手拭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 手拭 > 手拭の意味・解説 

手ぬぐい

読み方:てぬぐい
別表記:手拭い、手拭

主に手や顔などを拭くために用いられる布。タオルを指す場合もある。

手拭

読み方:テヌグイtenugui

手をぬぐうほか、被り物として頻繁に使用された。


手拭

作者小山栄

収載図書坂道
出版社皆美社
刊行年月1995.6


手拭

作者矢口晃

収載図書短編小説晩成
出版社文芸社
刊行年月2007.5


手拭

読み方:かみなげし

  1. てぬぐひのこと。建築長押にたとへていふ、大工符牒

分類 東京大工

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手拭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 08:30 UTC 版)

手拭(てぬぐい)は、汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿平織りである。その他、寒暑除けや塵除けなどの目的や、祭礼においての装身具として頭にかぶるものである。




  1. ^ 勝川春章画:四代目松本幸四郎
  2. ^ 歌川国芳画:自画像
  3. ^ 歌川国芳画:『東都富士見三十六景』の『新大橋 橋下の眺望』
  4. ^ コトバンク
  5. ^ 歌川国芳画:『夕寿豆美』
  6. ^ 朝櫻楼国芳画:『艶 發合』『女 みは』「みわ」という女が(かもじ・髪文字)を作っているところ
  7. ^ 葛飾北斎画:『東海道五十三次』の『吉田宿
  8. ^ 東洲齋寫樂 画:『四代目[[松本幸四郎 (4代目)|]]の肴屋五郞兵衞』大判錦絵、『敵討乘合話』より、寛政6年
  9. ^ 葛飾北斎画:『北斎漫画』井戸から水を汲み、水桶を天秤棒で担いで運ぶ女達。





手拭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手拭」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

手拭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手拭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手拭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS