秘話とは? わかりやすく解説

ひ‐わ【秘話】

読み方:ひわ

一般に知られていない話。「革命―」


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/24 00:19 UTC 版)

通信における秘話(ひわ、: Secure voice, Voice privacy, Cyphony)とは、音声通信において盗聴傍受を防止するために音声を聞き取れなくするものである。よく知られている方式は音声の周波数スペクトルを反転させるもので、初期の無線電話やアナログ方式のコードレスフォンなどで使われた。音声をデジタル化した後に暗号化を行う方式は携帯電話警察無線や軍用無線、政府高官用の暗号化機能付き電話機などで使われている。


  1. ^ 暗号辞典, p.528.
  2. ^ 暗号辞典, p.352.
  3. ^ General Services Administration (1996年8月7日). “Federal Standard 1037C:Glossary of Telecommunication Terms - SCRAMBLER”. 2013年12月18日閲覧。
  4. ^ 暗号辞典, p.185.
  5. ^ J. V. Boone, R. R. Peterson (2000年). “The Start of the Digital Revolution: SIGSALY - Secure Digital Voice Communications in WWII”. National Security Agency Central Security Service. 2013年12月18日閲覧。
  6. ^ William R. Bennett. Secret Telephony as a Historical Example of Spread-Spectrum Communications, IEEE Transactions on Communications, Vol.31(1), pp.98-104, 1983.
  7. ^ Paul Reuvers, Marc Simons (2013年5月1日). “STU-I KY-70 Secure Telephone”. 2013年12月18日閲覧。
  8. ^ Paul Reuvers, Marc Simons (2013年8月14日). “Voice scramblers”. 2013年12月18日閲覧。
  9. ^ James Rogers. アメリカ合衆国特許第 251,292号 : Telephony, Filed Nov. 9, 1881. Issued Dec. 20, 1881.
  10. ^ 若井昇監修, 無線百話, p.135
  11. ^ 城水元次郎, 電気通信物語―通信ネットワークを変えてきたもの, p.83, オーム社, 2004.
  12. ^ 森島光紀 (2007年). “公衆移動通信システムの技術発展の系統化調査 (pdf)”. 国立科学博物館. 2013年12月18日閲覧。
  13. ^ J. A. Fleming, Thermionic valve and it's developments in radiotelegraphy and telephony, The Wireless Press, LTD., P.151, 1919.
  14. ^ H. M. Stoller (1919年5月). “Development of Airplane Radiotelepone Set (pdf)”. The Electric Journal. 2013年12月18日閲覧。
  15. ^ Mike Schultz. “WESTERN ELECTRIC SCR-68 AIRCRAFT TRANSCEIVER”. 2013年12月18日閲覧。
  16. ^ a b 高橋 雄造, ラジオの歴史, 法政大学出版局, p.15, 2011.
  17. ^ AT&T (2013年). “1927: Transoceanic Telephone Service”. 2013年12月18日閲覧。
  18. ^ 城水 元次郎, 電気通信物語―通信ネットワークを変えてきたもの, pp.85-89, 2004. ISBN 4-274-03628-6.
  19. ^ H. J. Van Der Vidl. アメリカ合衆国特許第 1,502,889号 : Method and system for radiosignalling, Filed Jan. 8, 1918. Issued Jul. 29, 1924.
  20. ^ Ralph Bown. アメリカ合衆国特許第 1,522,044号 : Secret Comminication System, Filed Nov. 8, 1921. Issued Jan. 6, 1925.
  21. ^ L. Espenschied. アメリカ合衆国特許第 1,546,439号 : Secret telephone system, Filed Jan. 8, 1920. Issued July 21, 1925.
  22. ^ Harvay Fletcher. アメリカ合衆国特許第 1,573,924号 : Secret Signaling, Filed Jul. 31, 1923. Issued Feb. 23, 1926.
  23. ^ a b 日本無線史(第1巻)無線技術史 上, pp.399-403.
  24. ^ 日本無線史(第1巻)無線技術史 上, pp.403-405.
  25. ^ 日本無線史(第2巻)無線技術史 下, pp.372-381.
  26. ^ a b 暗号事典, p.6.
  27. ^ a b c d Ralph L. Miller. “Project X - The Beginning of the Digital Transmission Age (pdf)”. 2013年12月18日閲覧。
  28. ^ a b Final Report on Project C.43, Part I - Speech Privacy Systems - Interception, Diagnosis, Decoding, Evaluation, p.7.
  29. ^ Final Report on Project C-32, Speech Privacy-Decoding, pp.2-3.
  30. ^ Wireless Security: Models, Threats, and Solution, p.253.
  31. ^ a b Wireless Security: Models, Threats, and Solution, p.254.
  32. ^ a b P. Weadon (2000年). “Sigsaly Story”. National Security Agency Central Security Service. 2013年12月18日閲覧。
  33. ^ a b Wireless Security: Models, Threats, and Solution, p.255.
  34. ^ a b F. L. Bauer. Decrypted Secrets: Methods and Maxims of Cryptology, p.10.
  35. ^ T. Christos (2012年2月2日). “Intercepted conversations - Bell Labs A-3 Speech scrambler and German codebreakers”. 2013年12月18日閲覧。
  36. ^ a b c TICOM I-213, Report on Interrogation of Alfred Muche, 1950.
  37. ^ a b A History of engineering and science in the Bell System: National Service in War and Peace (1925 - 1975), p.298.
  38. ^ Military Communications: From Ancient Times to the 21st Century, pp409-410.
  39. ^ a b c A History of engineering and science in the Bell System: National Service in War and Peace (1925 - 1975), p.313.
  40. ^ A History of engineering and science in the Bell System: National Service in War and Peace (1925 - 1975), p.297.
  41. ^ a b c d e f TICOM Investigations Volume2 - Notes on German High Level Cryptography and Cryptanalysis, pp.39-40.
  42. ^ G. Guanella et al. アメリカ合衆国特許第 2,312,897号 : Method of Transmitting Signals, Filed Oct. 9, 1940. Issued March 2, 1943. (In Switzerland July 14, 1939.)
  43. ^ J. Steinberg. アメリカ合衆国特許第 2,539,556号 : Variable delay speech privacy system, Filed July 11, 1941. Issued Jan. 30, 1951.
  44. ^ C.W.Carter. TELEGRAPHS APPLIED TO TDS SPEECH SECRECY SYSTEM, NDRC Project C-55, p.7, 1942.
  45. ^ TICOM. I-57, Enciphering Devices Worked on by Dr. LIEBKNECHT at Wa Pruef 7., p.11, Aug. 1945.
  46. ^ TICOM Investigations Volume2 - Notes on German High Level Cryptography and Cryptanalysis, pp.36-37.
  47. ^ a b c d TICOM Investigations Volume8 - Miscellaneous, pp.40-44.
  48. ^ a b c d TICOM Investigations Volume2 - Notes on German High Level Cryptography and Cryptanalysis, pp.42-43.
  49. ^ a b c d e f g h Spread Spectrum Communications Handbook, p.52.
  50. ^ a b c F. L. Bauer. Decrypted Secrets: Methods and Maxims of Cryptology, p.456.
  51. ^ a b c d A. M. Turing (1944年6月6日). “Speech System Delilah - Report on Progress”. 2013年12月18日閲覧。
  52. ^ Y. Moschovakis, M. Yates. In Memoriam: Robin Oliver Gandy, 1919-1995, The Bulletin of Symbolic Logic, Vol.2, Num.3, pp.367-370, 1996.
  53. ^ a b Alan Turing: His Work and Impact, p.450.
  54. ^ a b How to Wreck a Nice Beach, pp.190-194.
  55. ^ 例えば、TICOMの秘話関連の極秘レポート I-57, Enciphering Devices Worked on by Dr. LIEBKNECHT at Wa Pruef 7.、M-6 Interim Report on Labortorium Feuerstein、I-44 Memorandum on Speech Encipherment Apparatus の配布先にはチューリング博士の名前がある。
  56. ^ a b c d e f g h i j k Советская шифровальная служба: 1920 - 40e(ソビエト連邦の暗号化活動:1920-1940e)(ロシア語)” (2011年9月3日). 2013年12月18日閲覧。
  57. ^ a b 第二次世界大戦中のソビエト連邦の暗号化活動PDF版(ロシア語), p.69.
  58. ^ a b c d e f g В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА II. НАЧАЛО РАБОТ ПО СЕКРЕТНОЙ ТЕЛЕФОНИИ(第三圏のなかで - 第二章 秘話電話の仕事の開始)(ロシア語)” (1999年). 2013年12月18日閲覧。
  59. ^ a b c d 第二次世界大戦中のソビエト連邦の暗号化活動PDF版(ロシア語), p.70.
  60. ^ a b c d e f g h 第二次世界大戦中のソビエト連邦の暗号化活動(ロシア語), p.71.
  61. ^ Vladimir Kotelnikov. On the transmission capacity of "ether" and wire in electrocommunications, (英訳版) (PDF), Izd. Red. Upr. Svyazzi RKKA, 1933.
  62. ^ a b c d Chris Bissell (1999年). “Vladimir A. Kotelnikov”. IEEE. 2013年12月18日閲覧。
  63. ^ K.F. Kalachev (1999年). “В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА I. ИНФОРМАЦИЯ И СЕКРЕТНОСТЬ(第三圏のなかで - 第一章 情報とセキュリティ)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  64. ^ a b c d e f g h i K.F. Kalachev (1999年). “В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА III. ВОЙНА И ПОСЛЕВОЕННЫЕ ГОДЫ(第三圏のなかで - 第三章 戦争と戦後)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  65. ^ a b c d TICOM Investigations Volume2 - Notes on German High Level Cryptography and Cryptanalysis, p.73.
  66. ^ a b c d TICOM Investigations Volume2 - Notes on German High Level Cryptography and Cryptanalysis, p.74.
  67. ^ a b 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, p.402.
  68. ^ a b c d 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, p.404.
  69. ^ 日本無線史(第10巻)海軍無線史, p.377.
  70. ^ 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, p.432.
  71. ^ a b c 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, pp.433-435.
  72. ^ a b c 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, pp.391-392.
  73. ^ a b c d e f g 日本無線史(第10巻)海軍無線史, pp.378-379.
  74. ^ 警察庁 (1979年). “昭和58年警察白書 第9章 警察活動のささえ 5.通信 イ.通信指令システムと警察無線”. 警察庁. 2013年12月18日閲覧。
  75. ^ 郵政省総務省) (1979年11月). “昭和58年版通信白書 第2節 分野別利用状況 1.警察用”. 郵政省. 2013年12月18日閲覧。
  76. ^ T. Hoshi (2003年3月11日). “父島における短波回線の運用”. 2013年12月18日閲覧。
  77. ^ a b 国際電信電話株式会社. 国際電信電話株式会社25年史, pp.350-351, 国際電信電話株式会社, 1979.
  78. ^ 大岡 茂, 無線工学用語辞典,A-4型秘話装置, p7-35, 近代科学社 1978.
  79. ^ a b c d e A History of Secure Voice Coding (PDF)
  80. ^ a b c Melville Klein (2005年). “Telephone Secrecy (PDF)”. 2013年12月18日閲覧。
  81. ^ George Mace (2005年6月20日). “AUTOSEVOCOM I and II”. 2013年12月18日閲覧。
  82. ^ a b c A History of U.S. Communications Security (The David G. Boak Lectures), p.62.
  83. ^ a b c d e American Cryptology during the Cold War, 1945-1989, Book I, p.220.
  84. ^ a b Melville Klein (2005年). “Telephone Secrecy (PDF)”. 2013年12月18日閲覧。
  85. ^ Melville Klein. Data Transmission over Telephone Circuits, NSA Technical Journal, 1958.
  86. ^ a b KY-3 Wideband Voice Encryption” (2013年1月29日). 2013年12月18日閲覧。
  87. ^ a b c d Kenneth J. Halliwell. “TSEC/KY-3 Wideband Voice Encryption/Decryption”. 2013年12月18日閲覧。
  88. ^ a b c d A Brief History Of Cryptology, p.89.
  89. ^ a b c d e f g h Brooke Clarke (2002年11月26日). “AN/KY-38 Secure Voice System”. 2013年12月18日閲覧。
  90. ^ a b c d e A History of U.S. Communications Security Vol.II, p.43.
  91. ^ a b Charles R. Myer. VIETNAM STUDIES Division Level Communications, 1962-1973, DEPARTMENT OF THE ARMY, p.68, 1982.
  92. ^ a b c d A History of U.S. Communications Security Vol.II, p.44.
  93. ^ a b c d A Brief History Of Cryptology, p.95.
  94. ^ a b Paul Reuvers, Marc Simons (2013年4月1日). “SAVILLE NSA Type 1 cryptographic algorithm”. 2013年12月18日閲覧。
  95. ^ a b c d e f Jerry Proc (2009年1月25日). “CRYPTO MACHINE MENU PAGE”. 2013年12月18日閲覧。
  96. ^ a b Jerry Proc. “CRYPTO MACHINE MENU PAGE”. 2013年12月18日閲覧。
  97. ^ a b c d Jerry Proc (2012年9月11日). “BID/150 (Delphi)”. 2013年12月18日閲覧。
  98. ^ Jerry Proc (2007年8月28日). “BID/160 PICKWICK”. 2013年12月18日閲覧。
  99. ^ a b Jerry Proc (2011年2月20日). “BID/200 DAKOTA”. 2013年12月18日閲覧。
  100. ^ a b Paul Reuvers, Marc Simons (2012年5月14日). “BID/250 (Lamberton)”. Crypto Museum. 2013年12月18日閲覧。
  101. ^ Jerry Proc (2011年2月20日). “BID/270 GOLIATH”. 2013年12月18日閲覧。
  102. ^ Jerry Proc (2012年3月3日). “BID/290 Inkerman”. 2013年12月18日閲覧。
  103. ^ Tactical UK Military Satellite Ground Terminals - A Research and Review
  104. ^ a b Jerry Proc (2011年2月20日). “BID/310”. 2013年12月18日閲覧。
  105. ^ Jerry Proc. “BID/370”. 2013年12月18日閲覧。
  106. ^ Jerry Proc (2012年5月3日). “BID/820”. 2013年12月18日閲覧。
  107. ^ Jerry Proc (2011年4月16日). “BID/880 and 880/1- Franton”. 2013年12月18日閲覧。
  108. ^ a b c d e f g h K.F. Kalachev (1999年). “В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА V. СОЗДАНИЕ МАРФИНСКОЙ ЛАБОРАТОРИИ(第三圏のなかで - 第V章 マールフィノ研究所の創設)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  109. ^ 木村 浩他訳, 煉獄の中で, 世界文学全集43, 集英社, 1972.
  110. ^ a b c d e f g h В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА VI. В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ. НАЧАЛО.(第三圏のなかで - 第VI章 第三圏のなかで 始まり)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  111. ^ В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - 9.2. Борьба за улучшение качества речи.(第三圏のなかで - 第VI章第2節 音質改善への努力)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  112. ^ a b c В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА IV. УСПЕХИ ДЕШИФРОВАНИЯ(第三圏のなかで - 第IV章 解読方法の調査)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  113. ^ a b c Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.31.
  114. ^ 煉獄の中で, p.49.
  115. ^ 煉獄の中で - 解説, p.607.
  116. ^ В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ЭПИЛОГ(第三圏のなかで - エピローグ)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  117. ^ 煉獄の中で, pp.9-13.
  118. ^ a b c d Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.68.
  119. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.69.
  120. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.70.
  121. ^ a b В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - 9.5. О работе подразделений общего и производственного сектора(第三圏のなかで - 第IX章5節 ワークユニットと共通の製造セクター)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  122. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.71.
  123. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), pp.110-152.
  124. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.65.
  125. ^ 煉獄のなかで, p.13.
  126. ^ ソルジェニーツィン『煉獄のなかで』における声 : 言語秩序と「身体」をめぐって, p.333.
  127. ^ 例えば、煉獄のなかで, pp.9-32.
  128. ^ a b c d e В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА VII. НА ПУТИ К ПЕРВОМУ УСПЕХУ(第三圏のなかで - 第VII章 最初の成功への道)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  129. ^ a b c d e f g h i j k В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - ГЛАВА VIII. ОТ ПЕРВОГО УСПЕХА ДО ПЕРВОЙ ПОБЕДЫ(第三圏のなかで - 第VIII章 最初の成功から最初の勝利へ)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  130. ^ Lev Kopelev, Утоли моя печали(悲しみの癒し)(ロシア語), p.65. リーダーや研究所の所長自身が解放された囚人だったとの記述がある。
  131. ^ 煉獄のなかで, pp.54-61.
  132. ^ 煉獄のなかで, p.511.
  133. ^ a b c d e В КРУГЕ ТРЕТЬЕМ - 9.4. Реорганизация службы обеспечения безопасности связи в стране и изменение статуса Марфинской лаборатории(第三圏のなかで - 第IX章第4節 国家安全保障の確保のための再組織化とマールフィノ研究所の役割の変化)(ロシア語)”. 2013年12月18日閲覧。
  134. ^ a b c d e f g NIIA. “ОАО Концерн Автоматика - ИСТОРИЯ(公開株式会社 コンツェルン・オートメーション - 歴史)(ロシア語)”. NIIA. 2013年12月18日閲覧。
  135. ^ a b c Peter Chachin (2002年10月12日). “НИИ автоматики отмечает полувековой юбилей(オートメーション研究所の半世紀を祝う)(ロシア語)”. PC Week (Russian Edition). 2013年12月18日閲覧。
  136. ^ a b c d PNIEN (2012年). “ОАО «ПНИЭИ» - История предприятия(公開株式会社 ペンザ電気工学研究所 - 社史)(ロシア語)”. PNIEN (ПНИЭИ). 2013年12月18日閲覧。
  137. ^ Cyril Belianinov (1999年7月2日). “А наш чемоданчик стоит на запасном пути(ブリーフケースは我々の隣に置かれている)(ロシア語)”. Novye Izvestia. 2013年12月18日閲覧。
  138. ^ a b Wireless Security, p.306.
  139. ^ Springer Handbook of Speech Processing. p.331.
  140. ^ J.S. Collura, D.F. Brandt, D.J. Rahikka. The 1.2kbps/2.4kbps MELP speech coding suite with integrated noise pre-processing. IEEE Mil. Commun.Conf. Proc., Vol.2, pp.1449-1453. 1999.
  141. ^ PERSONAL HANDY PHONE SYSTEM ARIB STANDARD Ver.6.0, pp.143-144.
  142. ^ a b c d 暗号辞典, p.75.
  143. ^ PERSONAL HANDY PHONE SYSTEM ARIB STANDARD Ver.6.0, pp.148-149.
  144. ^ a b PERSONAL HANDY PHONE SYSTEM ARIB STANDARD Ver.6.0, p.148.
  145. ^ PERSONAL HANDY PHONE SYSTEM ARIB STANDARD Ver.6.0, p.322.
  146. ^ XGP Forum (2013年). “XGPフォーラム”. 2013年12月18日閲覧。
  147. ^ 暗号辞典, p.249.
  148. ^ GSMA (2013年). “Brief History of GSM & the GSMA”. 2013年12月18日閲覧。
  149. ^ 3GPP (2003年). “3GPP TS 55.216 - History (pdf)”. pp. 27. 2013年12月18日閲覧。
  150. ^ IT Media (2002年). “国産暗号「KASUMI」がGSM標準に”. 2013年12月18日閲覧。
  151. ^ “Real Time Cryptanalysis of A5/1 on a PC”. Fast Software Encryption—FSE 2000: 1–18. http://cryptome.info/0001/a51-bsw/a51-bsw.htm. 
  152. ^ a b c Instant Ciphertext-Only Cryptanalysis of GSM Encrypted Communication by Barkan and Biham of Technion”. 2013年12月18日閲覧。
  153. ^ 例えば、電子情報通信学会 1章ブロック暗号, pp.6-7.など参照
  154. ^ Security architecture (Release 9), pp.38-39.
  155. ^ 3GPP. “3GPP confidentiality and integrity algorithms”. 2013年12月18日閲覧。
  156. ^ Ulrich Kühn. “Cryptanalysis of Reduced Round MISTY”. EUROCRYPT 2001. http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/summary?doi=10.1.1.59.7609 
  157. ^ Eli Biham, Orr Dunkelman, Nathan Keller. “A Related-Key Rectangle Attack on the Full KASUMI” (ps). ASIACRYPT 2005. pp. 443–461. http://www.ma.huji.ac.il/~nkeller/kasumi.ps 
  158. ^ 3GPP (2006年). “3GPP Specification detail - 3GPP TS 35.216”. 2013年12月18日閲覧。
  159. ^ 3GPP (2006年). “Specification of the 3GPP Confidentiality and Integrity Algorithms UEA2 & UIA2; Document 2: SNOW 3G specification (pdf)”. 2013年12月18日閲覧。
  160. ^ Security architecture (Release 9), pp.39-41.
  161. ^ a b c Security Provisions in CDMA2000 Networks. pp. 5. 
  162. ^ CDMA Authentication. pp. 1. 
  163. ^ Security Provisions in CDMA2000 Networks. pp. 5-13. 
  164. ^ CDMA Authentication. pp. 5. 
  165. ^ a b c Security Provisions in CDMA2000 Networks. pp. 17-18. 
  166. ^ a b Security Provisions in CDMA2000 Networks. pp. 13-16. 
  167. ^ Security Provisions in CDMA2000 Networks. pp. 19-20. 
  168. ^ SAE/LTEを実現するセキュリティ技術. pp. 29. 
  169. ^ a b c SAE/LTEを実現するセキュリティ技術. pp. 29-30. 
  170. ^ 3GPP Specification Status Report”. 2013年12月18日閲覧。
  171. ^ 3GPP2 Published Document Library”. 2013年12月18日閲覧。
  172. ^ 例えば、3GPP. “3G security; Security architecture”. 2013年12月18日閲覧。
  173. ^ a b c Wiretap Report 2012” (2012年). 2013年12月18日閲覧。
  174. ^ James Risen, Eric Lichtblau (2005年12月16日). “Bush Lets U.S. Spy on Callers Without Courts”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/12/16/politics/16program.html?pagewanted=all 2012年12月29日閲覧。 
  175. ^ Jacob Appelbaum et al. (2013年10月23日). “Berlin Complains: Did US Tap Chancellor Merkel's Mobile Phone?”. SPIEGEL ONLINE. http://www.spiegel.de/international/world/merkel-calls-obama-over-suspicions-us-tapped-her-mobile-phone-a-929642.html 2013年12月18日閲覧。 
  176. ^ “NSA-Überwachung: Merkels Handy steht seit 2002 auf US-Abhörliste” (German). Der Spiegel. (2012年10月26日). http://www.spiegel.de/politik/deutschland/nsa-ueberwachung-merkel-steht-seit-2002-auf-us-abhoerliste-a-930193.html 2013年12月18日閲覧。 
  177. ^ U.S. monitored German Chancellor Angela Merkel's phone since 2002” (2012年10月26日). 2013年12月18日閲覧。
  178. ^ James Ball (2013年10月24日). “NSA monitored calls of 35 world leaders after US official handed over contacts”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2013/oct/24/nsa-surveillance-world-leaders-calls 2013年12月18日閲覧。 
  179. ^ a b 法務省 (2012年). “平成24年中の通信傍受の実施状況等に関する公表”. 2013年12月18日閲覧。
  180. ^ a b NSA. Bluetooth Security. p. 1. 
  181. ^ a b Guide to Bluetooth Security. pp. 17-19. 
  182. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 12-15. 
  183. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 16-17. 
  184. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 12-13. 
  185. ^ Bart Preneel. Mobile and Wireless Communications Security, NATO Science for Peace and Security Series D, pp.119-133, 2008.
  186. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 14. 
  187. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 17. 
  188. ^ Guide to Bluetooth Security. pp. 18. 
  189. ^ Bluetooth Specification Core Version 4.0 - SECURITY SPECIFICATION. pp. 1073. 
  190. ^ Bluetooth Specification Core Version 4.0 - SECURITY SPECIFICATION. pp. 1075-1077. 
  191. ^ Bluetooth Specification Headset Profile (HSP). pp. 8. 
  192. ^ NSA. Bluetooth Security. pp. 2. 
  193. ^ a b c S.C.Kak. Scrambling and Randomization, Proc. CRYPTO 81, pp.59-63, 1981.
  194. ^ 現代暗号理論, pp.261-263.
  195. ^ Wireless Security, p.293.
  196. ^ a b c d e f g 現代暗号理論, p.261.
  197. ^ a b c Wireless Security, p.294.
  198. ^ a b c d e f g 現代暗号理論, p.262.
  199. ^ Wireless Security, p.325.
  200. ^ a b c d e f g A. Srinivasan, P. Arul Selvan. A Review of Analog Audio Scrambling Methods for Residual Intelligibility, ISDE, Vol.3, No.7 , 2012.
  201. ^ B. A. Blesser. Inadequacy of a Spectral Description in Relationship to Speech Perception, J. Acoust. Soc. Am. Vol.47, Issue 1A, p.66 ,1970.
  202. ^ a b c d e f g h James E. Gilley (2003年9月16日). “Selected Comments on Scrambler Security (pdf)”. 2013年12月18日閲覧。
  203. ^ a b c 日本無線史(第9巻)陸軍無線史, p.433.
  204. ^ a b Wireless Security, p.295.
  205. ^ a b c Wireless Security, p.297.
  206. ^ a b c Wireless Security, p.298.
  207. ^ a b S.Sridharan, et.al. Speech Encryption using Fast Fourier Transform Techniques, Proc. 2nd Int. Conf. SST Australia, pp. 414-419, 1988.
  208. ^ a b c d e f Wireless Security, p.303.
  209. ^ a b c d e f g A classification of time element speech scramblers, pp.391-396.
  210. ^ a b c Analog Scramblers for Speech Based on Sequential Permutations in Time and Frequency, pp25-45.
  211. ^ Wireless Security, p.304.
  212. ^ a b Wireless Security, p.300.
  213. ^ a b c Wireless Security, p.301.
  214. ^ a b c 現代暗号理論, p.263.


「秘話」の続きの解説一覧

秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/16 16:12 UTC 版)

共同電話」の記事における「秘話」の解説

電話番号個別に割り当てられ電鈴による個別呼び出し可能な他の加入者通話聞こえないもの。

※この「秘話」の解説は、「共同電話」の解説の一部です。
「秘話」を含む「共同電話」の記事については、「共同電話」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 20:30 UTC 版)

Vacancy Control」の記事における「秘話」の解説

本来「vacancy」の発音は【véɪk(ə)nsi】ベイケ(カ)ンシーだが、メンバーは「バカンシー」だと解釈して命名してしまった。気付いた頃には時すでに遅く後に発売されバンドのオフィシャルタオルに「誰になんと言われようとバカンシーコントロールです。」と、開き直ったような台詞プリントされているのは、これに由来する

※この「秘話」の解説は、「Vacancy Control」の解説の一部です。
「秘話」を含む「Vacancy Control」の記事については、「Vacancy Control」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 14:37 UTC 版)

Booing!!!」の記事における「秘話」の解説

当日はセレッソ大阪ホームイベントだったため、LUKA倉田)を含めたメンバーセレッソユニフォーム着用して出演。しかしYURICA)はFC東京応援番組FC東京VIVA Paradise」のリポーターだった関係で自身のFC東京ユニフォーム着用して登場当然の如くYURICAには、場内から"ブーイング"を浴びせられた。

※この「秘話」の解説は、「Booing!!!」の解説の一部です。
「秘話」を含む「Booing!!!」の記事については、「Booing!!!」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/17 10:08 UTC 版)

影の交渉人 ナニワ人情列伝」の記事における「秘話」の解説

作品出てくるマセラティ竹内自身の車であり、大阪ナンバー変え使用している

※この「秘話」の解説は、「影の交渉人 ナニワ人情列伝」の解説の一部です。
「秘話」を含む「影の交渉人 ナニワ人情列伝」の記事については、「影の交渉人 ナニワ人情列伝」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 14:58 UTC 版)

丸谷嘉彦」の記事における「秘話」の解説

1998年1月28日仮面ライダーシリーズ原作者石ノ森章太郎死去した。その数週間後、石森プロ関係者東映鈴木武幸脚本家の井上敏MBSの丸谷の四者により、『仮面ライダーガイア』(『仮面ライダークウガ』の没企画)の名前で原点回復目指し改造人間ではない「仮面ライダー」新作企画された。 この新仮面ライダー1998年秋に『超光戦士シャンゼリオン』スタッフ再集結する形でウルトラマンダイナ』の後番組として土曜夕方6時での放送目指していた。しかし、円谷プロバンダイも既に「ガイア」の名称を用いた『ウルトラマンガイア』企画しており、結局はそちらの製作が決定した事により毎日放送TBS系での仮面ライダー放送実質不可能になった。その後一部手直しの上企画され『仮面ライダークウガ』『仮面ライダーアマゾン』までネット受けしていたテレビ朝日引き受け以後仮面ライダーシリーズ』として継続されている。

※この「秘話」の解説は、「丸谷嘉彦」の解説の一部です。
「秘話」を含む「丸谷嘉彦」の記事については、「丸谷嘉彦」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 14:33 UTC 版)

小畑敏四郎」の記事における「秘話」の解説

1945年昭和20年9月2日の太平洋戦争降伏文書調印式に、陸軍参謀総長梅津美治郎出席渋って居るのを見て、「今更敗け陸軍何の面目があるのだ。降伏調印参謀総長が行くのが嫌なら陸軍代表としてが行ても良いぞ」と梅津叱り飛ばし梅津降伏調印式出席納得させたという。

※この「秘話」の解説は、「小畑敏四郎」の解説の一部です。
「秘話」を含む「小畑敏四郎」の記事については、「小畑敏四郎」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 10:19 UTC 版)

富士錦猛光」の記事における「秘話」の解説

長男一宮章一)がプロレス入りしたことに一時期激怒し勘当していたことがある。 髙砂部屋の床山だった床寿によれば富士錦演歌好きだったが、カラオケでは何故か『さざんかの宿』大川栄策)と『長良川艶歌』(五木ひろし)しか歌わなかったという。 新弟子勧誘する度にその新弟子候補記念撮影行っていたが、撮影際にの中で膝を曲げてわざと新弟子候補自分より大きく見えるようにしていた。同郷山梨県)の後輩であった富士櫻も「いやあ、君は背が高いなあ。ほら、オレりもこんなに。ウンこれなら大丈夫だ立派な関取になれる」と富士錦口説かれ入門したが、入門後にどの兄弟子見て自分より大きかったのでショックを受け、後になってそのカラクリ気付いたという。 高砂部屋伝統の皿土俵本場所土俵勝手が違うため、1961年5月場所7日目行われた高砂一門座談会司会北出清五郎から感想を聞かれたが、その時「さあ。ワシら大体、あんまり残ろうって気はないから(笑)」と答えた

※この「秘話」の解説は、「富士錦猛光」の解説の一部です。
「秘話」を含む「富士錦猛光」の記事については、「富士錦猛光」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 22:48 UTC 版)

水原弘」の記事における「秘話」の解説

1973年昭和48年)の年明け頃から、暴力団追放運動盛んになり、美空ひばり実弟不祥事発覚や、デビュー以来山口組及び三代目組長田岡一雄との公私にわたる長年親密な関わり問題視されたことをきっかけに全国公会堂市民会館での公演ボイコットされていた時、水原演劇プロデューサー黒田耕司から名古屋御園座での4月公演美空ひばり特別公演」の芝居「かすりの女」への出演依頼された。「歌手ありながら自分歌わず芝居でのひばりの相手役だけの出演」という依頼であったにも関わらず水原は「お嬢美空ひばり)が困っているんだ。本当の友ならこういう時に助けてあげるのが筋だろう」と、これを快諾水原男気にはひばり本人を始め舞台関係者感激したという。

※この「秘話」の解説は、「水原弘」の解説の一部です。
「秘話」を含む「水原弘」の記事については、「水原弘」の概要を参照ください。


秘話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 23:26 UTC 版)

大行進曲「大日本」」の記事における「秘話」の解説

この曲の作曲者である斉藤丑松は、楽想を練るために約一ヶ月もの間、皇居前にたたずんだという。

※この「秘話」の解説は、「大行進曲「大日本」」の解説の一部です。
「秘話」を含む「大行進曲「大日本」」の記事については、「大行進曲「大日本」」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「秘話」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

秘話

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 09:46 UTC 版)

発音

名詞

(ひわ)

  1. 一般の人に知られていない

「秘話」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



秘話と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秘話」の関連用語

秘話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秘話のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秘話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの共同電話 (改訂履歴)、Vacancy Control (改訂履歴)、Booing!!! (改訂履歴)、影の交渉人 ナニワ人情列伝 (改訂履歴)、丸谷嘉彦 (改訂履歴)、小畑敏四郎 (改訂履歴)、富士錦猛光 (改訂履歴)、水原弘 (改訂履歴)、大行進曲「大日本」 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの秘話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS