チベットとは? わかりやすく解説

チベット


チベット

チベット
Tibet
1840年アヘン戦争以来当時イギリスはたびたびチベットに侵攻する。1949年中国
人民解放軍勝利をおさめ、中華人民共和国建国される1951年中央政府とチベット
地方政府との間で和平への取り決め調印される1965年中国政府により
チベット自治区成立した
通貨単位15 Skar 1-1/2 Sho = 1 Tangka
10 Sho = 1 Srang
マップ
1 SHO (1918-1928)
7 1/2 SKAR (1918-1922)

チベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 10:18 UTC 版)

チベット英語:Tibet, チベット文字བོད་ワイリー方式bod, 発音 [pʰø̀ʔ], 簡体字: 藏区 , 拼音: Zàngqū)は、東経77から105度、北緯27から40度に至る地域を占め、南はヒマラヤ山脈、北は崑崙山脈、東は邛崍山脈に囲まれた地域、およびこの地域に成立した国家政権民族言語等に対して使用される呼称。


注釈

  1. ^ 雍正のチベット分割を参照。
  2. ^ 中国では通常この範囲を「蔵区」、「蔵族地区」、「西蔵和其他蔵区」と呼ぶが、この範囲を単一の行政区画とするよう求めるチベット亡命政府やダライラマを批難、批判する場合には「大チベット区」という用語が用いられている。2-2節参照。[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 1998年2月23日から27日にかけてマレーシアのクチンで開催された第4回会議。
  4. ^ 書類には輸送物が中国語で「川の沈泥」を意味する「ヘニ」と記載されていた。
  5. ^ 甘粛省投棄センターの容量は、当初、6万立方メートルだったが、20万立方メートルにまで拡張された。中国核国営公社のユー・ディリャンは甘粛省投棄センター建設費は100億元(12億5千万ドル)になると語っている。
  6. ^ ダプチ刑務所の北西3.5キロ、セラ僧院の西わずか1キロの位置にある[18]
  7. ^ 北緯37.26度 東経95.08度[19][20]
  8. ^ 北緯37.50度、東経95.18度[19]
  9. ^ ツァイダム南東217キロメートル、北緯36.6度、東経97.12度に位置する。
  10. ^ 2008年4月29日チベット亡命政府発表。死者数については、亡命政府の集計とともに、NGOのチベット人権民主化センターの発表(死者数114人)、中国国営メディア(死者数23人)、米政府系のラジオ・フリー・アジアの発表(死者数237人)などの5団体の内容を照合した[22]
  11. ^ en:Tom Lantos Human Rights Commission
  12. ^ 出演:ダドゥン、ジャンパ・ケルサン。公式サイト:映画『風の馬』
  13. ^ 原題は「Flucht über den Himalaya」(ドイツ語)、監督Maria Blumencron。

出典

  1. ^ 『元史』、『明史』、『庭聞録』等。詳細は準備中
  2. ^ 圖博(西藏) |台灣人權促進會 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ ペマギャルポ「中国が隠し続けるチベットの真実」扶桑社,38頁
  4. ^ a b 多田等観『多田等観:チベット大蔵経にかけた生涯』春秋社、2005年8月、pp.217-355(多田明子・山口瑞鳳、2005、pp.233)
  5. ^ 2012 年「西藏自治区統計年鑑
  6. ^ 朝日新聞2008年3月14日
  7. ^ フランソワーズ・ポマレ「チベット」創元社、2003年、103頁
  8. ^ a b “中国にチベット政策の改善要求 米報道官 僧侶らの焼身自殺相次ぐ”. MSN産経ニュース. (2011年11月5日). オリジナルの2011年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2011-1106-0118-04/sankei.jp.msn.com/world/news/111105/chn11110512340002-n1.htm 
  9. ^ ウィーン宣言及び行動計画、第1部第11項
  10. ^ a b チベットの核”. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。
  11. ^ 1984年2月18日、「ワシントン・ポスト」
  12. ^ 1991年4月18日、新華社通信
  13. ^ インターナショナル・キャンペーン・フォア・チベット発「核とチベット」による[要文献特定詳細情報]
  14. ^ 1993年11月10日付のロイター通信
  15. ^ 1995年7月19日付の新華社通信
  16. ^ 1997年5月28日付AFPの報道
  17. ^ チベット国際キャンペーン 『チベットの核 チベットにおける中国の核兵器』ペマ・ギャルポ監訳、金谷譲訳、日中出版〈チベット選書〉、2000年11月。ISBN 4-8175-1250-4 
  18. ^ チベットの核汚染-チベットの核兵器”. 2019年4月16日閲覧。
  19. ^ a b Da Qaidam - China Nuclear Forces”. GrobalSecurity.org. 2019年4月16日閲覧。
  20. ^ Xiao Qaidam - China Nuclear Forces”. Federation of American Scientists. 2019年4月16日閲覧。
  21. ^ John Pike. “Delingha - China Nuclear Forces”. Globalsecurity.org. 2012年9月1日閲覧。
  22. ^ 朝日新聞2008年4月29日、小暮哲夫「チベット騒乱「死者203人」 亡命政府が発表」
  23. ^ CNN2008年3月16日記事
  24. ^ 産経新聞 2009年1月19日
  25. ^ “チベット自治区:3月28日を「農奴解放記念日」に制定”. サーチナ. (2009年1月19日). オリジナルの2013年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/4C903 2010年6月18日閲覧。 
  26. ^ 「農奴解放記念日」は真実を歪曲する試み - チベット亡命政府”. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 (2009年1月20日). 2019年4月16日閲覧。
  27. ^ “チベット族生徒数千人が中国語教育に抗議デモ 青海省で”. MSN産経ニュース. (2010年10月20日). オリジナルの2011年2月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110211055434/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110121/chn11012109350042-n1.htm 2019年4月16日閲覧。 
  28. ^ 四川省のチベット寺院で衝突か、若い僧侶の焼身自殺がきっかけ”. サーチナ (2011年4月17日). 2012年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  29. ^ 矢板明夫 (2011年11月26日). “相次ぐチベット僧侶自殺を憂う”. msn産経ニュース. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304122858/http://sankei.jp.msn.com/world/news/111126/chn11112612010000-n1.htm 
  30. ^ 中国国営新華社通信。[要文献特定詳細情報]
  31. ^ 相次ぐチベット僧の焼身自殺、ダライ氏らを批判―人民日報”. サーチナ (2011年11月25日). 2011年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  32. ^ チベット僧の焼身自殺:中国が英国紙に抗議「歪曲報道だ」”. サーチナ (2011年11月29日). 2011年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月16日閲覧。
  33. ^ a b c d e 古森義久 (2011年11月5日). “ワシントン・古森義久 チベットへの弾圧、米議会が糾弾”. msn産経ニュース. オリジナルの2011年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2011-1106-0119-32/sankei.jp.msn.com/world/news/111105/chn11110507530000-n1.htm 
  34. ^ “僧侶ら2人焼身自殺図る チベット族、計14人に 中国政府統治に抗議”. msn産経ニュース. (2012年1月7日). オリジナルの2012年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2012-0107-1600-24/sankei.jp.msn.com/world/news/120107/chn12010714310003-n1.htm 2012年1月7日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f g 有本香チベットがいま、燃えている」『WEDGE INFINITY』2012年1月31日。
  36. ^ a b c d e f g h i j 福島香織「今チベットで何が起こっているのか知ってほしい 抗議デモへの無差別発砲に日本政府は沈黙」日経ビジネスオンライン2012年2月1日記事。
  37. ^ One Tibetan shot dead, many more injured in Draggo”. Free Tibet. 2019年4月16日閲覧。
  38. ^ a b c 有本香チベット人の正月は中国の正月にあらず」『WEDGE INFINITY』2012年1月25日。
  39. ^ a b チベット人の抗議デモに中国警察が発砲、死傷者多数=当局は通信遮断を敢行(tonbani)”. KINBRICKS NOW (2012年1月24日). 2019年4月16日閲覧。
  40. ^ “四川炉霍県発生聚集、打砸事件”. 新華網. (2012年1月24日). オリジナルの2012年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120127130520/http://news.xinhuanet.com:80/local/2012-01/24/c_111459984.htm 
  41. ^ “「真実歪曲」と中国 チベット族と警察衝突で”. msn産経ニュース. (2012年1月24日). オリジナルの2012年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/jWNr 
  42. ^ チベット人の抗議デモと発砲事件=セルタ、タンゴ、ンガバの現状(tonbani)”. KINBRICKS NOW (2012年1月26日). 2019年4月17日閲覧。
  43. ^ “米国務次官、チベット情勢で中国を批判「深刻な懸念」”. msn産経ニュース. (2012年1月25日). オリジナルの2012年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/oY03 
  44. ^ 成田安輝(なりた あんき)とは”. コトバンク. 2019年4月17日閲覧。
  45. ^ a b c 関岡英之 『帝国陸軍見果てぬ「防共回廊」』祥伝社、2010年。ISBN 9784396613594 [要ページ番号]
  46. ^ ロバート・サーマン『なぜダライ・ラマは重要なのか』(講談社,2008年)の紹介文
  47. ^ 対談 「チベットの今と私たち」 ペマ・ギャルポ×中沢新一 (下):”. Professor PEMA News and Views ペマ・ギャルポ. 2019年4月17日閲覧。
  48. ^ 農奴 - Movie Walker
  49. ^ 看不见的西藏~唯色: 重又放映《农奴》,又能洗脑多少?”. 2019年4月17日閲覧。 翻訳は 「チベットNOW@ルンタ」2011年5月21日記事 および 「KINBRICKS NOW」2011年5月24日記事
  50. ^ 映画『雪の下の炎』公式サイト”. 2019年4月17日閲覧。
  51. ^ “Sharon Stone: Was China quake 'bad karma?'”. Associated Press. オリジナルの2008年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080601081422/http://ap.google.com/article/ALeqM5gMBwAZGV9myQXcApApwJgIyulJ0gD90UIQ8O0 
  52. ^ Sharon Stone calls China quakes "karma" for tibetans. YouTube. http://www.youtube.com/watch?v=BcRiAytaD6w 2010年1月24日閲覧。 [リンク切れ]
  53. ^ “シャロン・ストーンさんに批判集中 地震とチベット問題絡め”. msn産経ニュース. (2008年5月26日). オリジナルの2008年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2008-0527-0040-55/sankei.jp.msn.com/world/china/080526/chn0805262340012-n1.htm 
  54. ^ “Anger over star's quake remarks”. BBC. (2008年5月28日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7423089.stm 
  55. ^ The New York Times / The Associated Press: Sharon Stone: Was China quake 'bad karma?' (May 28, 2008, 12:56 a.m. ET)[リンク切れ]
  56. ^ “女優S・ストーン「地震は報い」発言謝罪も、中国人90%は「受け入れず」”. AFPBB News. (2008年5月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/2398201 
  57. ^ “Actress Stone and Dior Differ Over Apology”. The New York Times. (2008年6月1日). https://www.nytimes.com/2008/06/01/fashion/01stone.html 
  58. ^ ““兵庫のチベット”三田はなぜ冷える? 県内最低値の日数は6割超(神戸新聞)”. 神戸新聞NEXT. (2019年2月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201902/0012060070.shtml 


「チベット」の続きの解説一覧

チベット(作法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:30 UTC 版)

紅茶」の記事における「チベット(作法)」の解説

中国雲南省などで作られる磚茶たんちゃ茶葉蒸して固形化した黒茶一種)を煮出したものに、バター岩塩、プンドを、ドンモやチャイドンと呼ばれる筒形容器入れ攪拌して作るバター茶とも呼ばれチベットで重要なビタミンC摂取源である。どちらかというと味はスープに近く主食ツァンパを練るのにも使う。モンゴルブータンネパールなどでも同様の習慣がある。

※この「チベット(作法)」の解説は、「紅茶」の解説の一部です。
「チベット(作法)」を含む「紅茶」の記事については、「紅茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「チベット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

チベット

出典:『Wiktionary』 (2021/03/02 07:37 UTC 版)

固有名詞

  1. (地理) チベット語チベット仏教定着している地域民族
  2. (政治) 上記のうち、中華人民共和国実効支配している地域チベット自治区)。

「チベット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チベットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チベットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2022, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチベット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの紅茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチベット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS