わとは?

五十音図ワ行の第1音。両唇の間を狭め発する半母音[w]と母音[a]とから成る音節。[wa

平仮名「わ」は「和」の草体から。片仮名「ワ」は「和」の旁(つくり)「口」の草体から。

[補説] 片仮名「ワ」の字源は、一説に、「輪」を示す記号「〇」を二筆で書いたものからともいわれる


[感]

驚いたときに発する声。わあ。わっ。「わ、すてき」

大声泣いたり笑ったりするときに発する声。

小児泣く声の—と聞こゆ」〈名語記


[終助]活用語終止形に付く。

主に女性用いて、軽い決意主張を表す。「もう忘れてしまったわ」「わたしも出席するわ」

驚き感動詠嘆の意を表す。「まあ、きれいだわ」「は出ないわ、電気止まるわで、さんざんな目にあった」「散るわ散るわ、まるで木の葉乱舞だ」

年がよる物事苦労になる—」〈滑・浮世床・初〉

[補説] 係助詞「は」から生まれたもので、中世後期以降終助詞として固定した。「わ」の表記は、中世末期ごろから。


[間助]上代語副詞助詞に付く。念を押したり、相手呼びかけたりする意を表す。

「うるはしき十羽(とば)の松原童(わらは)どもいざ—出で見む」〈三三四六


わ【×倭/和】

【一】日本人の住む国。古代中国から日本を呼んだ名。

【二】(和)日本のものであること。日本的であること。「和の技術」「和に親しむ」


わ【×倭】

人名用漢字] [音]ワ(呉)(漢) [訓]やまと

中国側から日本を呼んだ称。「倭寇(わこう)・倭国倭人

名のり]かず・しず・まさ・やす

難読倭文(しず)


わ【和】

[音](呉) カ(クヮ)(漢) (ヲ)(唐) [訓]やわらぐ やわらげる なごむ なごやか あえる なぐ なぎ

学習漢字3年

[一]〈ワ〉

争いごとがなく穏やかにまとまる。「和解和合和平協和講和親和不和・平和・宥和(ゆうわ)・融和

やわらいださま。ゆったりとして角立たない。「和気和光同塵(わこうどうじん)/温和穏和緩和清和柔和

性質の違うものがいっしょとけ合う。「混和中和調和飽和

声や調子一つ合わせる。「和韻和音和声唱和

二つ上の数を合わせたもの。「総和

日本日本語。「和歌和裁和室和食和風和服英和漢和

大和(やまと)国。「和州

[二]〈オ〉梵語音訳字。「和尚(おしょう)」

[補説] 「和尚」は宗派によって「かしょう」「わじょう」とも読む。

名のり]あい・あつし・かず・かた・かつ・かのう・たか・ちか・とし・とも・のどか・ひとし・まさ・ます・むつぶ・やす・やすし・やまと・やわら・よし・より・わたる

難読和泉(いずみ)・和蘭(オランダ)・和栲(にきたえ)・和毛(にこげ)・和布刈(めかり)・大和(やまと)・和布(わかめ)


わ【和】

よくすること。互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること。「人の和」「家族の和」

仲直りすること。争いをやめること。「和を結ぶ」「和を講じる

調和のとれていること。

大い身体の—を傷(やぶ)り」〈中村訳・西国立志編

ある数や式に他の数や式を加えて得られた結果の数や式。⇔差。


わ【回/曲】

山裾・川・海岸などの曲がりくねった所。「かわわ(川曲)」「うらわ(浦回)」など、多く複合語として用いられる。

「あはれしや野焼にもれし峰の—のむら草がくれ雉(きぎす)鳴くなり」〈永久百首


わ【我/×吾/和】

【一】[代]一人称人代名詞。われ。わたくし。

大野山霧立ち渡る—が嘆くおきその風に霧立ち渡る」〈・七九九

【二】[接頭]名詞代名詞に付く。

親愛の情を表す。「—おとこ」「—ぎみ」

「保つべき様を知らねば、—主の為には益(かひ)あらじ」〈今昔二七・四〇〉

軽んじあなどる気持ちを表す。

「—法師めが、人あなづりして」〈著聞集・一〇〉


わ〔ハ〕【把】

接尾助数詞

束ねたものを数えるのに用いる。「まき五把」「ホウレンソウ一把

射芸で、矢を数えるのに用いる。矢51筋を1把とする。

[補説] 上に来る数詞の末音によって、「ば(三把)」または「ぱ(六把・八把)」ともなる。


わ〔は〕【羽】

接尾助数詞ウサギ数えるのに用いる。「一羽」「二羽

[補説] 上に来る数詞の末音によって、「ば(三羽)」または「ぱ(六羽・八羽)」ともなる。


わ【話】

[音](慣) [訓]はなす はなし

学習漢字2年

[一]〈ワ〉

はなす。しゃべる。話術話法会話懇話手話対話談話電話独話

はなし。筋立てて語られたもの。「話題逸話佳話寓話(ぐうわ)・訓話実話笑話神話説話挿話童話秘話民話夜話

ことば。「官話白話

[二]〈はなし(ばなし)〉「裏話小話昔話無駄話


わ【輪/環】

曲げて円形したものまた、円い輪郭。環(かん)。「鳥が—を描いて飛ぶ」「指—」「花—」

軸について回転し、車を進めるための円形の具。車輪。「荷車の—が外れる」

(おけ)などのたが。「の—がゆるむ」

人のつながり1見立てていう語。「友情の—を広げる

紋所の名。円形図案化したもの

[下接語] 浮き輪渦輪内輪腕輪襟輪・面(おも)輪・貝輪・金(かな)輪・唐(から)輪・口輪首輪・曲(くる)輪・ゴム輪・後(しず)輪・外輪台輪知恵の輪・竹(ちく)輪・稚児(ちご)輪・(ち)の輪・月の輪・吊(つ)り輪・弦(つる)輪・泣き輪・喉(のど)輪・花輪・鼻輪・埴(はに)輪・吹き輪前輪三つ輪耳輪指輪両輪

輪/環の画像
輪の紋所一つ「丸輪」

わ【わ・ワ】

〔名〕 五十音図第十第一段(ワ行ア段)に置かれ、五十音順第四十四位(同音のかなの重複を含めるとき、第四十六位)のかな。いろは順では第十三位で、「を」のあと、「か」の前に位置する。現代標準語発音では、両唇の間を狭め発する半母音 w と母音 a との結合した音節 wa にあたる。但し、現代かなづかいでは助詞wa は「わ」でなく「は」と書くのを本則とする。字音かなづかいで「くわ」「ぐわ」は kwa, gwa または ka, ga と読まれる。「わ」の字形は、「和」の草体から出たものである。「ワ」の字形は、「輪」を示す記号としての「○」を二筆で書いたものから出たともいうが、「和」の草体またはその右部から出たと考えるのが妥当である。ローマ字では、wa と書く。


1感動驚いた時に思わず発することば。

天理本狂言入間川室町末‐近世初)「わ、さればこそ、はらをたてたがだうりじゃ」

2 〔副〕

急に大声泣くさまを表わす語。

名語記(1275)二「小児のなく声のわときこゆ、わ如何

大勢いっせいに笑う声を表わす語。

長門平家13C前)一六「敵も味方もわとぞ笑ひける」


〔終助〕 (係助詞「は」の文末用法から出たもの) 会話文末の活用語終止形を受けて感動表わす。「は」と表記されることも多い。→終助詞「は」。

発言内容感動をこめて確認する。

天草本平家(1592)二「コトデキタ ua)トユウテ ハセムカワウゾ」

石川五右衛門の生立1920)〈上司小剣〉九「まア、何んでもええ。こっちへおいで」

② (①の用法から) 「わ」で終止する短い感動の文をたたみかけ用いる。

寛永刊本蒙求抄1529頃)四「随意に今日は寒(さむい)。暑(あつい)雨がふる。風が吹。などいわすぞ」

表現やわらげ発言内容確認し、軽く聞き手働きかける女性語

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「姉さんがやらなけりゃア、妾だって否です

[語誌](1)②の用法は、結果的列挙表現となるが、「わ」それ自体はやはり感動表現である。
(2)③の用法は①の用法から出たもの。江戸時代以前には男女の別なく用いられた①の用法が、明治以後男女により差が生じてきた。頻度的に女性に偏しただけでなく、女性使用場合には③の用法主流となった。①の用法話者自身に対して確認ニュアンスがあり、相手に対しては、ややつきはなした尊大物言いとなるが、③の用法聞き手意識して、相手同意期待する確認で、また①と③ではイントネーション異なる。


〔間投助〕 文節末にあって、発言内容対す確認表わす

古事記(712)中・歌謡「いざ吾君(あぎ) 振熊が 痛手負はずは鳰鳥(にほどり)の 淡海の海に 潜(かづ)きせな(ワ)」


わ【倭・和】

1 日本人の国。もと、中国での呼び方で、志賀島出土金印漢委奴国王印」の「委」もこれであるという。日本人も「倭・和」の字自称用いて通例は「やまと」と訓読しているが、室町時代頃には「わ」と音読して単独に日本または日本のものを意味する語として用いようになった

文明本節用集室町中)「庭申 ニワマウシ 倭(ワ)世話直奏義又作言」〔後漢書‐東夷伝・倭〕

2 〔名〕 漢詩に対して和歌俳諧などをいう。

俳諧三冊子(1702)わすれ水「春は少しの風も、花をいとひて嵐と和にもいふ也」

3語素日本日本風日本語などの意を添える。「和紙」「和書」「和服」「和室」「漢和」「和英」など。

[補注]明治になって西洋文物多く入ってきたときに、従来日本のものと違うことを表わすために「洋紙」「洋服」など「洋」を添えた。西洋風のものが一般的になると、逆に日本のものに対して(三)のように「和」を添えて表わさなければならなくなった。


わ【和】

〔名〕

やわらぐこと。おだやかなこと。

六義(1428)「頌曲 〈略〉仁義礼智信に、義を和なりと注せり。義はつよき心かなるをやはらぐと也」

互いによくすること。また、争っていたものが、仲直りすること。

十七箇条憲法604)「一曰。以和為貴」〔戦国策‐趙策・孝成王

③ うまくつりあうこと。調和がとれていること。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「大に身体の和を傷(やぶ)り〈略〉歿せり」

他人の詩に韻を合わせて作ること。〔運歩色葉(1548)〕

(5) 相手詩歌応答する形で詩歌作ること。

明月記建久二年(1191)一二二七日今日百首歌大将殿、〈先是進一首、有御和〉」

(6) 数学で、二つ上の数や式を加えて得られる数や式。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書1889)〕


わ【回・曲】

〔名〕 山裾・川・海岸などのまがりくねったあたり。他の語の下に付けて用いることもある。「浦回(うらわ)」「川曲(かわわ)」など。

永久百首1116)春「あはれしや焼野にもれし峯のわのがくれ雉なく也〈源顕仲〉」


わ【我・吾・和】

1代名

自称男女ともに用いる。格助詞「が」を伴うことが多いが、上代では、助詞「は」「を」「に」をも伴う。あ。われ。また、反射代名詞のように用いることもある。→わが(我━)。

古事記(712)上・歌謡「嬢子(をとめ)の 寝(な)すや板戸を 押そぶらひ 和(ワ)が立たせれば 引こづらひ 和(ワ)が立たせれば」

万葉(8C後)一一二四八三「敷栲(しきたへ)の衣手離れ玉藻なす靡きか寝らむ和(ワ)を待ちかてに

② (反射指示その人自身自分自身。→わが(我━)。

伊勢物語(10C前)九「宇津の山至りて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに」

対称相手親しんで呼びかける語。また、軽んじ卑しめる場合もある。→わが(我━)。

天理本狂言箕被室町末‐近世初)「ゐんで、わが、さかさまに、いわふはしらぬ、連歌にあいて、もどったと云たらば」

2 〔接頭〕 名詞代名詞に付けて対称代名詞をつくる。多く目下用いる。親愛感や、身近な者への軽い敬意、また軽侮気持表わす

大鏡(12C前)一「わおきなの年こそきかまほしけれ」

[補注](1)「わ」は必ず助詞添え用い単独場合は「われ」を用いた。また、上代では「わどり」のように、名詞とも複合した。
(2)「わが」の形で連体修飾語となるものは、便宜上別項として扱った。


【把】

1 〔名〕 稲の計量単位。一〇把で一束(そく)となる。一束から奈良時代の升で米五升がとれるから、一把は五合となる。この升は今の升の十分の程度大きさであるから一把は約二合(三〇〇グラム)となる。

令義解718)田「段租稲二束二把。町租稲廿二束」

2接尾〕 (撥音のあとでは「ば」に、促音のあとでは「ぱ」になる)

一般に、たばねたもの数えるのに用いる。

延喜式(927)三九「菔根四把〈略〉四把」

射芸で矢を数えるのに用いる。矢五一筋を一把とする。〔甲陽軍鑑(17C初)〕

江戸時代金一分の単位表わす

歌舞伎勧善懲悪覗機関村井長庵)(1862)四幕「三次一分載せる兄貴たった一把(ハ)か』」


【羽】

接尾〕 (撥音のあとでは「ば」に、促音のあとでは「ぱ」になる) 鳥類や兎を数えるのに用いる。〔運歩色葉(1548)〕


わ【話】

〔名〕 はなし。物語。特に、修行する者の手本となることば。

正法眼蔵123153即心是仏「いはゆる即心の話をききて痴人おもはくは」

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「生死一大事のわを授け給ふ


わ【輪・環】

1 〔名〕

① まるく曲げたもの。また、まるい形のもの。また、その形。環(かん)。→りん(輪)。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九「耳の輪(ワ)旧のと殊になり」

わらんべ草(1660)四「観阿彌は、必打出んとては、左のばちをもちながら、太このわに手をかけ」

② 車の左右にあり、軸の周囲回転して、車を進める円形の具。車輪

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「独輪(車ノワのごとく四生の区に廻りつつ」

などの箍(たが)。

御伽草子おようの尼室町時代短篇集所収)(室町末)下「わのきれたる手おけ」

厄よけまじないの「ちのわ(茅輪)」のこと。

大乗院寺社雑事記文正元年(1466)六月晦日輪作木守役也」

(5) 屋根の石が転がって落ちないように、竹木をまるく曲げてその上に石を置くもの。

浮世草子日本永代蔵(1688)三「取(とりぶき)の屋根の輪(ワ)、扇の要刻み

(6) 紋所の名。蛇の目輪、菊輪、毛輪、唐草輪などの種類がある。

蛇の目輪@毛輪@菊輪@唐草輪の画像

2接尾曲げて輪状したもの数えるのに用いる。

古事記(712)中「其の麻(を)の三勾(わ)遺(のこ)れるに因(よ)りて、其地を名づけ美和(みわ)と謂ふぞ」


わ 【輪・環】

輪や円の図型は、古くから十字卍字と共に呪力宗教的象徴とされている。車輪発明される以前旧石器時代洞穴にも描かれており、西ロシア中欧から出土新石器時代女神像にも印されている。日輪生命宇宙・完全・光明永遠循環などの象徴金属製の、鈴などがついた輪や、祈.文の入った輪胴を回して、幸運を得ようとする地方もある(インドチベット)。仏教には輪宝がある。→ 輪宝

布を二つ折りした時の折り目部分のことをいいます。型紙に「わ」とある場合は、この折り目の「わ」を合わせて裁ちます。

  1. 茶店通り符牒にして、二といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 二。〔商〕

分類 符牒


  1. 芸人通り符牒にして、五といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 五。〔瀬戸物商〕
  3. 五。〔青物商〕
  4. 五。〔芸人

分類 瀬戸物商、符牒芸人青物


  1. 魚屋小物小魚)の符牒にして八といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 八。〔魚商

分類 符牒魚商


  1. 眼鏡。輪があるところより。〔香〕

分類


読み方:わ

  1. 四。〔生魚商〕

分類 生魚


読み方:わ

  1. 指輪。〔第七類 雑纂
  2. 指輪の略、盗賊用ふ隠語
  3. 指輪を云ふ。
  4. 〔犯〕指輪略語
  5. 指輪のことをいう。

分類 犯罪犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 04:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字
字源 和の草書体
JIS X 0213 1-4-79
Unicode U+308F
片仮名
文字
字源 和の旁の部分、あるいは○の変形
JIS X 0213 1-5-79
Unicode U+30EF
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 WA
訓令式 WA
JIS X 4063 wa
アイヌ語 WA
発音
IPA β̞ä
種別
清音

概要

「わ」の筆順
「ワ」の筆順

用法

  • 」、「ぐ」に後続して、合拗音を構成する。このとき、一般に「わ」は「ゎ」のように小さく書く。現代標準語の音韻はそれぞれ「」、「が」と変わらず (/ka/、/ga/)、現代仮名遣いでは「か」、「が」と書かれる。なお、/kwa/、/gwa/の音を書き表したいときには「クァ」、「グァ」と書くことがある。現在でも、シークヮーサーだけは一般にこの文字を使用する。
    • 火事 → くゎじ(かじ)
    • 喧嘩 → けんくゎ(けんか)
    • 関西学院大学 → くゎんせいがくいんだいがく(かんせいがくいんだいがく) ※なおアルファベット表記でも、"Kwansei" となっている。
  • 富山県の一部の方言では「わ」を va に近く発音する。
  • 北東北の一部の方言では「私」を「わ」と言う。沖縄語でも「わー(我ー)」と言い、いずれも古語の用法((わ))。
  • 一部の外来語で、発音が同じ/wa/であってもワの代わりにウァと書く場合がある。一般には使われないが、ラテン語のvaを古典式発音で音写する際に用いられる(例:ウァレンティヌスミネルウァ)。



「わ」の続きの解説一覧

わ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 08:49 UTC 版)

わ!』は、小島あきらによる日本4コマ漫画スクウェア・エニックスウェブコミック配信サイトガンガンONLINE』にて2008年10月2日より連載。後に『月刊ガンガンJOKER』連載の同作者の『まなびや』の休載に伴い同誌へ移籍し、2009年11月号から2011年4月号まで連載された。また、2010年6月23日にフロンティアワークスよりドラマCDが発売されている。


  1. ^ 「第3わ」時点。
  2. ^ 岩千鳥に「法律で決まってるから」と咎められたときは東京都青少年健全育成条例を気にして、「20歳ですよ」と言い切り、その設定を半ば岩千鳥にも強要した。


「わ!」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:03 UTC 版)

名詞

  1. 丸いもの、外周部。

助詞

終助詞用言助動詞終止形接続

  1. 軽い感動を表す。
  2. 強調して列挙する場合
  3. 断定避け女性的表現を表す。

語源

接尾辞

  1. 及びうさぎ頭数を表す助数詞撥音のあとでは「ば」、促音のあとでは「ぱ」になる。

文字コード






  • 画数:18
  • 音読み:カン
  • 訓読み:わ
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



わと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「わ」に関係したコラム

  • FXのBullsとBearsとは

    FX(外国為替証拠金取引)のBullsとBearsとは、Bulls Power(ブルズパワー)とBears Power(ベアーズパワー)というテクニカル指標のことです。Bulls Powerは、為替レ...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「わ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
98% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



わのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわ (改訂履歴)、わ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS