和とは? わかりやすく解説

読み方:わ

「和」 は主に「やわらぐ和らぐ)」「なごむ(和む)」といった意味で用いられる漢字である。「足し算結果」や「日本国日本文化」を指す字として用いられることも多い。

「和」の読み方

音読み

「和」の音読み基本的に「ワ」である。「和(ワ)」は《呉音》の読みである。

「和」の音読みを《唐音》で「オ」と読む場合もある。めぼしい例としては「和尚オショウ)」が挙げられる熟字訓の「和蘭陀オランダ)」も元々は唐音読みに基づいているかもしれない

なお「和尚」は、真言宗浄土真宗では「ワジョウ」と読まれる

天台宗華厳宗では「和尚」は「カショウ」と読む。「和(カ)」は《漢音》の読みである。

訓読み

「和」の訓読みは、主な所では和らぐやわ-らぐ)」「和む(なご-む)」「和える(あ-える」などがある。おおむね振り仮名によって読み分けられる。

和ぐ(な-ぐ)」という読み方もある。「凪ぐ」の異字として用いられ、特に心が穏やかになる・心が和む、という文脈用いられる言い方である。

熟字訓

「和」の字含んで特殊な読み方をする言としては「和毛(にこげ)」「大和(やまと)」「和泉(いずみ)」「日和(ひより)」などが挙げられる

「和」とは・「和」の意味

#調和・均衡・平和・争わないこと

「和」が持つ意味は1つではなく使われ方によってその意味変えるそのため一般論として『「和」とは・「和」の意味』と問われたとき、その意味合い1つのものに決めつけることはできない状況や指すものあるいは使い方シーンによって判断しなければならない

「和」という言葉が、人との関係性や物事状況表現する文脈用いられ場合一般的に仲よくすること」「相手互いに尊重すること」あるいは「おだやかさ」や「のどかさ」を意味する転じて「(粗ぶった心が)鎮まる」「(張り詰めた状態から)気持ちがゆるむ」といった意味も持つ。また「和」は、「調和」や「均衡」といった意味を付加する例えば「和」は、「人の和」「家族の和」などだ。「和を乱す」のように使われると、調和均衡を乱すことを示す。「和を以て貴しとなす」なら協調することが尊い捉えられる

古語においては固有名詞職責役職など結びつくときには親愛の情」や「侮り」を付加する場合もある。

#和議としての「和」

調和協調から一歩すすみ、相手言い分認め争わない事といった捉え方をされる場合もある。「和を結ぶ」といった使い方をされた場合は、その議論争議において「(相手方と)和議をはかる」「争いをやめる」「仲直りをする」もしくは円満に話を終えて協力する」といった意味となる。

#日本の・日本式の「和」

「和」は風習文化考え方などに対して日本」を意味する概念与える。例を挙げるなら、「和風」「和食」「和服」などだ。あるいは「和のこころといったものも、日本風意味するだろう。なお、昔の中国では日本の呼び名として「倭」という言葉使われてきた。そのため「和」が「日本」を意味するときは、日本おいても「倭」と書かれることがあった。また「和」は日本語そのものを表す。ただし「和語」のように語彙を表す違う言葉結びついて日本語意味することもある。

#2つ以上のものを合わせること

数学あるいは算数において、数を2つ上足し合わせることを「和」と呼ぶもしくはその計算式における解を「和」と呼ぶ。この意味の「和」は「加法」とも呼ばれている。また、代数学においては集合一形式である「和集合」を指す。なお、日本には和演算よばれる独自の演算方法があった。「和」は「和演算」を意味することがある

#万葉仮名における「わ」

「和」はそのものカナ文字としても使われてきた。万葉仮名まんようがな)における「和」は、現在でいうひらがな「わ」意味する万葉仮名とは、飛鳥時代後期白鳳時代)から奈良時代において用いられた文字のことである。その当時は日本語の表記漢字用いられていた。

「和」の語源・由来

#「和」の起源と由来

漢字としての「和」は、古代中国漢字起源として知られている

漢字およそ3,300年前中国誕生した。その漢字の起源なるもの甲骨文字である。甲骨文字中国殷代末期から周代初期に用いられた。その名前の由来は、亀の甲羅や牛の肩甲骨に文字刻んだことにある。占い甲骨占卜)による結果を記すために甲骨文字使われるようになったとされている解読されている甲骨文字は、発見されたものの20%程だ。その中に「和」の原型とみられる「禾(か)」と「口(こう)」が存在している。

甲骨文字としての「禾」は粟の穂実り一方垂れ下がった様子表した文字だ。しなやかさ丸みを帯びた穂の姿から、かどがたたない様子意味するようになった。そして人や動物の口(くち)を象ったものが「口(こう)」だ。生物器官としての口(くち)、物事始点出入り口、人や家(の数や量)など、その意味は広い。

現在の「禾」と「口」が合わさった「和」の原型現れるのは甲骨文字時代の少し後になり、金文文字が登場してからだ。金文文字とは青銅器表面刻まれた文字のことである。青銅器銘文とも呼ばれている。金文文字最古の物は殷代さかのぼるが、甲骨文字の方がその登場は古い。「和」は「禾」と「口」から成る会意文字として、金文文字として生まれた会意文字とは、複数漢字組み合わせることで生まれた文字のことである。金文文字での「和」は現代語と意味がよく似ており「仲良くなるという意味使われていたようだ

金文文字は秦の時代篆書体として整理された。それまで使われていた文字を(大篆)を簡略化小篆という書体登場する。しかし、複雑な形をした小篆事務作業不向きであった。そこで小篆単純化簡素化がすすみ、新しく隷書という書体登場するこれによって「和」は簡略化され、現代見た目近づいた

現代における「和」と同じといってよい書体になったのは楷書登場したころからだ。楷書隷書を元にして魏晋南北朝時代から隋・唐標準化し書体のことである。楷書書体は、当時奈良時代であった日本にも持ち込まれた。そのころから日本おいても「和」が現在と変わらない形で用いられたと考えられている。なお、魏晋南北朝時代登場した王羲之おうぎし)が書いたとされる書物写しは、奈良時代から日本における楷書お手本として使われていたとされる

#「和」の意味の語源

金文文字における「禾(か)」は、穂のなる様子だではなく軍隊標識指しているともみられている。そして「口(こう)」は神へ誓う言葉をいれる容器を指す。「和」はこれらの意味を合わせ持っており、(敵対する同士が)軍隊陣地において神に平和を祈る様を表した考えられている。つまりは仲良くなるということだこの様子が語源となり、調和均衡・平和・争わないことといった意味が生まれた。そして、この穏やかな言語イメージ徐々に変化をみせ、「おだやかな」や「のどか」といった意味を持つようになった。ただし、「和」の語源・由来には諸説がある。ここで紹介した説はその1でしかない

#「和」が日本を意味するようになった由来

日本という意味での「和」の語源・由来中国にある。「魏志倭人伝」(中国の歴史書「三国志」の「魏書」の一部のことを指す)にあるように、当時中国では日本を「倭」と呼んでいた。なぜ「倭」と呼ぶようになったかは諸説ある。代表的なものは「中国渡った当時の日本人が「わ」国から来た答えた」「日本の位置がよくわからず遠いところ」を意味する言葉をあてた」「当時の日本人が猫背低身長だったため、その意味を持つ倭をあてた」などだ。言葉の由来こそ明確ではないが、当時呼び方が元となっていることに違いはない

その後「倭」から「和」へと変化起きた。これは「倭」が良い意味使われている言でなかったことがその要因であるとされているその結果、「倭」と同じ響きを持つ「和」が使われるようになった考えられている。「倭」から「和」へと変遷していったのは奈良時代中期のことだ。その後時代流れ「和」が定着していった。鎌倉時代末期にまとめられとされる徒然草」には「和国は単律の国にて」という記述がある。

「和」の読み方

音読みでは「ワ・オ(ヲ)・カ」が「和」の読み方である。訓読みでは「なご(む・やか)」「やわ(らぐ・らげる)」。表外読みでは「あ(える)」「な(ぐ)」のほか「にき」「にこ」「のど(か)」がある。ただし、人名地名に「和」が使われる場合は、この限りでない。

名前として使われる場合は「かず」と読む。例として和美(かずみ)」「和子(かずこ)」「和也(かずや)」が挙げられる。この読みかたの理由諸説ある。代表的な説は、足すという意味和が転じて「かず(数)」と読むようになった、といったものだ。また、名称では送り仮名省略され使われることが珍しくないそのため人名における「和」は「のどか」「なごみ」「なごむ」と読む。地名では「和」と書いて「やわら」「かのう」「いずみ」と読むこともある。

なお、「和」の禾口を左右逆にした漢字がある。これは「和」の異体字なので、読みや意味は「和」と同様だ。


わ【×倭/和】

読み方:わ

【一】日本人の住む国。古代中国から日本呼んだ名。

【二】(和)日本のものであること。日本的であること。「―の技術」「―に親しむ」


お【和】

読み方:お

⇒わ


か【和】

読み方:か

⇒わ


にき【和/熟】

読み方:にき

語素中世以降「にぎ」とも》名詞の上に付いてやわらかなしなやかな穏やかな、などの意を表す。「―たえ(和妙)」「―て(和幣)」


にこ【和/柔】

読み方:にこ

語素やわらかい、こまかいの意を表す。「―やか」「―毛」


わ【和】

読み方:わ

[音](呉) カ(クヮ)(漢) (ヲ)(唐) [訓]やわらぐ やわらげる なごむ なごやか あえる なぐ なぎ

学習漢字3年

[一]〈ワ〉

争いごとがなく穏やかにまとまる。「和解和合和平協和講和親和不和・平和・宥和(ゆうわ)・融和

やわらいださま。ゆったりとして角立たない。「和気和光同塵(わこうどうじん)/温和穏和緩和清和柔和

性質の違うものがいっしょにとけ合う。「混和中和調和飽和

声や調子一つに合わせる。「和韻和音和声唱和

二つ以上の数を合わせたもの。「総和

日本日本語。「和歌和裁和室和食和風和服英和漢和

大和(やまと)国。「和州

[二]〈オ〉梵語音訳字。「和尚(おしょう)」

[補説] 「和尚」宗派によって「かしょう」「わじょう」とも読む。

名のり]あい・あつし・かず・かた・かつ・かのう・たか・ちか・とし・とも・のどか・ひとし・まさ・ます・むつぶ・やす・やすし・やまと・やわら・よし・より・わたる

難読和泉(いずみ)・和蘭(オランダ)・和栲(にきたえ)・和毛(にこげ)・和布刈(めかり)・大和(やまと)・和布(わかめ)


わ【和】

読み方:わ

仲よくすること。互いに相手大切にし、協力し合う関係にあること。「人の―」「家族の―」

仲直りすること。争いをやめること。「―を結ぶ」「―を講じる

調和のとれていること。

大い身体の―を傷(やぶ)り」〈中村訳・西国立志編

ある数や式に他の数や式を加えて得られ結果の数や式。⇔差。


わ【我/×吾/和】

読み方:わ

【一】[代]一人称人代名詞。われ。わたくし。

大野山霧立ち渡る―が嘆くおきその風に霧立ち渡る」〈・七九九

【二】接頭名詞・代名詞に付く

親愛の情を表す。「―おとこ」「―ぎみ」

「保つべき様を知らねば、―主の為には益(かひ)あらじ」〈今昔二七四〇

軽んじあなどる気持ちを表す

「―法師めが、人あなづりして」〈著聞集一〇


のど【閑/和】

読み方:のど

形動ナリ

「のどか」に同じ。

明日香川しがらみ渡し塞かませば流るも―にかあらまし」〈万・一九七〉

平穏無事であるさま。

大君の辺(へ)にこそ死なめ―には死なじ」〈続紀聖武歌謡


たし算答えのことを和という。

参考

読み方:ワ(wa

(1)中国・朝鮮用いられた古い日本国呼称
(2)漢詩に対する和歌俳諧など。

別名


読み方:カズkazu

所在 茨城県鹿嶋市


読み方:カノウ(kanou)

所在 長野県東御市


読み方:ヤワラ(yawara)

所在 北海道雨竜郡北竜町


読み方:ワ(wa

所在 鹿児島県大島郡和泊町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 14:30 UTC 版)

(わ、やわら、かのう、いずみ、なぎ、なごみ、なごむ、のどか、まさ)




「和」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 00:04 UTC 版)

関係代数 (関係モデル)」の記事における「和」の解説

和(union演算 R ∪ S は、R と S を、R の全ての組(タプル、行)と S の全ての組で構成される一つの関係を返す。この演算では、R と S が型適合であることが前提となる。重複する組は除去される参考: 和集合

※この「和」の解説は、「関係代数 (関係モデル)」の解説の一部です。
「和」を含む「関係代数 (関係モデル)」の記事については、「関係代数 (関係モデル)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 22:40 UTC 版)

順序数」の記事における「和」の解説

α, β を順序数とする。整列集合 (A,

※この「和」の解説は、「順序数」の解説の一部です。
「和」を含む「順序数」の記事については、「順序数」の概要を参照ください


和 (ギター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/18 20:29 UTC 版)

Bean Bag」の記事における「和 (ギター)」の解説

結成当時からのメンバーメジャー移籍後2004年3月方向性音楽性の違いにより脱退

※この「和 (ギター)」の解説は、「Bean Bag」の解説の一部です。
「和 (ギター)」を含む「Bean Bag」の記事については、「Bean Bag」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 16:18 UTC 版)

D (データベース言語仕様)」の記事における「和」の解説

RとSの和 R ∪ S は、次のように記述するR UNION S

※この「和」の解説は、「D (データベース言語仕様)」の解説の一部です。
「和」を含む「D (データベース言語仕様)」の記事については、「D (データベース言語仕様)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:46 UTC 版)

無双直伝英信流」の記事における「和」の解説

本来は無双直伝流和といい、流祖稀代の達人であったことから無双直伝英信流和と呼ばれることになった土佐では夏原流とも名乗られるようになった。また信州では和に分類されている大小(立)詰、大剣(取)、寝間ノ大事は居合含まれている。 捕手 十一本 立十一小具足 十一本 後立合 十一小具足十本 本手十一

※この「和」の解説は、「無双直伝英信流」の解説の一部です。
「和」を含む「無双直伝英信流」の記事については、「無双直伝英信流」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 09:27 UTC 版)

順序型」の記事における「和」の解説

ρ, σ を順序型とする。全順序集合 (A, ∈ A × B によって定義すれば、(A ∪ B,

※この「和」の解説は、「順序型」の解説の一部です。
「和」を含む「順序型」の記事については、
「順序型」の概要を参照ください


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:27 UTC 版)

暗号関係の書籍の一覧」の記事における「和」の解説

横井俊幸、『日本の機密室』、鹿鳴社、1951年 桧山良昭、『暗号盗んだ男たち - 人物日本陸軍暗号史』、光人社NF文庫1994年1月17日光人社ISBN 4-7698-2035-6 (専門家から見ると誤り多く引用には注意が必要である) 吉田一彦、『暗号戦争』、小学館1998年8月20日ISBN 4-09-387261-9 (文庫化されている吉田一彦、『暗号解読戦争』、ビジネス社2001年4月20日ISBN 4-8284-0919-X 吉田一彦、『暗号戦争』、日経ビジネス文庫1-1日本経済新聞社2002年1月7日ISBN 4532191076 (写真増減現代の章などに加筆編集あり) 高川敏雄、『暗号解読入門 - 歴史人物からその謎を読み解く』、PHP研究所2003年1月8日ISBN 4-569-62550-9 広田厚司、『エニグマ暗号戦』、光人社NF文庫2004年2月13日光人社ISBN 4-7698-2409-2 木村洋、『戦中日本暗号解読史における数学者貢献』、津田塾大学数学計算機科学研究所262004年。(陸軍暗号史中央特種情報部に於ける高木貞治小平邦彦らの暗号解読に対する協力について精緻纏めている) 木村洋、『第二次世界大戦高木貞治』、津田塾大学数学計算機科学研究所282006年。(高木貞治参謀本部からの依頼を受けて暗号研究関与した件について詳細に論じた福富節男、『暗号数理学釜賀一夫のこと』、津田塾大学数学計算機科学研究所282006年。 (陸軍中央特種情報部釜賀一夫少佐部下だった数学者体験談として貴重である) 宮浩泰、『第二次大戦期日本の暗号解読における欧州各国との提携』、Intelligence 9号2007年ISBN 978-4-87738-328-2 木村洋、『日本ポーランド暗号協力に関する一考察』、Intelligence 9号2007年ISBN 978-4-87738-328-2 (ヤン・コワレフスキー以降終戦までの日波暗号協力について論じる。ポーランド参謀本部が、日本エニグマ暗号解読や、暗号学高等数学必要なことを意図的に伝えなかったことを検証している) 森山優、『戦時期日本の暗号解読アメリカの対応――暗号運用観点から』、Intelligence 9号2007年ISBN 978-4-87738-328-2

※この「和」の解説は、「暗号関係の書籍の一覧」の解説の一部です。
「和」を含む「暗号関係の書籍の一覧」の記事については、「暗号関係の書籍の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「和」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/07 11:29 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. )ある集団において、互い関係納得安定している様子協力調和はかっている様子
  2.  文語平和停戦
  3. 加算足し算)の結果
  4. 日本。特に伝統的な性質強調する場合

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「和」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



和と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「和」に関係したコラム

  • モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目は「1、2、3」の数列を作り、両端の1と3のの4をかけ金とします。ここで勝ったら次回も同じように「1、2、3」の...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和」の関連用語


2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2023 数理検定協会 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの関係代数 (関係モデル) (改訂履歴)、順序数 (改訂履歴)、Bean Bag (改訂履歴)、D (データベース言語仕様) (改訂履歴)、無双直伝英信流 (改訂履歴)、順序型 (改訂履歴)、暗号関係の書籍の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS