Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

 

モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法の1つです。

1回目は「1、2、3」の数列を作り、両端の1と3の和の4をかけ金とします。ここで勝ったら次回も同じように「1、2、3」の数列を作ります。負けたら、先ほどのかけ金の4を数列の右側に加え、数列を「1、2、3、4」にして、両端の1と4の和の5をかけ金にします。ここで勝ったら1回目に戻ります。負けたら、先ほどのかけ金の5を数列の右側に加え、数列を「1、2、3、4、5」にして、両端の1と5の和の6をかけ金にします。ここで勝ったら、1回目に戻ります。負けたら、先ほどのかけ金の6を数列の右側に加え、数列を「1、2、3、4、5、6」にして、両端の1と6の和の7をかけ金にします。ここで勝ったら数列の両端のそれぞれから2つの数字を抜き取り、「3、4」にして、両端の3と4の和の7をかけ金にします。負けたら数列を「1、2、3、4、5、6、7」にしてかけ金を増やしていきます。

数列が「3、4」の時に7をかけ金にして勝ったら1回目に戻りますが、負けたら先ほどのかけ金の7を数列に加え「3、4、7」にして、両端の3と7の和の10をかけ金にします。

このように、勝てば両端のそれぞれから2つの数字を抜き取って、数列の数が1個以下になったら1回目に戻ります。負ければ、数列に前のかけ金を追加して、数列の両端の数の和をかけ金にします。

先ほども書いたように、モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法ですが、バイナリーオプションには2012年5月現在、勝率が33%、払い戻しが3倍の商品はありません。

モンテカルロ法は、マーチンゲール法と比べてかけ金の膨らみ方が小さいという特徴があります。そこで、この特徴を活かしてGMOクリック証券の外為オプションの取引をした場合のシミュレーションをしてみます。

回数数列かけ金勝敗収支小計
1回目1,2,34負け-4-4
2回目1,2,3,45勝ち51
3回目1,2,34勝ち45
4回目1,2,34負け-41
5回目1,2,3,45勝ち56
6回目1,2,34負け-42
7回目1,2,3,45負け-5-3
8回目1,2,3,4,56勝ち63
9回目1,2,34負け-4-1
10回目1,2,3,45勝ち54
11回目1,2,34勝ち48
12回目1,2,34勝ち412
13回目1,2,34負け-48
14回目1,2,3,45勝ち513
15回目1,2,34負け-49
16回目1,2,3,45負け-54
17回目1,2,3,4,56負け-6-2
18回目1,2,3,4,5,67勝ち75
19回目3,47負け-7-2
20回目3,4,710勝ち108

※上の表は、取引回数を20にして勝敗をランダムで出した結果です。必ずしもこのような結果になるとは限りません。
(2012年05月06日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS