インド亜大陸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 大陸 > インド亜大陸の意味・解説 

インド‐あたいりく【インド亜大陸】

読み方:いんどあたいりく

インド半島」に同じ。→亜大陸


インド亜大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 15:10 UTC 版)

インド亜大陸(インドあたいりく、ヒンディー語: भारतीय उपमहाद्वीप英語: Indian subcontinent)は、インド半島ともいい、南アジアインドバングラデシュパキスタンネパールブータンなどの国々を含む亜大陸半島。かつては独立したインド大陸であった。




「インド亜大陸」の続きの解説一覧

インド亜大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 08:02 UTC 版)

ヒンドゥスターン」の記事における「インド亜大陸」の解説

最も広義には、インド亜大陸全域意味する

※この「インド亜大陸」の解説は、「ヒンドゥスターン」の解説の一部です。
「インド亜大陸」を含む「ヒンドゥスターン」の記事については、「ヒンドゥスターン」の概要を参照ください。


インド亜大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:41 UTC 版)

灌漑」の記事における「インド亜大陸」の解説

パキスタンおよび北インドインダス文明洗練された灌漑貯水システム発展させ、紀元前3千年ごろため池紀元前2600年ごろの用水路などが見つかっている。大規模農業が行われ、灌漑用用水路ネットワーク張り巡らされていた。 近世になり英領インドでは、1842年から12年歳月かけ上ガンジス運河開削し、ドアブ地方一大穀倉地帯へと発展させた。このガンジス川利用した大規模灌漑用水路インド独立後継承され、現在でも新規プロジェクト展開されている。ガンジス用水路北インド主体行われたが、南インドでは1898年来日したマイソール藩王国大臣モークシャグンダム・ヴィシュヴェーシュヴァライヤインド初の計画経済開発唱えたインドのための計画経済に基づき独自に灌漑事業実施したスリランカでは紀元前300年ごろから灌漑始まりその後千年以上に渡って開発が行われたため、古代世界でも最も複雑な灌漑システムとなった地下水路(ビソーコトゥワ)だけでなく、シンハラ人貯水のための人工的なため池(パタハ)も作った灌漑面では非常に優れた技能発揮しており、アヌラーダプラポロンナルワでは古代からの灌漑システム今も機能している。中世の王 Parakrama Bahu (1153–1186) の時代灌漑システム修復拡張が行われている。

※この「インド亜大陸」の解説は、「灌漑」の解説の一部です。
「インド亜大陸」を含む「灌漑」の記事については、「灌漑」の概要を参照ください。


インド亜大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 13:24 UTC 版)

マハーラージャ」の記事における「インド亜大陸」の解説

マハーラージャ シク王国建てたマハーラージャランジート・シングゴンダル (en) のマハーラージャ・バグワット・シング (en)。 コーチ朝 (Koch dynasty) のマハーラージャ・ヌリペーンドラ・ナーラーヤン (en)。 バローダのマハーラージャ・サーヤージー・ラーオ・ガーイクワード3世 (en)。

※この「インド亜大陸」の解説は、「マハーラージャ」の解説の一部です。
「インド亜大陸」を含む「マハーラージャ」の記事については、「マハーラージャ」の概要を参照ください。


インド亜大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 18:55 UTC 版)

バングー」の記事における「インド亜大陸」の解説

インド亜大陸ではバングー酩酊催させる目的で世紀にもわたり使用されてきた。インドネパールでは例えホーリーやシヴァラトリといったヒンドゥー教祭りにおいてバングー配られ人々摂取する様子目にすることができる。

※この「インド亜大陸」の解説は、「バングー」の解説の一部です。
「インド亜大陸」を含む「バングー」の記事については、「バングー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インド亜大陸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「インド亜大陸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



インド亜大陸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インド亜大陸」の関連用語

インド亜大陸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インド亜大陸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインド亜大陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒンドゥスターン (改訂履歴)、灌漑 (改訂履歴)、マハーラージャ (改訂履歴)、バングー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS