分子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 分子 > 分子の意味・解説 

ぶん‐し【分子】

読み方:ぶんし

原子結合体で、その物質の化学的性質失わない最小の構成単位一つ原子よりなる単原子分子ヘリウムなど)、二原子分子水素・酸素・窒素など)、三原子分子二酸化炭素など)から、数千数万原子よりなる高分子まであり、主に共有結合結び付いている。

団体構成している各個人。集団構成員成員。「不平―を除く」

ある性質様相形成している一部分

変化則ち文学以外の―なり」〈子規芭蕉雑談

分数または分数式で、割られるほうの数や整式。⇔分母


分子

分子とは、分数分数式で、わられる数や式のことである。

[数式]の分子は3である。

参考

分子(ぶんし)

その物質の性質を示す最小単位微粒子のことで、原子構成されている。一つの分子がどういう種類原子何個からできているかを示したのが分子式である。

分子

読み方:ぶんこ

  1. 博徒仲間ノ乾分其他配下人、下廻役ナド。〔第二類 人物風俗
  2. 博徒無頼漢香具師仲間の子分、其他下廻役等を云ふ。「子分」の転換
  3. やくざ仲間の子分をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 19:30 UTC 版)

分子(ぶんし、: molecule)とは、2つ以上の原子から構成される電荷的に中性な物質を指す。厳密には、分子は少なくとも1つ以上の振動エネルギー準位を持つほどに充分に深いエネルギーポテンシャル表面のくぼみを共有する原子の集まりを指す[4]。この基準を満たすイオンは、文脈によって含まれる場合もあれば含まれない場合もある[5][6][7][8][9]量子物理学有機化学生化学の分野では、イオンとの区別をせず、多原子イオンを指して分子が使われることが多い。


  1. ^ Iwata, Kota; Yamazaki, Shiro; Mutombo, Pingo; Hapala, Prokop; Ondráček, Martin; Jelínek, Pavel; Sugimoto, Yoshiaki (2015). “Chemical structure imaging of a single molecule by atomic force microscopy at room temperature”. Nature Communications 6: 7766. Bibcode2015NatCo...6.7766I. doi:10.1038/ncomms8766. PMC 4518281. PMID 26178193. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4518281/. 
  2. ^ Dinca, L.E.; De Marchi, F.; MacLeod, J.M.; Lipton-Duffin, J.; Gatti, R.; Ma, D.; Perepichka, D.F.; Rosei, F. (2015). “Pentacene on Ni(111): Room-temperature molecular packing and temperature-activated conversion to graphene”. Nanoscale 7 (7): 3263–9. Bibcode2015Nanos...7.3263D. doi:10.1039/C4NR07057G. PMID 25619890. 
  3. ^ Hapala, Prokop; Švec, Martin; Stetsovych, Oleksandr; Van Der Heijden, Nadine J.; Ondráček, Martin; Van Der Lit, Joost; Mutombo, Pingo; Swart, Ingmar et al. (2016). “Mapping the electrostatic force field of single molecules from high-resolution scanning probe images”. Nature Communications 7: 11560. Bibcode2016NatCo...711560H. doi:10.1038/ncomms11560. PMC 4894979. PMID 27230940. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4894979/. 
  4. ^ a b IUPAC. Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book"). Compiled by A. D. McNaught and A. Wilkinson. Blackwell Scientific Publications, Oxford (1997). XML on-line corrected version: http://goldbook.iupac.org (2006-) created by M. Nic, J. Jirat, B. Kosata; updates compiled by A. Jenkins. ISBN 0-9678550-9-8. doi:10.1351/goldbook.M04002.
  5. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "Molecule".
  6. ^ Ebbin, Darrell D. (1990). General Chemistry (3rd ed.). Boston: Houghton Mifflin Co.. ISBN 978-0-395-43302-7 
  7. ^ Brown, T.L.; Kenneth C. Kemp; Theodore L. Brown; Harold Eugene LeMay; Bruce Edward Bursten (2003). Chemistry – the Central Science (9th ed.). New Jersey: Prentice Hall. ISBN 978-0-13-066997-1. https://archive.org/details/studentlectureno00theo 
  8. ^ Chang, Raymond (1998). Chemistry (6th ed.). New York: McGraw Hill. ISBN 978-0-07-115221-1. https://archive.org/details/chemistry00chan_0 
  9. ^ Zumdahl, Steven S. (1997). Chemistry (4th ed.). Boston: Houghton Mifflin. ISBN 978-0-669-41794-4 
  10. ^ Chandra, Sulekh (2005). Comprehensive Inorganic Chemistry. New Age Publishers. ISBN 978-81-224-1512-4 
  11. ^ "Molecule". Encyclopædia Britannica. 22 January 2016. 2020年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月23日閲覧
  12. ^ Harper, Douglas. "molecule". Online Etymology Dictionary. 2016年2月22日閲覧
  13. ^ "molecule". Merriam-Webster. 2021年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月22日閲覧
  14. ^ Molecule Definition Archived 13 October 2014 at the Wayback Machine. (Frostburg State University)
  15. ^ 「現代化学史 原子・分子の化学の発展」p45 廣田襄 京都大学学術出版会 2013年10月5日初版第1刷
  16. ^ Ley, Willy (June 1966). “The Re-Designed Solar System”. Galaxy Science Fiction: 94–106. https://archive.org/stream/Galaxy_v24n05_1966-06#page/n93/mode/2up. 
  17. ^ Avogadro, Amedeo (1811). “Masses of the Elementary Molecules of Bodies”. Journal de Physique 73: 58–76. オリジナルの12 May 2019時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190512182624/http://web.lemoyne.edu/~giunta/avogadro.html 2022年8月25日閲覧。. 
  18. ^ Seymour H. Mauskopf (1969). “The Atomic Structural Theories of Ampère and Gaudin: Molecular Speculation and Avogadro's Hypothesis”. Isis 60 (1): 61–74. doi:10.1086/350449. JSTOR 229022. 
  19. ^ Perrin, Jean, B. (1926). Discontinuous Structure of Matter Archived 29 May 2019 at the Wayback Machine., Nobel Lecture, December 11.
  20. ^ Heitler, Walter; London, Fritz (1927). “Wechselwirkung neutraler Atome und homöopolare Bindung nach der Quantenmechanik”. Zeitschrift für Physik 44 (6–7): 455–472. Bibcode1927ZPhy...44..455H. doi:10.1007/BF01397394. 
  21. ^ Pauling, Linus (1931). “The nature of the chemical bond. Application of results obtained from the quantum mechanics and from a theory of paramagnetic susceptibility to the structure of molecules”. J. Am. Chem. Soc. 53 (4): 1367–1400. doi:10.1021/ja01355a027. 
  22. ^ Harry, B. Gray. Chemical Bonds: An Introduction to Atomic and Molecular Structure. pp. 210–211. オリジナルの31 March 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210331062040/https://authors.library.caltech.edu/105209/15/TR000574_06_chapter-6.pdf 2021年11月22日閲覧。 
  23. ^ How many gold atoms make gold metal?” (英語). phys.org. 2020年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月22日閲覧。
  24. ^ Campbell, Neil A.; Brad Williamson; Robin J. Heyden (2006). Biology: Exploring Life. Boston: Pearson Prentice Hall. ISBN 978-0-13-250882-7. オリジナルの2 November 2014時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141102041816/http://www.phschool.com/el_marketing.html 2012年2月5日閲覧。 
  25. ^ Campbell, Flake C. (2008) (英語). Elements of Metallurgy and Engineering Alloys. ASM International. ISBN 978-1-61503-058-3. オリジナルの31 March 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210331062041/https://books.google.com/books?id=6VdROgeQ5M8C&q=ionic+bonding+-wikipedia&pg=PA7 2020年10月27日閲覧。 
  26. ^ Roger L. DeKock; Harry B. Gray; Harry B. Gray (1989). Chemical structure and bonding. University Science Books. p. 199. ISBN 978-0-935702-61-3. オリジナルの31 March 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210331062042/https://books.google.com/books?id=q77rPHP5fWMC&pg=PA199 2020年10月27日閲覧。 
  27. ^ Chang RL; Deen WM; Robertson CR; Brenner BM (1975). “Permselectivity of the glomerular capillary wall: III. Restricted transport of polyanions”. Kidney Int. 8 (4): 212–218. doi:10.1038/ki.1975.104. PMID 1202253. 
  28. ^ Chang RL; Ueki IF; Troy JL; Deen WM; Robertson CR; Brenner BM (1975). “Permselectivity of the glomerular capillary wall to macromolecules. II. Experimental studies in rats using neutral dextran”. Biophys. J. 15 (9): 887–906. Bibcode1975BpJ....15..887C. doi:10.1016/S0006-3495(75)85863-2. PMC 1334749. PMID 1182263. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1334749/. 
  29. ^ Wink, Donald J.; Fetzer-Gislason, Sharon; McNicholas, Sheila (2003) (英語). The Practice of Chemistry. Macmillan. ISBN 978-0-7167-4871-7. オリジナルの10 April 2022時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220410070618/https://books.google.com/books?id=6wUmteTIc18C&q=empirical+formula&pg=PA288 2020年10月27日閲覧。 
  30. ^ ChemTeam: Empirical Formula”. www.chemteam.info. 2021年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月16日閲覧。
  31. ^ Hirsch, Brandon E.; Lee, Semin; Qiao, Bo; Chen, Chun-Hsing; McDonald, Kevin P.; Tait, Steven L.; Flood, Amar H. (2014). “Anion-induced dimerization of 5-fold symmetric cyanostars in 3D crystalline solids and 2D self-assembled crystals”. Chemical Communications 50 (69): 9827–30. doi:10.1039/C4CC03725A. PMID 25080328. オリジナルの31 March 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210331062049/https://zenodo.org/record/889879 2018年4月20日閲覧。. 
  32. ^ Zoldan, V. C.; Faccio, R; Pasa, A.A. (2015). “N and p type character of single molecule diodes”. Scientific Reports 5: 8350. Bibcode2015NatSR...5E8350Z. doi:10.1038/srep08350. PMC 4322354. PMID 25666850. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4322354/. 
  33. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "Spectroscopy".
  34. ^ Anderson JB (May 2004). “Comment on "An exact quantum Monte Carlo calculation of the helium-helium intermolecular potential" [J. Chem. Phys. 115, 4546 (2001)]”. J Chem Phys 120 (20): 9886–7. Bibcode2004JChPh.120.9886A. doi:10.1063/1.1704638. PMID 15268005. 



分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/16 14:11 UTC 版)

高次フラーレン」の記事における「分子」の解説

化学式CAS登録番号Nis分子対称性C60 99685-96-8 1 Ih C70 115383-22-7 1 D5h C72 1 D6h C74 1 D3h C76 135113-15-4 2 D2* C78 136316-32-0 5 D2v C80 136316-32-0 7 C82 136316-32-0 9 C2, C2v, C3v C84 135113-16-5 24 D2*, D2d C86 135113-16-5 19 C88 135113-16-5 35 C90 135113-16-5 46 C3996 175833-78-0 表中でNISは、フラーレン中で五角形の面同士隣合わないというルールの中でありうる同位体の数を表している。対称性は、実験的に最も量の多いものを示した。*の記号は、2つ以上のキラル型で対称性を持つことを意味する

※この「分子」の解説は、「高次フラーレン」の解説の一部です。
「分子」を含む「高次フラーレン」の記事については、「高次フラーレン」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 03:27 UTC 版)

ビタミンB12全合成」の記事における「分子」の解説

ビタミンB12コバラミン)の分子の中心となるのはコバルトイオンを中心とするコリン構造図中の赤い部分)である。異なコバルト配位子結合したビタミンいくつかあるが、ビタミンB12全合成対象となるのはシアノイオンを配位子とするシアノコバラミンである。コリンの環のふちにはメチル基(8)アミド基(6)C1C2間をあけるようにつながっている。7個目アミド基イソプロパノール基、リン酸基リボース基とジメチルベンズイミダゾール基によってN-アルキル化している。イミダゾール上の窒素原子一つはコバルト5番目の配位子となる。全部で不斉中心となる炭素原子が9個あり、合成がより困難になっている。 ビタミンB12概観

※この「分子」の解説は、「ビタミンB12全合成」の解説の一部です。
「分子」を含む「ビタミンB12全合成」の記事については、「ビタミンB12全合成」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 23:15 UTC 版)

C70フラーレン」の記事における「分子」の解説

C70分子は、D5h対称性持ち37の面を持つ。構造C60分子と類似しているが、赤道部分6つ六角形でできた帯を持つ。分子内結合長は、0.137から0.146 nm範囲で8種類ある。各々の炭素原子は、他の3つの原子共有結合している。 C70は、可逆の一電子還元により、C706-となるが、酸化不可逆である。最初の還元には~1.0V(Fc/Fc+)が必要でC70電子受容体であることを示している

※この「分子」の解説は、「C70フラーレン」の解説の一部です。
「分子」を含む「C70フラーレン」の記事については、「C70フラーレン」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 07:52 UTC 版)

複合粒子」の記事における「分子」の解説

分子は、物質物理的特性保ちながら非素粒子分解される最小の粒子である。分子の各種類は特定の化合物対応する。分子は2つ以上の原子から構成される詳細化合物一覧を参照のこと。

※この「分子」の解説は、「複合粒子」の解説の一部です。
「分子」を含む「複合粒子」の記事については、「複合粒子」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 16:59 UTC 版)

フントの最大多重度の規則」の記事における「分子」の解説

最も安定な分子は閉じた電子殻を持つものの、いくつかの分子はフント原子適用できる不対電子有する最も重要な例は二酸素分子O2であり、2個の電子のみによって占有され2つ縮退したπ反結合性分子オービタル(π*)を有するフントの規則に従って基底状態単独で占有されオービタル中の2個の不対電子を持つ三重項酸素である。1つ二重に占有されたπ*オービタル1つ空のπ*オービタルを持つ一重項酸素状態は、基底状態異な化学的性質より大きな反応性を持つ励起状態である。

※この「分子」の解説は、「フントの最大多重度の規則」の解説の一部です。
「分子」を含む「フントの最大多重度の規則」の記事については、「フントの最大多重度の規則」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/01 01:55 UTC 版)

配位構造」の記事における「分子」の解説

一原子周り配位子がとる構造は、中心原子周り原子団によって一定の幾何学的パターンを持つ。

※この「分子」の解説は、「配位構造」の解説の一部です。
「分子」を含む「配位構造」の記事については、「配位構造」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 06:40 UTC 版)

一酸化ケイ素」の記事における「分子」の解説

二酸化ケイ素ケイ素とともに加熱すると、気体一酸化ケイ素生成されるSiO 2   + Si ⟶ 2 SiO {\displaystyle {\ce {SiO2\ +Si->2SiO}}} 原料二酸化ケイ素は、鉱石鉱物から分離されるまた、二酸化ケイ素水素分子や一酸化炭素高温還元することによっても一酸化ケイ素生成するSiO 2   + H 2SiO   + H 2 O {\displaystyle {\ce {SiO2\ +H2->SiO\ +H2O}}} 2 SiOSiO 2   + Si {\displaystyle {\ce {2SiO->SiO2\ +Si}}}

※この「分子」の解説は、「一酸化ケイ素」の解説の一部です。
「分子」を含む「一酸化ケイ素」の記事については、「一酸化ケイ素」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 23:50 UTC 版)

ヘリウム二量体」の記事における「分子」の解説

分子軌道法基づくと、原子間の化学結合形成できずHe2存在しないはずである。しかし、液体ヘリウム存在見られるように、ヘリウム原子間にファンデルワールス力存在し、ある原子間距離範囲引力斥力上回るそのため、ファンデルワールス力結合した2つヘリウム原子からなる分子が存在しうるこの分子の存在1928年John Clarke Slaterにより提唱された。 He2は、5200 pmという結合長長さのため、基底状態既知の最も大きな二原子分子である。結合エネルギーはわずか1.3 mK(10-7eV、1.1×10-5 kcal/mol、150nano eV)であり、水素分子共有結合と比べて結合強さ5000倍弱い。 63.86 eVエネルギー単一光子により、二量体両方ヘリウム原子イオン化されうる。これは、光子1つ原子から1つ電子放出させ、その電子もう一方ヘリウム原子衝突してイオン化させるためと説明されている。2つヘリウム陽イオン反発し、同じ速度反対方向に飛んでいく

※この「分子」の解説は、「ヘリウム二量体」の解説の一部です。
「分子」を含む「ヘリウム二量体」の記事については、「ヘリウム二量体」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 07:47 UTC 版)

星間分子の一覧」の記事における「分子」の解説

下の表では検出され星間分子構成原子数ごとに分けてリストアップしている。分子の列に記入がないものはイオンだけが検出されていることを示す。名称の列に記入のないものはこれまでに科学文献で名称が与えられていない分子である。(和名は日本語において慣用的用いられるものを示した。) なお、存在量としては水素分子圧倒的に多く次いでCO一酸化炭素)、H2O(水)NH3アンモニア)、HCHOホルムアルデヒド)、HCNシアン化水素)の順で多い。

※この「分子」の解説は、「星間分子の一覧」の解説の一部です。
「分子」を含む「星間分子の一覧」の記事については、「星間分子の一覧」の概要を参照ください。


分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 06:24 UTC 版)

エネルギー準位」の記事における「分子」の解説

大まかに言えば、分子のエネルギー状態(即ち分子ハミルトニアン固有状態)は電子振動回転変換成分の和である。即ち E = E e l e c t r o n i c + E v i b r a t i o n a l + E r o t a t i o n a l + E n u c l e a r + E t r a n s l a t i o n a l {\displaystyle E=E_{\mathrm {electronic} }+E_{\mathrm {vibrational} }+E_{\mathrm {rotational} }+E_{\mathrm {nuclear} }+E_{\mathrm {translational} }} ここで E e l e c t r o n i c {\displaystyle E_{\mathrm {electronic} }} は分子の平衡構造での電子分子ハミルトニアン固有値ポテンシャルエネルギー面の値)。 分子のエネルギー準位は分項記号によって分類されるこれらの成分固有エネルギー固有エネルギー態と物質によって異なる分子物理学量子化学において、エネルギー準位束縛された量子力学状態の量子化されたエネルギーを指す。

※この「分子」の解説は、「エネルギー準位」の解説の一部です。
「分子」を含む「エネルギー準位」の記事については、「エネルギー準位」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「分子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

分子

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 12:19 UTC 版)

名詞

(ぶんし)

  1. 数学分数表記するとき、括線の上方書かれる数。分数による割り算において、分割するべきものの個数割られる数。
  2. 化学物質構成する粒子で、物質化学的性質有する最小の単位一般に共有結合によって結合した粒子を指すが、希ガス元素などでは原子1つで分子を成す。
  3. 中国語からの輸入政治的グループ、または一般的にグループ社会の中の一部の人。

発音(?)

ぶ↘んし

関連語

数学の分子
化学の分子

訳語

数学の分子
化学の分子
構成員

「分子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




分子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分子」の関連用語

分子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2023 数理検定協会 All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2023 Japan Sake Brewers Association
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高次フラーレン (改訂履歴)、ビタミンB12全合成 (改訂履歴)、C70フラーレン (改訂履歴)、複合粒子 (改訂履歴)、フントの最大多重度の規則 (改訂履歴)、配位構造 (改訂履歴)、一酸化ケイ素 (改訂履歴)、ヘリウム二量体 (改訂履歴)、星間分子の一覧 (改訂履歴)、エネルギー準位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS