読み方:イナina

所在 大阪府箕面市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
いな
いね

イネ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 08:36 UTC 版)

イネ)は、イネ科イネ属の植物[1]。属名Oryza古代ギリシア語由来のラテン語で「米」または「イネ」を意味する。種小名 sativa は「栽培されている」といった意味である。収穫物はと呼ばれ、トウモロコシコムギとともに世界三大穀物の1つとなっている。稲禾(とうか)、禾稲(かとう)などとも呼ばれる。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 農業・生物系特定産業技術研究機構編『最新農業技術事典』農山漁村文化協会 p.105 2006年
  2. ^ 森島啓子、イネの進化研究を考える 育種学研究 Vol.1 (1999) No.4 P.233-241, doi:10.1270/jsbbr.1.233
  3. ^ a b c d e f g h i 日本作物学会編『作物学用語事典』農山漁村文化協会 p.218 2010年
  4. ^ a b c 森島啓子、イネの祖先を探る 日本釀造協會雜誌 Vol.78 (1983) No.9 P.680-683, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.78.680
  5. ^ a b c d e f 杉田浩一編『日本食品大事典』医歯薬出版 p.9 2008年
  6. ^ a b c 『丸善食品総合辞典』丸善 p.411 1998年
  7. ^ a b 日本作物学会編『作物学用語事典』農山漁村文化協会 p.219 2010年
  8. ^ a b c 湯陵華、森島啓子、雑草イネの遺伝的特性とその起源に関する考察 育種学雑誌 Vol.47 (1997) No.2 P.153-160, doi:10.1270/jsbbs1951.47.153
  9. ^ 平成20年度の主な研究成果 農業生物試験研究所 (PDF)
  10. ^ a b c d 『料理食材大事典』主婦の友社 p.307 1996年
  11. ^ 王才林、宇田津徹朗ほか、プラント・オパールの形状からみた中国・草鞋全山遺跡(6000年前~現代)に栽培されたイネの品種群およびその歴史的変遷 育種学雑誌 Vol.48 (1998) No.4 P.387-394, doi:10.1270/jsbbs1951.48.387
  12. ^ a b 宇田津徹朗、東アジアにおける水田稲作技術の成立と発達に関する研究 : その現状と課題(日本と中国のフィールド調査から) 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書. v.24, 2013, p.113-122, hdl:2237/20151
  13. ^ 徐光輝、林留根:長江流域の農耕集落について 龍谷大学国際社会文化研究所紀要 6号,2004, p.57-70, hdl:10519/2341
  14. ^ 宇田津徹朗、湯陵華、王才林、鄭雲飛、佐々木章、柳沢一男、藤原宏志:中国・草畦山遺跡における占代水田趾調査(第3報) 日本文化財科学会 学会誌『考古学と自然科学』ISSN 0288-5964 No.43 p.51-64 (PDF)
  15. ^ 6000年前の稲作遺物『知恵蔵2014』[信頼性要検証]
  16. ^ 平井泰男:大地からのメッセージ(5) 稲作ことはじめ(グラフおかやま1997年8月号より転載) 岡山県古代吉備文化財センター
  17. ^ 遠部慎、宮田佳樹ほか、炭素14年代測定に関するサンプリングの実践と課題 国立歴史民俗博物館研究報告 第137集 [共同研究]高精度年代測定法の活用による歴史資料の総合的研究 (PDF)
  18. ^ a b 日本作物学会編『作物学用語事典』農山漁村文化協会 p.220 2010年
  19. ^ a b 杉田浩一編『日本食品大事典』医歯薬出版 p.11 2008年
  20. ^ 逆転の日本史編集部『日本人のルーツがわかる本』p83~p85、佐藤洋一郎論文「日本列島に最初に稲作を持ち込んだのは縄文人だった」
  21. ^ 農林水産省 - 平成21年産水稲うるち米の作付状況について
  22. ^ 農林水産省 - 平成21年産水稲の品種別収穫量
  23. ^ 両品種とも明治時代の良食味品種亀の尾と朝日の血統を、水稲農林1号(亀の尾の孫)と水稲農林22号(朝日の孫)を通して引き継いでいる(品種情報:越南17号(コシヒカリ)品種情報:東北78号(ササニシキ))。
  24. ^ 平成17年3月発行のパンフレット「知っていますか?私たちのごはん」(農林水産省総合食料局総務課)より引用。
  25. ^ 黒田治之、「わが国果樹栽培技術の課題と展望」日本調理科学会誌 Vol.32 (1999) No.2 p.151-160, doi:10.11402/cookeryscience1995.32.2_151
  26. ^ 食味ランキング特A みちのく村山農業協同組合
  27. ^ 森田敏、「水稲高温登熟障害の生理生態学的解析」 九州沖縄農業研究センター報告 (52), 1-78, 2009-08, NAID 120005319212
  28. ^ 水稲の高温登熟障害の発生要因と対策 (PDF) 和歌山県
  29. ^ 高温障害に強い稲の栽培法 全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ
  30. ^ 高温登熟性の高い水稲品種「彩のきずな」の高温条件下における光合成特性 (PDF) 埼玉農総研研報(13)28-33,2014
  31. ^ 重イオンビームで新しい植物をつくる理化学研究所ニュース November 2007
  32. ^ 【科学】イネの遺伝子研究、ゲノムで加速 国産米の系譜明らかに
  33. ^ Pressrease - イネゲノム塩基配列解読記念式典を開催 - 独立行政法人農業生物資源研究所、社団法人農林水産先端技術産業振興センター
  34. ^ Pressrease - イネゲノム塩基配列完全解読を達成 - 独立行政法人農業生物資源研究所、社団法人農林水産先端技術産業振興センター



出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 08:41 UTC 版)

発音

名詞

  1. イネ科植物の一種で、一年草である。穀物である収穫するために栽培されている。ジャポニカ種インディカ種があり、日本では後者栽培され、作付面積が最も広い。

熟語


出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 21:34 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



稲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「稲」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「稲」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

稲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



稲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS