夜鷹とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 夜鷹の意味・解説 

よ たか [1] 【夜鷹

一種全長30センチメートル全体地味な黒褐色で,細かい模様があり,口が大きい。低空飛びながら昆虫類をとる。他の異なりと平行にとまる。アジア東部から南部分布日本には夏鳥として渡来し,四国以北繁殖する。蚊吸い鳥。嫁起こし。 〔「蚊母鳥」 「怪鴟」などとも書く〕
江戸で,夜,路傍で客を引いた下級売春婦辻君つじぎみ夜発(やほつ)総嫁(そうか)
「夜鷹そば」の略。


夜鷹

読み方:ヨタカ(yotaka)

(1)江戸時代夜間街頭にあって客の袖を引く売春婦
(2)夜鷹蕎麦

別名 引張り夜発総嫁辻君


夜鷹

作者スチュアート・ダイベック

収載図書シカゴ育ち
出版社白水社
刊行年月1992.4


夜鷹

作者山手樹一郎

収載図書めおと雪
出版社桃園書房
刊行年月2000.2
シリーズ名桃園文庫


夜鷹

作者小杉健治

収載図書母子草どぶ板文吾義侠
出版社講談社
刊行年月2006.10
シリーズ名講談社文庫


夜鷹

読み方:ヨタカ(yotaka)

ヨタカ科

学名 Caprimulgus indicus


夜鷹

読み方:よたか,よだか

  1. 売春婦。〔第二類 人物風俗
  2. 夜間路傍にありて、通行男子を誘ひ、密に淫をひさぐ女のこと。
  3. 夜になると河原公園に出かけて淫を鬻ぐ賎女のことをいふ。〔情事語〕
  4. 〔情〕昔のストリートガールのこと。夜る野に伏すといふところから出た名称。街上淫売婦異名、「夜女」「夜発」ともいふ。
  5. 夜になると河原公園に出かけて淫を鬻ぐ賎女のことをいふ。
  6. 淫売婦
  7. 淫売婦のことをいふ。
  8. 売春婦を云ふ。
  9. 辻君淫売婦
  10. 夜出て餌をさがし歩くの意で、⑴夜遅くまで売歩く蕎麦屋-夜なきそば。⑵街に客を求め淫売婦のこと。
  11. 街娼別に地獄辻君、やおち、ともいう。蚊母鳥(よたか)は森林中に棲み、昼は上で休み夕刻から活動する鳥の名。連想語。〔俗〕
  12. 売春婦

分類 ルンペン大阪俗語、俗/一般、情、情事語、東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

夜鷹

読み方:ヨタカ(yotaka)

ヨタカ科

季節

分類 動物


夜鷹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/17 23:59 UTC 版)

夜鷹(よたか)は、




「夜鷹」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「夜鷹」の関連用語

夜鷹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

発会記念

ニット

周桑和紙

元滝伏流水

目数リング

酸性ガス除去プロセス

女矢竹

OP-3C





夜鷹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夜鷹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS