大葉矢竹とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 大葉矢竹の意味・解説 

大葉矢竹

学名:I. tessellatus
和名:オオバヤダケ

備考(別名・通称など):ジャクチク日本タケ類で最大
大葉矢竹
オオバヤダケ
大葉矢竹
日本一大きなタケです。

おおばやだけ (大葉矢竹)

Indocalamus tessellatus

Indocalamus tessellatus

中国中部四川省分布しています。標高1400~2400メートル山地生え、桿は細く、高さは0.5~2.5メートルになります長さ2530センチ大きなものでは60センチにもなります。わが国では九州鹿児島市だけに見られます。ヤダケ属に分類されることもあり、別名で「ジャクチク(箸竹)」とも呼ばれます。
イネ科インドカラムス属の常緑タケ類で、学名は Indocalamustessellatus(syn. Pseudosasa tesselata)。英名は Giant leaf bamboo
イネのほかの用語一覧
イヌビエ:  
イネ:    黒米
インドカラムス:  大葉矢竹
インヨウチク:  陰陽竹
ウシクサ:  メリケン刈萱
ウシノケグサ:  鬼牛の毛草



大葉矢竹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大葉矢竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大葉矢竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS