和平とは? わかりやすく解説

わ‐へい【和平】

読み方:わへい

[名・形動

人や国が争いをやめて仲直りし平和になること。「—の道をさぐる」「—交渉

世の中気候などが穏やかであること。また、そのさま。

湿気炎熱為に気候最も良好ならざるなり」〈日本風備考


和平

名字 読み方
和平わだいら、わひら
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

和平

読み方
和平わだいら
和平わひら
和平わへい

和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 04:53 UTC 版)

和平(わへい)




「和平」の続きの解説一覧

和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 03:35 UTC 版)

アチェ統治法」の記事における「和平」の解説

ユドヨノ政権下の2004年12月スマトラ島沖地震発生したことが和平の切っ掛けとなったこの地震によるアチェ州被害死者128000人、行方不明者37千人、被災者100万人とされており、インドネシア政府当時スウェーデンに亡命していたGAM国際社会からの復興支援活動促進させるため、非公式にだが停戦することに合意した。フィンランドNGOクライシス・マネジメント・イニシアティブ(英語版) (CMI) の代表でフィンランド前大統領当時)のマルティ・アハティサーリ仲介しヘルシンキ和平交渉が行われた。2005年1月から7月にかけて5回の会談が行われ、5月にはアチェ州民間非常事態が解除された。8月15日、「インドネシア共和国アチェ自由運動との間における合意に関する覚書」(ヘルシンキ和平合意)が調印された。これによりアチェ紛争終結しGAM独立要求撤回した地方政党設立する権利確約され、アチェ州には強力な自治権認められたまた、和平合意第1条1項2006年3月31日までにアチェ統治法制定施行することが定められた9月15日には和平合意第5条定められたアチェ監視団EUノルウェースイスブルネイマレーシアフィリピンシンガポールタイによって設置され和平合意条項実施されていった

※この「和平」の解説は、「アチェ統治法」の解説の一部です。
「和平」を含む「アチェ統治法」の記事については、「アチェ統治法」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 21:01 UTC 版)

ネパール共産党 (毛沢東主義派中央)」の記事における「和平」の解説

6月には政党による政府マオイストの「人民政府」が合同し暫定政府建設されることが決定した11月8日政府マオイストは「恒久平和実現向けた合意文書」に署名2007年6月半ばまでの制憲議会選挙の実施選挙の自由且つ公正な実施のために国連が国軍及びマオイスト武器管理監視を行うこと等に合意した。 この合意を元に2006年11月21日政府マオイスト無期限停戦を誓う包括和平協定調印2007年6月までに制憲議会選挙実施することで合意した。 この合意を受けて2007年1月23日国際連合安全保障理事会国連ネパール支援団UNMIN)を設立する安保理決議1740を全会一致採択国軍人民解放軍停戦監視することになった政府マオイスト武装解除し2007年4月国会選挙までに議会政党転換することを要求していたが、結局は暫定的措置として、国軍マオイスト双方が陣にこもり、武装して外出しないことが約束されUNMIN監視下置かれるとした。 なお、国王熱心に支援してきた中国は、国王実権失った直後当局マオイスト指導者接触するなど、ネパール共産党毛沢東主義派に対する政策の変更余儀なくされている

※この「和平」の解説は、「ネパール共産党 (毛沢東主義派中央)」の解説の一部です。
「和平」を含む「ネパール共産党 (毛沢東主義派中央)」の記事については、「ネパール共産党 (毛沢東主義派中央)」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/22 16:56 UTC 版)

アメリカ合衆国の歴史 (1776-1789)」の記事における「和平」の解説

詳細は「パリ条約 (1783年)を参照 戦争終わらせる条約交渉ではベンジャミン・フランクリン率いジョン・アダムズジョン・ジェイを含むチームアメリカ合衆国の代表となった彼等アメリカ合衆国の領土に関する交渉で、アレゲーニー山脈越えてミシシッピ川至り五大湖より南の領域獲得できた。これは西ヨーロッパ大きさ匹敵する広大な未開の地だった。イギリスとの合意パリ条約締結された。

※この「和平」の解説は、「アメリカ合衆国の歴史 (1776-1789)」の解説の一部です。
「和平」を含む「アメリカ合衆国の歴史 (1776-1789)」の記事については、「アメリカ合衆国の歴史 (1776-1789)」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 08:26 UTC 版)

第一次バロン戦争」の記事における「和平」の解説

1年半戦争の後造反諸侯のほとんどがルイ8世もとから離脱したため、ルイ8世1217年9月11日ランベス条約en:Treaty of Lambeth)に署名したルイイングランド王位の請求取り下げイングランド内の領地放棄する代わりに対価受け取りフランスへ帰還した条約において決められなかったことであるが、ルイは父であるフランス王納得させるため、ヘンリーに対し彼の父たるジョンから勝ち取ったものを譲り渡したと言われている。

※この「和平」の解説は、「第一次バロン戦争」の解説の一部です。
「和平」を含む「第一次バロン戦争」の記事については、「第一次バロン戦争」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 15:20 UTC 版)

ポーランド継承戦争」の記事における「和平」の解説

詳細は「ウィーン条約 (1738年)を参照 1735年ウィーン予備条約領土再編図られ、平和が回復したスタニスワフそれまで王号認められるが、1736年以降ポーランド王位は放棄しロレーヌ公国バール公国補償として与えられたこれらの領土スタニスワフ1代限りで、その死後フランス王返還することが定められた領土奪われロートリンゲン公フランツ・シュテファンメディチ家最後の君主ジャン・ガストーネ没後トスカーナ大公国与えられることが約束され1737年トスカーナ大公即位したスペインナポリシチリア獲得し代償としてパルマ公国オーストリア割譲したオーストリアロンバルディア地方領有認められサルデーニャは特に得るところはなかった。 フランツ・シュテファン側が不利な条件受け入れたのは、マリア・テレジアとの結婚諸邦認めさせるためでもあった。 この予備条約長い交渉ののち1738年調印された。フリードリヒ・アウグストポーランド王位が確保されたが、ハプスブルク家ライン川流域領土減らし東方的な性質強化されることとなった

※この「和平」の解説は、「ポーランド継承戦争」の解説の一部です。
「和平」を含む「ポーランド継承戦争」の記事については、「ポーランド継承戦争」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 12:00 UTC 版)

四国同盟戦争」の記事における「和平」の解説

スペイン勝ち目が無いことが明らかになると、アルベローニ責任取らされて1719年12月失脚したイギリスフランスオーストリア1719年10月スペイン四国同盟講和条件認めなければカルロス王子のパルマ・ピアチェンツァ・トスカーナ三公領の継承権取り上げると決めフェリペ5世折れて1720年2月17日ハーグ条約締結戦争終結したその結果スペインすべての占領地返還しその代わりパルマ公国継承権認められたサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世神聖ローマ帝国カール6世シチリア王国割譲し、その代償として神聖ローマ帝国からサルデーニャ島割譲された。神聖ローマ帝国からサルデーニャ王称号認められサルデーニャ王国成立した戦後、パルマ・ピアチェンツァ・トスカーナ三公領の継承について1724年カンブレー会議スペイン語版)が開催されたが全く進展せずオーストリアスペイン独自に交渉して1725年4月ウィーン条約繋げた

※この「和平」の解説は、「四国同盟戦争」の解説の一部です。
「和平」を含む「四国同盟戦争」の記事については、「四国同盟戦争」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 15:24 UTC 版)

頃公 (斉)」の記事における「和平」の解説

その後和平交渉で、郤克同叔子を人質によこす事と、晋軍が再び斉に攻め易くするために田畑の畝を東向き揃えるように要求するが、使者の国佐の頑張りで何とか晋との講和漕ぎ着ける事はできた。しかし、国力低下諸国に対する威光減退した頃公は翌紀元前588年、晋に謝罪出かけたその時郤克によって「殞名の礼」と言う捕虜となった君主が受ける対応をされたが、頃公怒らず謝罪したこの様子を見た苗賁皇は、「郤子は勇気はあるが礼を知らず、その功を誇って国君辱めた彼の一族どれだけくだろうか」と言って郤克痛烈に非難した

※この「和平」の解説は、「頃公 (斉)」の解説の一部です。
「和平」を含む「頃公 (斉)」の記事については、「頃公 (斉)」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 23:10 UTC 版)

ダキア戦争 (1世紀)」の記事における「和平」の解説

フスクス戦死後戦争の経緯はよく分かっていないスエトニウスは「何度かの(ダキア人との)戦いで成功へと向かった」 と述べている。しかし、ゲルマニア・スペリオルローマ軍司令官ルキウス・アントニウス・サトゥルニヌス(英語版)が反乱起こし、さらにヤシゲ族(英語版)、マルコマンニ族クアディ族ダキア人との戦争へ兵を出すことを拒否する事態起きたドミティアヌスダキアから和平を打診し来た密使殺してダキア人攻撃した後、ライン川ゲルマニア戦線向かったが、敗北してパンノニア逃げ帰った。ここに至ってローマ帝国ダキア方面で攻勢に出られなくなった。そこでダキアデケバルスローマと和平を結ぶため、兄弟ディエギス英語版)に全権与えて派遣した最終的に結ばれた条約では、デケバルスローマ人捕虜返還するのと引き換えにローマ人技術者借りて防衛設備整え毎年800万セステルティウスローマから得ることになり、さらにデケバルスローマ従属する王として承認された。

※この「和平」の解説は、「ダキア戦争 (1世紀)」の解説の一部です。
「和平」を含む「ダキア戦争 (1世紀)」の記事については、「ダキア戦争 (1世紀)」の概要を参照ください。


和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 03:50 UTC 版)

スペイン継承戦争」の記事における「和平」の解説

1711年イギリスマールバラ公軍資金横領発覚して失脚同年4月17日にはオーストリアレオポルト1世の後を継いでいた皇帝ヨーゼフ1世崩御し、弟であるカール大公は『皇帝カール6世』として即位するその結果イギリスカール6世スペイン王継承ハプスブルク家大帝国再現することを恐れフェリペ5世スペイン王退位要求消極となった1712年イギリスフランスとの間で和平交渉開始されフェリペ5世将来フランススペイン一体化懸念払拭するために、フランス王継承権放棄することを宣言した同年散発的に続いていたオーストリアフランスとの戦闘フランス勝利ドゥナの戦い)を収めたことにより、全面的な和平の機運高まったこれによりスペイン王家に反逆したバレンシアカタルーニャは反フランス同盟側から見捨てられフランス・スペイン軍に蹂躙された。 1713年各国ユトレヒト条約を結び、長年に及んだ戦争終結させた。この条約スペインオーストリアスペイン領ネーデルラントナポリ王国ミラノ公国を、サヴォイア公国シチリア王国後にサルデーニャ島交換)を割譲イギリスジブラルタルミノルカ島及び北アメリカハドソン湾アカディア獲得し、反フランス同盟代償としてフェリペ5世スペイン王即位承認した。そして翌1714年フランス王国オーストリアとの間でラシュタット条約結ばれた戦争終結同年アン没しステュアート朝断絶又従兄ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒがグレートブリテンジョージ1世として即位してハノーヴァー朝成立すると、ホイッグ党ジョージ1世信任背景復帰対すトーリー党王位継承問題に伴う内部分裂と、和睦交渉大陸同盟国見捨てて単独交渉走ったことが仇となり、中心人物のハーレー・シンジョンらは失脚しホイッグ党復権ジャコバイト蜂起鎮圧されホイッグ党政権磐石となり、マールバラ公名誉回復果たした1715年ルイ14世死去して曾孫ルイ15世即位政権交代したイギリスフランス協調関係築いていった。 スペイン継承戦争は、マールバラ公オイゲン活躍によりフランス各地敗戦重ねたが、反フランス同盟足並み不一致から全面的な勝利を収めることができなかった。特にオランダは、フランスの軍事的な強大化を恐れ一方で貿易立国としてフランスとの経済関係重視されていたので、フランス完全に敗北させることを望んでいなかった。その結果、反フランス同盟最大の目的であったフェリペ5世スペイン王継承阻止することができなかったが、この戦争17世紀西ヨーロッパ最強誇ったルイ14世フランス軍ヘゲモニー抑制されヨーロッパ国際関係新時代迎えることになった

※この「和平」の解説は、「スペイン継承戦争」の解説の一部です。
「和平」を含む「スペイン継承戦争」の記事については、「スペイン継承戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「和平」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

和平

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 23:38 UTC 版)

名詞

わへい

  1. 戦争止め平和になること。

「和平」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

和平のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアチェ統治法 (改訂履歴)、ネパール共産党 (毛沢東主義派中央) (改訂履歴)、アメリカ合衆国の歴史 (1776-1789) (改訂履歴)、第一次バロン戦争 (改訂履歴)、ポーランド継承戦争 (改訂履歴)、四国同盟戦争 (改訂履歴)、頃公 (斉) (改訂履歴)、ダキア戦争 (1世紀) (改訂履歴)、スペイン継承戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの和平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS