標高とは? わかりやすく解説

ひょう‐こう〔ヘウカウ〕【標高】

読み方:ひょうこう

ある地点の、平均海水面からの高さ。日本では東京湾平均海水面メートルとする。海抜。「—3000メートル級の山」


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 00:16 UTC 版)

標高(ひょうこう、Elevation)は、最も一般的にはジオイドから鉛直方向に測った高さをいう。等電位の重力の面として地球海面からの基準を数学モデル( 測地系§垂直基準参照)で表す地理学的位置の固定基準点。標高という用語は、主に地球の表面上の高さ地点を指すときに使用され、平均海水面を0メートルとしていることから海抜高度とも呼ばれるが、地理ポテンシャルとしての高さは、飛行中の航空機や軌道上の宇宙船など表面上のポイントにも使用され、深さなど表面下のポイントにも使用する。


  1. ^ Survey. “The National Map: Elevation” (英語). nationalmap.gov. 2017年2月24日閲覧。


「標高」の続きの解説一覧

標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 05:30 UTC 版)

鳩山町」の記事における「標高」の解説

100m~40mほどである。 町の北東東松山市境の少し東松山市側にある物見山三角点が標高135m。 町の西部高野倉八幡神社付近が標高100m鳩山ニュータウン西友付近が標高80m。 町の北西端県道ときがわ町付近西端県道越生町付近が標高70m。 町のほぼ中央の役場庁舎が標高50m。 アメダス観測点が標高44m。 今宿交差点が標高40m弱。

※この「標高」の解説は、「鳩山町」の解説の一部です。
「標高」を含む「鳩山町」の記事については、「鳩山町」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 16:02 UTC 版)

インダ山」の記事における「標高」の解説

標高は文献によってばらつきがあり、Urola Turismoは484 mとしているが、Medikatは462 mとしているが、Euskal Herria.orgは460 mとしている。 1950年から1982年までのMendikatは475 m、1990年から2009年までのMendikatは460 m、2014年のMendikatは462 mとしていた。

※この「標高」の解説は、「インダ山」の解説の一部です。
「標高」を含む「インダ山」の記事については、「インダ山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 16:04 UTC 版)

チャラベルツ山」の記事における「標高」の解説

標高は692 mとされている。しかし、何度か正しいと考えられた標高が変化した歴史存在する1990年以降は692 mとされてきたものの、例え1950年から1982年にかけては706 mであるとされ、1930年においては662 mであるとされ、1925年至っては650 mとされていた

※この「標高」の解説は、「チャラベルツ山」の解説の一部です。
「標高」を含む「チャラベルツ山」の記事については、「チャラベルツ山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 03:57 UTC 版)

ウルグアイの極地」の記事における「標高」の解説

低地点は大西洋上の海面で、0m最高地点カテドラル山で、標高514m。

※この「標高」の解説は、「ウルグアイの極地」の解説の一部です。
「標高」を含む「ウルグアイの極地」の記事については、「ウルグアイの極地」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 00:57 UTC 版)

オリ山」の記事における「標高」の解説

フランス国立地理学協会英語版)は山頂の標高を2,017m、Catálogo Concurso Cien Montesエウスカルツァインディア山頂の標高を2,019mとしている。ただし、オリ山山頂の標高は変遷してきた歴史がある。1930年版1936年版のConcurso de Cien Montes C.D. Eibar (CDE)は2,026 m、1950年版Catálogo Concurso Cien Montes (CCC)は2,018 m、1990年版2007年版のCCCは2,017 mとしている。

※この「標高」の解説は、「オリ山」の解説の一部です。
「標高」を含む「オリ山」の記事については、「オリ山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 01:01 UTC 版)

モン・ペルデュ」の記事における「標高」の解説

モン・ペルデュ正確な標高には諸説あるが、ユネスコによれば山頂の標高は3,352mであり、ピレネー山脈ではアネト山(3,404m)とポセッツ峰(3,369m)に次いで3番目に高い山である。石灰質山としてはヨーロッパ最高峰である。

※この「標高」の解説は、「モン・ペルデュ」の解説の一部です。
「標高」を含む「モン・ペルデュ」の記事については、「モン・ペルデュ」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 08:12 UTC 版)

オホス・デル・サラード」の記事における「標高」の解説

オホス・デル・サラードの標高は、現在も議論の的となっている。2006年に「アンデス・マガジン」は、オホス・デル・サラードアコンカグアよりも高いかもしれないという記事掲載したが、この主張古く精密度の低い高度調査をもとにしていた。これらの古い調査によると、オホス・デル・サラードの標高は7057mで、アコンカグアよりも100mほど高い。1955年にはオホス・デル・サラードの標高を7100mとする推計出されたが、それは「単に山頂まで数時間かかる最終キャンプの高度をもとにしていた」。1956年退役中尉のレネ・ガハルド率い初のチリ隊は、小型高度計で標高7084mを計測した厳密な方法ではなかった点を別にしても、登山隊登頂した午後一般に気圧が低いため、高度計はかなり高い値を示していた。 1980年代から90年代さらなる調査探検で、近くピシス山オホス・デル・サラードよりさらに高いことを示す証拠もたらされた。しかし、より精密な機器使ったのちの計測では、オホス・デル・サラードピシス山より100mほど高かった。さらに2007年には、「アンデス・マガジン」とアジムート360組織したチリ-アルゼンチン-欧州合同調査隊が、オホス・デル・サラードピシス山双方でより精密な機器用いた調査実施した。それによると、前者が6891m、後者が6793mであった。この値は、山頂を6880mから6910mのあいだと推定した近年GPS調査範囲内に合致するが、調査隊機器に10mの誤差あるため、より正確な高度という点では不確かさ残したオホス・デル・サラードアルゼンチン側にひとつ、チリ側にひとつの二つの峰がある(この間両国国境引かれている)。双方標高差は1mに満たない

※この「標高」の解説は、「オホス・デル・サラード」の解説の一部です。
「標高」を含む「オホス・デル・サラード」の記事については、「オホス・デル・サラード」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 08:15 UTC 版)

ピシス山」の記事における「標高」の解説

1994年アルゼンチン遠征隊は、当時利用可能GPS技術使用して測量行いピシス山の標高はオホス・デル・サラードよりも高い6882mであると主張した。その10年後、より高精度GPSシステム使用した測量により、1994年測量不正確であることが証明された2005年に、オーストリア調査隊ピシス山頂上ディファレンシャルGPS英語版測量行い、その標高を6793mと求めた2006年には国際探検隊山頂の標高を測量し、標高6800mと、オーストリア隊とほぼ一致する結果得られた。2007年にチリ・アルゼンチン・ヨーロッパ探検隊オホス・デル・サラードピシス山両方調査し暫定測量値として前者が6891m、後者が6793mを得た

※この「標高」の解説は、「ピシス山」の解説の一部です。
「標高」を含む「ピシス山」の記事については、「ピシス山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 09:45 UTC 版)

ラス・ダシャン山」の記事における「標高」の解説

1960年代から1970年代にかけて、国は製図測量調査行いラス・ダシャン山の標高を4533mとした。本項では、標高を2005年EMA出版物と、それに1メートルしか違わない2007年フランスイタリアによるDGPS測位調査によった。しばしば4620mとも言われるが、現代いかなる測量図SRTMデータにもこの値はみられない

※この「標高」の解説は、「ラス・ダシャン山」の解説の一部です。
「標高」を含む「ラス・ダシャン山」の記事については、「ラス・ダシャン山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 09:42 UTC 版)

ボリバル山」の記事における「標高」の解説

アンデス山脈の中で顕著に高いこの山の標高は、過去に何度も測量されてきた。1912年には、三角測量に基づいて5,002メートル算出された。1928年には、別の測量から5,007メートル算出され長らくこれが公式の標高の値とされてきた。 1990年代科学者Heinz SalerとCarlso Abadは、GPS観測に基づいて4,980.8メートルという標高を推定したが、その検証行われなかった。 2002年新しGPS測量が行われ、4,978.4±0.4メートルという標高が示された。このより正確な調査結果2005年公開された最終的な測量は、ベネズエラ・シモン・ボリバル地理研究所スペイン語版)(IGVSB)のホセ・ナポレオン・エルナンデスらによって行われたGPS測定は、ボリバス山、エル・トロ、ピエドラス・ブランカス、ムクヌケ天文台構成される測地ネットワークによって行われ、ムクヌケ天文台ベネズエラ測地座標系関連付けられている測量には、時間の経過とともに大量のデータ確保し、より一貫した信頼性の高い情報取得するため、5つGPSデュアル周波数受信機使用された。

※この「標高」の解説は、「ボリバル山」の解説の一部です。
「標高」を含む「ボリバル山」の記事については、「ボリバル山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 06:43 UTC 版)

イリモ山」の記事における「標高」の解説

標高は2014年901 mであるとされている。しかし標高は時代によってさまざまに記録されてきた。1925年には898 mとされ、1930年1936年には895 mとされ、1950年から1982年までは898 mとされ、1990年から2009年まで896 mだとされてきた。

※この「標高」の解説は、「イリモ山」の解説の一部です。
「標高」を含む「イリモ山」の記事については、「イリモ山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 15:19 UTC 版)

登山用語一覧」の記事における「標高」の解説

海面延長であるジオイドからの距離。山頂には三角点設置されている場合多く三角点より高い場所がある場合にはその標高点が山の高さとされる

※この「標高」の解説は、「登山用語一覧」の解説の一部です。
「標高」を含む「登山用語一覧」の記事については、「登山用語一覧」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 22:11 UTC 版)

千倉岳」の記事における「標高」の解説

千倉岳の標高は1,816m。千島列島全体では、阿頼度島親子場山(同:アライト山 влк.Алаид 2,339m)と国後島爺爺岳(同:チャチャ山влк.Тятя 1,822m)に次いで3番目の高さである。

※この「標高」の解説は、「千倉岳」の解説の一部です。
「標高」を含む「千倉岳」の記事については、「千倉岳」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 04:53 UTC 版)

レカンダ山」の記事における「標高」の解説

バスク地方の山を収録したCatálogo Concurso Cien Montes』(CCC)は、1950年版から2009年版までこの山の標高を1302 mとしていたが、2014年版では1309 mに変更した2016年3月現在においても山頂の標高は1302 mであるとするサイト複数存在する

※この「標高」の解説は、「レカンダ山」の解説の一部です。
「標高」を含む「レカンダ山」の記事については、「レカンダ山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 09:35 UTC 版)

ペナイン山脈」の記事における「標高」の解説

山はあまり高くなく、しばしばフェル (Fell)という言葉で言い表される。これは古ノルド語で山を指す言葉である。最も高い山は東カンブリアにあるクロス・フェル (Cross Fell) で2,930 フィート (893 m) で、この他主要な山はミックル・フェル(Mickle Fell、2,585 フィート/788 m)、ワーンサイド(Whernside、2,415 フィート/736 m)、イングルバラ(Ingleborough、2,372 フィート/723 m)、ハイ・シート(High Seat、2,328 フィート/710 m)、ワイルド・ボア・フェル(Wild Boar Fell、2,324 フィート/708 m)、ペニージャン(Pen-y-ghent、2,274 フィート/693 m)、キンダー・スカウト(Kinder Scout、2,087 フィート/636 m)がある。

※この「標高」の解説は、「ペナイン山脈」の解説の一部です。
「標高」を含む「ペナイン山脈」の記事については、「ペナイン山脈」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 02:19 UTC 版)

エベレスト」の記事における「標高」の解説

1852年インド測量局の技師ベンガル出身インド人測量技師、ラーダナート・シクダールが240 km離れたインドから三角測量した結果、「ピーク15 (Peak XV)」という仮称呼ばれていた山が世界最高峰であることを発見した当時ネパールは「禁断の王国」であり、外国人入ることはできなかったため、より近距離で測量不可能だった測量結果によればピーク15の標高は約8840 mだった。 現在最新の標高は8848 mとされているが、ほかにもいくつかの異なる標高が測量結果として報告されている。2番目に高い山K2で、標高8611 mである。2005年5月22日中国エベレスト測量隊はエベレスト登頂、数か月にわたる測量結果同年10月9日エベレストの標高は 8844.43±0.21 mと公式に発表した。彼らはこの数値これまででもっとも正確な標高であるとしている。しかし、この標高はもっとも高い岩石部分基づくもので頂上部分の氷や含んでおらず、モンブランテンリタグといったほかの高峰の標高の基準異なっている。測量隊は氷の厚みも測量しており、この結果3.5 mだったことから、8848 mという従来測量結果誤りなかったことになる。しかし実際のところ氷の厚みは変化するため、正確なGPSによる測量なければ厳密な標高を求めることは不可とされている。 現在もっともよく知られている8848 mという標高は、1955年インドによる従来より近距離から測量によって、初め求められたものである1975年中国による測量でも同様の結果得られた (8848.13 m)。どちらも頂上部分の氷雪の厚みを含んだものである1999年5月、ブラッドフォード・ウォッシュバーン率いるアメリカエベレスト遠征隊山頂GPSユニット設置、8850 mという測量結果発表した。これによれば岩石部分の標高は8850 m、氷雪含めるとさらに1 m高いとされている。ネパール政府正式にこの測量結果認めていないが、この数値広く用いられている。1999年2005年調査双方ジオイド不確かさという問題指摘されている。 エベレストの標高は周辺のプレートテクトニクスにより年々高くなっており、山頂北東へと移動していると考えられている。現在2つ報告書が、エベレストは4 mm/年の速さで標高が高くなっており、また山頂は年3–6 mm速さ北東移動しているとしている。しかし、ほかの報告書中には横方向への移動はもっと速く27 mm/年)、標高は縮むことさえあるとしているものもある。またエベレスト山頂では風化激しく地殻変動によって一時的に8848 mを超えてもその分侵食されしまうため、エベレストの標高はこれ以上高くならないという説もある。 エベレストはもっとも高い海抜高度をもつ山である。しかし、ハワイマウナ・ケアエクアドルチンボラソエベレストに代わる世界最高峰」とする主張もある。マウナ・ケア海面からの標高は4205 mだが、海底からの高さを考慮すればその標高は10203 mを超えることになる。また海抜高度6267 mのチンボラソ頂上アンデス山脈最高峰すらないが、地球の形状は赤道近づくほどに膨れており、地球中心からの高さは6384.4 kmになる。これは、エベレストの6382.3 kmよりも2168 m高い。 また、もっとも深い海であるマリアナ海溝チャレンジャー海淵深さ約10900 m)はエベレストの標高よりも深い。もしエベレストチャレンジャー海淵深さ沈めたとすれば山頂は2 km深度に沈むこととなる。

※この「標高」の解説は、「エベレスト」の解説の一部です。
「標高」を含む「エベレスト」の記事については、「エベレスト」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:04 UTC 版)

東松山市」の記事における「標高」の解説

市内の標高は135m~13mである。最も高い場所岩殿丘陵物見山三角点が135m、比企丘陵市内区域では川越カントリークラブ内に84.6mの三角点がある。逆に都幾川越辺川市野川周辺部の標高は低く、それは下流である南東方向に行くほど顕著になり川島町境界梅ノ木古凍貯水池西側に13mの標高点がある。東松山駅高坂駅台地あるため30m台となっている。 物見山付近大字岩殿):135m 国道254号 上唐子(北)交差点付近大字上唐子):65m 国道407号 東平(北)交差点付近大字東平):44m 青鳥交差点付近大字石橋):41m 高坂丘陵地区センター付近松風台):39m 東松山駅付近箭弓町):34m 高坂駅付近元宿):32m 東松山インター交差点付近大字石橋):28m ピオニウォーク東松山付近あずま町):21m 国道407号 新宿小(南)交差点付近:16m 国道254号 川島町境界付近大字古凍):15m

※この「標高」の解説は、「東松山市」の解説の一部です。
「標高」を含む「東松山市」の記事については、「東松山市」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:04 UTC 版)

マウントバーノン (ニューヨーク州)」の記事における「標高」の解説

マウントバーノン市役所の標高は約235フィート (72 m) であり、西のブロンクス川と東のハッチンソン川の間にある位置づけ反映している晴れた日にはスログスネック市内各所10マイル (16 km) 離れた場所からも見通せ夜に照明見ることができる市章1892年設定されたものであり、当時マウントバーノン市で最も高いと考えられた場所が描かれている。すなわち4番通りに近いトリニティプレース、バーンズ・アベニューのビスタプレース、ワシントンプレースとジェファーソンプレースの間の10番通りであるその後市内最高点はブロンクスビルとの市境ニューヨーク州道22号線、北コロンバス・アベニューであることが分かった

※この「標高」の解説は、「マウントバーノン (ニューヨーク州)」の解説の一部です。
「標高」を含む「マウントバーノン (ニューヨーク州)」の記事については、「マウントバーノン (ニューヨーク州)」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 18:24 UTC 版)

ツーメディスン累層」の記事における「標高」の解説

ツーメディスン累層南に陸地多く存在していた。河川南西部高地から北東流れていた。ツーメディスン累層南部は、ホースシーフ層と呼ばれる汽水砂岩/砂岩層に分類される。ホースシーフの堆積物はベアパウ頁岩よりも浅い水辺の物であり、南部存在するより標高の高い地域高低差があった事を示唆している

※この「標高」の解説は、「ツーメディスン累層」の解説の一部です。
「標高」を含む「ツーメディスン累層」の記事については、「ツーメディスン累層」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:18 UTC 版)

ブレーメン」の記事における「標高」の解説

ヴェーザー河畔位置する中心街区は、ブレーメン聖堂の標高が海抜11.5 mである。旧市街最高地点は、昔の防衛施設のために人口盛り土がされたテアターベルクで、海抜14 mである。現在の市域内位置する自然丘陵で最も高い地点は、市北西部ブルクレーズム市区墓地公園海抜32.5 mである。

※この「標高」の解説は、「ブレーメン」の解説の一部です。
「標高」を含む「ブレーメン」の記事については、「ブレーメン」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 02:13 UTC 版)

剣ヶ峰 (富士山)」の記事における「標高」の解説

3,776 mの標高については、以下の2つ関わっている国土地理院設置した二等三角点「富士山」の標高 3,775.51 m(2014年4月1日以降の値) 二等三角点「富士山」から見て12メートルの岩の高さ3,776.12 m どちらも四捨五入すれば3,776 mとなる(富士山#最新の標高を参照)。

※この「標高」の解説は、「剣ヶ峰 (富士山)」の解説の一部です。
「標高」を含む「剣ヶ峰 (富士山)」の記事については、「剣ヶ峰 (富士山)」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 07:43 UTC 版)

カメルーン山」の記事における「標高」の解説

カメルーン山の高さは一般には4095mと考えられているが、SRTM計測などでは4070mという値が出されている。また、GPSによる測定では4040mくらいという結果出ている。火山活動によっても高度が変化するため、正確な高さの測定難しと考えられる地形図 1909年噴火 カメルーン山1999年噴火による溶岩流

※この「標高」の解説は、「カメルーン山」の解説の一部です。
「標高」を含む「カメルーン山」の記事については、「カメルーン山」の概要を参照ください。


標高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:01 UTC 版)

雲嶺」の記事における「標高」の解説

北部は標高が高く南部の標高が低いのが特徴北部山地平均標高約5000m峰の山多く白馬雪山甲午雪山、察里雪山、哈巴雪山玉龍雪山などの有名な山々連なる南部山地は、高度が低く標高4500m以下の山が多く老君山、点蒼山邦山などの有名な山々連なる

※この「標高」の解説は、「雲嶺」の解説の一部です。
「標高」を含む「雲嶺」の記事については、「雲嶺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「標高」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「標高」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

標高のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標高のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標高 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鳩山町 (改訂履歴)、インダ山 (改訂履歴)、チャラベルツ山 (改訂履歴)、ウルグアイの極地 (改訂履歴)、オリ山 (改訂履歴)、モン・ペルデュ (改訂履歴)、オホス・デル・サラード (改訂履歴)、ピシス山 (改訂履歴)、ラス・ダシャン山 (改訂履歴)、ボリバル山 (改訂履歴)、イリモ山 (改訂履歴)、登山用語一覧 (改訂履歴)、千倉岳 (改訂履歴)、レカンダ山 (改訂履歴)、ペナイン山脈 (改訂履歴)、エベレスト (改訂履歴)、東松山市 (改訂履歴)、マウントバーノン (ニューヨーク州) (改訂履歴)、ツーメディスン累層 (改訂履歴)、ブレーメン (改訂履歴)、剣ヶ峰 (富士山) (改訂履歴)、カメルーン山 (改訂履歴)、雲嶺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS