フロックコートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > ファッション > 礼服 > フロックコートの意味・解説 

フロックコート [5] 【frock coat】

男性昼間礼服上着ダブルで丈はひざまであり,縞のズボン組み合わせて着る。現在はモーニング-コートの方が多く用いられる。 「所へ広田先生が-で天長節の式から帰つて来た/三四郎 漱石

フロックコート


フロックコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 03:25 UTC 版)

フロックコート(英:Frock Coat、米(別名):Prince Albert coat)は19世紀中頃から20世紀初頭にかけて使用された昼間の男性用礼装である。ダブルブレストで黒色のものが正式とされ、フロックコートとシャツベストズボンネクタイで一揃いになった。その後モーニングコートに取って代わられ、現在では前合わせがシングルのものも多く見られるようになり、結婚式で使われるくらいになった。






「フロックコート」の続きの解説一覧



フロックコートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フロックコート」の関連用語

フロックコートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フロックコートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2019 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフロックコート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS