3次元とは? わかりやすく解説

さん‐じげん【三次元】

読み方:さんじげん

次元の数が三つあること縦・横・高さのように、三つ座標表される広がり

(主にアニメーションファンの間で)実在人物アニメーションなどのキャラクターの意でいう二次元に対する言葉。→二・五次元


3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 07:38 UTC 版)

3次元(さんじげん、三次元)は、ある概念直交あるいは独立な(しかし同等な)要素3つのによって一意に決定可能な場合にしばしば用いられる術語である。






「3次元」の続きの解説一覧

3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:20 UTC 版)

線対称」の記事における「3次元」の解説

3次元図形線対称は、2回対称に等しい。 なお、2次元図形線対称も、その図形3次元図形見なしたときの2回対称である。

※この「3次元」の解説は、「線対称」の解説の一部です。
「3次元」を含む「線対称」の記事については、「線対称」の概要を参照ください。


3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:45 UTC 版)

CAD」の記事における「3次元」の解説

3次元CADは、業務用い対象取り扱える形状要素タイプ価格帯により、ハイエンドミッドレンジなどに種類分けされる。 ハイエンドCADでは、自動車航空機他、強い意匠性が求められる民生品設計用いられ、特に自動車車体部品Dassault Systems社のCATIAPTC社のPTC Creo Parametric (旧Pro/ENGINEER)、Siemens PLM Software社のNXの3製品シェア寡占している。 ミッドレンジCADでは、家電製品一般OA製品など分野で、量産前の試作回数減ら目的で普及めざましくSolidWorks社のSolidWorksオートデスク社のInventorシェア大部分確保している。また、一方で工作機械生産設備専用機など意匠性よりも性能精度開発期間重要視される分野でのミッドレンジCAD普及期入りつつあり、富士通(子会社のデジタルプロセス社)製のICAD/SXが国産のミッドレンジ3次元CADとして有名である近年ラピッドプロトタイピングである3Dプリンタ小型低価格進みミッドレンジ3Dプリンタ普及とともに上記のミッドレンジ3DCADソフトウェアRobert McNeel & Associates社のRhinoceros 3Dなどの普及製造業中心に急速に進み様々な用途使われている。 クラウドベースCADOnshapeAutodesk Fusion 360登場したボーイング777は、史上初めて機体の全設計を3次元機械CADによって行なったことでも知られている。 ソフトウェアモデリングNURBSへの変換パラメトリック (ヒストリー)ダイレクト (ノンヒストリー)クラスAサーフィスコンセプト (細分化曲面)T-スプラインメッシュから細分化曲面からCATIAYes Live Shape ? Imagine & Shape No ? ? Siemens NXYes Synchronous Modeling Yes Realize Shape No ? ? Autodesk Alias英語版)? Yes Yes Yes No ? ? Fusion 360Yes Yes ? ? Yes ? ? PTC CreoYes (Creo Direct) No Freestyle No ? ? Rhinoceros 3DGrasshopper (ノードベース) Yes No 7以降 No ? ToNURBS (7以降) ソフトウェアモデリング可視化板金設計ジェネラティブデザイン付加製造レンダリングVRCATIAGenerative Sheetmetal Design Generative Shape Design (3DEXPERIENCE DELMIA) CATIA Live Rendering ? Siemens NXNX Sheet Metal / NX Advanced Sheet Metal Yes ? Advanced StudioRay Traced Studio (NX Virtual Reality) Autodesk Alias英語版)? Dynamo統合 ? Yes Yes Fusion 360Yes (Generative Design Extension) (Fusion 360 Additive Build Extension) Yes ? PTC Creo? 7.0以降 (Creo Additive Manufacturing Extension) Creo Render Studio ? Rhinoceros 3D? Grasshopper ? Raytraced (RhinoCycles) ? ^ Freestyle OptimizerCATIA ICEM Shape Design Center (ICM)もある。またCATIA 5R16まではAutomotive Class-A (ACA)/Automotive Class-A Optimizer (ACO)が存在した。 ^ 以前はAlias SpeedFormがTスプライン対応していたものディスコンとなった。 ^ 以前はサードパーティー製プラグインにRhinoParametrics社製のRhinoParametricsやBricsys製のRhinoWorksが存在した。 ^ 以前はサードパーティー製プラグインVSR Shape Modeling存在したものの、開発元VSRAutodesk買収され開発終了となった。 ^ Rhinoceros 3D 6以前はサードパーティー製プラグインClayoo必要であった。 ^ NVIDIA Irayベース ^ NVIDIA Irayベース ^ Autodesk Raytracerベース ^ 買収したFrustum技術使用 ^ Luxion KeyShotベース

※この「3次元」の解説は、「CAD」の解説の一部です。
「3次元」を含む「CAD」の記事については、「CAD」の概要を参照ください。


3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 07:46 UTC 版)

位置」の記事における「3次元」の解説

3次元では、任意の3次元座標とそれに対応する基底ベクトル使用して空間内の点の位置定義することができる。位置座標表し方座標系という。よく使われるのは直交座標系であり、ほかに球面座標系円柱座標系使用されることもある。 r ( t ) ≡ r ( x , y , z ) ≡ x ( t ) e ^ x + y ( t ) e ^ y + z ( t ) e ^ z ≡ r ( r , θ , ϕ ) ≡ r ( t ) e ^ r ( θ ( t ) , ϕ ( t ) ) ≡ r ( r , θ , z ) ≡ r ( t ) e ^ r ( θ ( t ) ) + z ( t ) e ^ z ⋯ {\displaystyle {\begin{aligned}\mathbf {r} (t)&\equiv \mathbf {r} \left(x,y,z\right)\equiv x(t)\mathbf {\hat {e}} _{x}+y(t)\mathbf {\hat {e}} _{y}+z(t)\mathbf {\hat {e}} _{z}\\&\equiv \mathbf {r} \left(r,\theta ,\phi \right)\equiv r(t)\mathbf {\hat {e}} _{r}(\theta (t),\phi (t))\\&\equiv \mathbf {r} \left(r,\theta ,z\right)\equiv r(t)\mathbf {\hat {e}} _{r}(\theta (t))+z(t)\mathbf {\hat {e}} _{z}\\&\,\!\cdots \\\end{aligned}}} ここで t は媒介変数である。 これらの異な座標および対応する基底ベクトルは、同じ位置ベクトルを表す。より一般化した曲線座標英語版)を代わりに使用することができ、連続体力学や一相対性理論使われる後者の場合、追加時間座標必要とする)。

※この「3次元」の解説は、「位置」の解説の一部です。
「3次元」を含む「位置」の記事については、「位置」の概要を参照ください。


3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 02:06 UTC 版)

電磁場解析」の記事における「3次元」の解説

EMS (EMWorks社) ... 有限要素法 (FEM法) による解析SolidWorks完全アドイン。 EMPro (Agilent社) ... 有限要素法 (FEM法) および 時間領域差分法 (FDTD法) による解析。 HFSS (ANSYS社) ... 有限要素法 (FEM法) による解析CST Studio Suite (Dasssult Systems社) ... 有限積分法 (FIT法) および 完全境界近似法 (PBA法) による解析。 MagNet6 (Infolytica Corporation社) JMAG (JSOL社) FDTD Solutions (Lumerical Solutions社) FIDERITY (Zeland Software社) IE3D (Zeland Software社) KeyFDTD (科学技術研究所) XFDTD (Remcom社) Femtet (ムラタソフトウェア社)...有限要素法 (FEM法) による解析。 EMSolution(サイエンスソリューションズ社) PHOTO-Series(フォトンPoynting富士通) ... FDTD法による解析。 WIPL-D(WIPL-D(Japan), Inc.)(WIPL-D d.o.o) ... 有限要素法 (FEM法) による解析Qm (シフトロック) ... 磁気モーメント法による解析CEM One (日本イーエスアイ) ELF-Series (エルフ) Altair Feko (Altair社) ...MoM法、MLFMM法、FEM法FDTD法UTD法、PO法、RLGO法、ハイブリッド法 Altair Flux (Altair社) ...FEM法、PEEC法

※この「3次元」の解説は、「電磁場解析」の解説の一部です。
「3次元」を含む「電磁場解析」の記事については、「電磁場解析」の概要を参照ください。


3次元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 23:22 UTC 版)

運動量演算子」の記事における「3次元」の解説

3次元での導出は、1階偏微分代わりにナブラ用いられることを除いて1次元と同じようにできる。3次元のシュレーディンガー方程式平面波解は次のように書ける。 ψ = e i ( k ⋅ r − ω t ) {\displaystyle \psi =e^{i(\mathbf {k} \cdot \mathbf {r} -\omega t)}} また勾配は ∇ ψ = e x ∂ ψ ∂ x + e y ∂ ψ ∂ y + e z ∂ ψ ∂ z = i k x ψ e x + i k y ψ e y + i k z ψ e z = i ℏ ( p x e x + p y e y + p z e z ) ψ = i ℏ p ^ ψ {\displaystyle {\begin{aligned}\nabla \psi &=\mathbf {e} _{x}{\frac {\partial \psi }{\partial x}}+\mathbf {e} _{y}{\frac {\partial \psi }{\partial y}}+\mathbf {e} _{z}{\frac {\partial \psi }{\partial z}}\\&=ik_{x}\psi \mathbf {e} _{x}+ik_{y}\psi \mathbf {e} _{y}+ik_{z}\psi \mathbf {e} _{z}\\&={\frac {i}{\hbar }}\left(p_{x}\mathbf {e} _{x}+p_{y}\mathbf {e} _{y}+p_{z}\mathbf {e} _{z}\right)\psi \\&={\frac {i}{\hbar }}\mathbf {\hat {p}} \psi \end{aligned}}} ここで ex, eyez3次元空間での単位ベクトルであり、 p ^ = − i ℏ ∇ {\displaystyle \mathbf {\hat {p}} =-i\hbar \nabla } この運動量演算子位置空間存在する。なぜなら偏微分空間変数に対して行われるからである

※この「3次元」の解説は、「運動量演算子」の解説の一部です。
「3次元」を含む「運動量演算子」の記事については、「運動量演算子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「3次元」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「3次元」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「3次元」の関連用語

3次元のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3次元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの3次元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの線対称 (改訂履歴)、CAD (改訂履歴)、位置 (改訂履歴)、電磁場解析 (改訂履歴)、運動量演算子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS