黒米とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 黒米の意味・解説 

くろ‐ごめ【黒米】

精白してない米。玄米

種皮アントシアニン含まれるため、黒紫色をなす米。紫黒米(しこくまい)。紫米(むらさきまい)。


こく‐まい【黒米】

くろごめ」に同じ。


黒米

読み方:クロマイ(kuromai)

玄米


くろまい (黒米)

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

縄文時代終わりごろから弥生時代はじめに渡来した「イネ」の一品種群です。古代から食べられているモチ米で、糠(ぬか)の部分に黒い色素アントシアニン)が含まれるため、五分搗きにすると米が紫色になり、紫米とか紫黒米ともいわれます。ふつうのお米に、ほんの少量混ぜ炊くピンク色炊きあがり、少しねばって赤飯のようになるそうです写真下は、信州大学作出された「くろぴかり」。
イネ科イネ属一年草で、学名Oryza sativa。英名は Rice plant
イネのほかの用語一覧
イヌビエ:  田犬稗  
イネ:    黒米
インドカラムス:  大葉矢竹
インヨウチク:  陰陽竹
ウシクサ:  メリケン刈萱

黒米(くろまい)

黒米

古代中国から日本に伝わったお米一つもち米で米の糠の部分黒色色素が合まれるお米をいいます。ここの部分に「アントシアニン」系の色素が含まれています。原産地中国・狭西省漢中地方です。

黒米

読み方
黒米くろごめ
黒米くろよね

黒米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 14:33 UTC 版)

黒米(くろまい、くろごめ)、または紫黒米(しこくまい)[1]紫米(むらさきまい)[2]とはイネ栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮の少なくとも一方(主に果皮[3])にアントシアニン系の紫黒色素を含む品種のことである[4]。中国では「紫米」[5]、「紫糯」[6]、「黒糯」[6]、「鶏血糯」[6]と呼ばれる。赤米の一種とされる場合もある[7]


注釈

  1. ^ ちなみに、門倉らは赤米からライスワインを作ることも試みたが色が赤くならず、アルコールが十分に生成されなかった[26]
  2. ^ タイではカオ・ラームと呼ばれる。

出典

  1. ^ 猪谷富雄 2000, p. 14.
  2. ^ 猪谷富雄 2000, p. 32.
  3. ^ a b c 猪谷富雄 2000, p. 33.
  4. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 31.
  5. ^ a b 猪谷富雄 2000, pp. 32, 132.
  6. ^ a b c d e f g 猪谷富雄 2000, p. 132.
  7. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 22–23, 33–34.
  8. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 24.
  9. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 24, 39.
  10. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 37–38.
  11. ^ 猪谷富雄 2000, p. 36.
  12. ^ a b c 猪谷富雄 2000, p. 72.
  13. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 41, 72.
  14. ^ 猪谷富雄 2000, p. 110.
  15. ^ 猪谷富雄 2000, p. 71.
  16. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 25.
  17. ^ 猪谷富雄 2000, p. 15.
  18. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 88–90.
  19. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 88, 91.
  20. ^ 猪谷富雄 2000, p. 109.
  21. ^ a b c 猪谷富雄 2000, p. 91.
  22. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 56, 88–89, 91.
  23. ^ 猪谷富雄 2000, pp. 89–90, 111–112.
  24. ^ 猪谷富雄 2000, p. 111.
  25. ^ 猪谷富雄 2000, p. 102.
  26. ^ a b 猪谷富雄 2000, pp. 103–104.
  27. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 134.
  28. ^ 猪谷富雄 2000, p. 51.
  29. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 55.
  30. ^ イネ品種データベース検索システム 「奥羽糯349号(朝紫)」品種情報”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター. 2021年3月15日閲覧。
  31. ^ a b c d 猪谷富雄 2000, p. 53.
  32. ^ 猪谷富雄 2000, p. 56.
  33. ^ a b 猪谷富雄 2000, p. 88.
  34. ^ イネ品種データベース検索システム 「奥羽368号(おくのむらさき)」”. 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター. 2021年3月15日閲覧。
  35. ^ a b c d 猪谷富雄 2000, p. 133.


「黒米」の続きの解説一覧



黒米と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒米」の関連用語

黒米のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒米のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
米穀安定供給確保支援機構米穀安定供給確保支援機構
Copyright (C) 2021 米穀安定供給確保支援機構 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒米 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS