ユニフォームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ユニフォームの意味・解説 

ユニフォーム【uniform】

読み方:ゆにふぉーむ

ユニホーム

「ユニフォーム」に似た言葉

ユニフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 08:13 UTC 版)

ユニフォーム(uniform)は、スポーツ、特に団体競技においてチームとして統一性を持った服装のことである。




  1. ^ 咲き乱れよ 冬の妖精…ファッション学 - 読売新聞、2014年2月20日 朝刊24面
  2. ^ 陸上競技ルールブック2013
  3. ^ 中山淳「Jクラブ歴代ユニフォーム完全カタログ 東日本編」 えい出版社
  4. ^ ユニフォーム規程 (PDF)”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2014年8月30日閲覧。
  5. ^ 2011年度版バレーボール6人制競技規則 70ページ(日本バレーボール協会発行)
  6. ^ オーセンティックとレプリカの違い?サッカーユニフォームの種類について”. イレブンストア楽天市場店. 2019年6月25日閲覧。
  7. ^ サッカーのレプリカユニフォームの用途って?”. 調整さん. 2019年6月25日閲覧。


「ユニフォーム」の続きの解説一覧

ユニフォーム(Captain America's Uniform)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 23:50 UTC 版)

キャプテン・アメリカ」の記事における「ユニフォーム(Captain America's Uniform)」の解説

と同様星条旗をモチーフにした、スティーブ専用戦闘服ヘルメットヘルメット額部分に“A”アルファベットが、両脇には小さな羽がそれぞれ描かれており、口元以外の頭部保護するマスクとして用いられ戦闘服本体とは一体型ではない代わりに留め付属している。

※この「ユニフォーム(Captain America's Uniform)」の解説は、「キャプテン・アメリカ」の解説の一部です。
「ユニフォーム(Captain America's Uniform)」を含む「キャプテン・アメリカ」の記事については、「キャプテン・アメリカ」の概要を参照ください。


ユニフォーム(二軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:36 UTC 版)

埼玉西武ライオンズ」の記事における「ユニフォーム(二軍)」の解説

1976年 - 基本的に前年同じもの使用帽子同年の一軍同じくTLマーク入れたものを使用2005年 - 2006年 - 二軍球団名インボイス変更され帽子のマーク・ホーム用の西武百貨店マークインボイス社の社章変更ロゴも「INVOICE」となる(書体従来と同じ)。 2007年 - 二軍球団名グッドウィル変更。胸のロゴが「GoodWill」となり、ホーム用は、一軍ビジター用グレー部分背中を白にしたもの背番号ロゴ一軍ホーム用と同じ)が使用されビジター用は、一軍のものから首のラインはずしたものがそれぞれ使用された。帽子マークグッドウィル社章変更

※この「ユニフォーム(二軍)」の解説は、「埼玉西武ライオンズ」の解説の一部です。
「ユニフォーム(二軍)」を含む「埼玉西武ライオンズ」の記事については、「埼玉西武ライオンズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユニフォーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ユニフォーム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユニフォーム」の関連用語

ユニフォームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユニフォームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニフォーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャプテン・アメリカ (改訂履歴)、埼玉西武ライオンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS