性病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 病気 > 性病の意味・解説 

性病

・性病

淋菌場合淋菌性結膜炎起こしてきます。症状は,まぶたが強く腫れたり,膿のような目やにがでたり,放置すれば角膜穿孔して失明します。昔はこれが原因失明した人も多かったようですが,ペニシリンがある現在では,失明にまで至ることはなく,患者数も減っている病気です。先天性梅毒では角膜実質炎ブドウ膜炎(網脈絡膜炎)が起こり後天性梅毒ではブドウ膜炎虹彩毛様体炎)を起こすことが多いようです


性病

主にセックスによって感染する病気で、梅毒淋病軟性下疳なんせいげかん)、鼠径(そけい)リンパ肉芽腫の4つをいいます。
これらの病気は、「性病予防法」という法律によって、医師患者発見したときは必ず保健所届け出なければならないことになっています。


性病

Venereal disease

【概要】 性交によって感染する疾患。「性病予防法(1948)」では性病を、1)梅毒、2)淋病、3)鼡径リンパ肉芽腫症、4)軟性下疳限っていた。現在は感染症予防法一括するので、いわゆる"性病"という言葉は、性感染症に置き換わった。

《参照》 性感染症


性病

作者磯部裕之

収載図書ショートショートの広場 14
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


性感染症

(性病 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 03:51 UTC 版)

性感染症(せいかんせんしょう、性行為感染症性病: sexually transmitted infections: STI, sexually transmitted diseases: STD, venereal diseases: VD)とは、膣性交肛門性交口腔性交を含む性行為によって感染する感染症である。ほとんどの性感染症は感染初期に症状を示さない[1]。そのため他の人へ感染させやすい。[2][3]。症状と徴候として膣やペニスの分泌物、性器やその周辺に生じる潰瘍、下腹部痛などが含まれる。妊娠や出産に伴う感染では新生児の予後不良となりうる。また、不妊の原因となることもある。[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Sexually transmitted infections (STIs) Fact sheet N°110”. who.int (2013年11月). 2014年11月30日閲覧。
  2. ^ Medical microbiology (7th ed.). St. Louis, Mo.: Mosby. (2013). p. 418. ISBN 9780323086929. https://books.google.com/books?id=RBEVsFmR2yQC&pg=PA418. 
  3. ^ Goering, Richard V. (2012). Mims' medical microbiology. (5th ed.). Edinburgh: Saunders. p. 245. ISBN 9780723436010. https://books.google.ca/books?id=pzQayLEQ5mQC&pg=PA245. 
  4. ^ a b c d e f g How You Can Prevent Sexually Transmitted Diseases”. cdc.gov (2013年11月5日). 2014年12月5日閲覧。
  5. ^ Centers for Disease Control and Prevention, (CDC) (10 August 2012). “Update to CDC's Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010: oral cephalosporins no longer a recommended treatment for gonococcal infections.”. MMWR. Morbidity and mortality weekly report 61 (31): 590–4. PMID 22874837. 
  6. ^ GBD 2013 Mortality and Causes of Death, Collaborators (17 December 2014). “Global, regional, and national age-sex specific all-cause and cause-specific mortality for 240 causes of death, 1990-2013: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2013.”. Lancet 385 (9963): 117–71. doi:10.1016/S0140-6736(14)61682-2. PMC 4340604. PMID 25530442. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4340604/. 
  7. ^ STD Trends in the United States: 2010 National Data for Gonorrhea, Chlamydia, and Syphilis”. Centers for Disease Control and Prevention. 2012年9月15日閲覧。
  8. ^ Gerd Gross, Stephen K. Tyring (2011). Sexually transmitted infections and sexually transmitted diseases. Heidelbergh: Springer Verlag. p. 20. ISBN 9783642146633. https://books.google.com/books?id=AnoGccgd7yQC&pg=PR20. 
  9. ^ a b Organization, World Health (2003). Guidelines for the management of sexually transmitted infections. Geneva: World Health Organization. p. vi. ISBN 9241546263. http://applications.emro.who.int/aiecf/web79.pdf. 
  10. ^ Sexually transmitted diseases (STDs)?”. PLWHA/National AIDS Resource Center. 2013年3月25日閲覧。
  11. ^ K. Madhav Naidu. “Epidemiology and Management”. Community Health Nursing. Gyan Publishing House (2010). p. 248. 
  12. ^ Male STI check-up video”. Channel 4 (2008年). 2009年1月22日閲覧。
  13. ^ Hoffman, Barbara (2012). Williams gynecology. New York: McGraw-Hill Medical. ISBN 9780071716727. 
  14. ^ 齋藤紀先(弘前大学大学院医学研究科准教授) (2017年9月10日). “性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASK984V82K98UBQU01F.html 2019年4月13日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f 『標準微生物学』 平松啓一・中込治、医学書院、2009年、第10版、585頁。ISBN 978-4-260-00638-5
  16. ^ Ljubin-Sternak, Suncanica; Mestrovic, Tomislav (2014). “Review: Clamydia trachonmatis and Genital Mycoplasmias: Pathogens with an Impact on Human Reproductive Health”. Journal of Pathogens 2014 (183167): 1–15. doi:10.1155/2014/183167. PMC 4295611. PMID 25614838. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4295611/. 
  17. ^ Zarei, Omid; Rezania, Simin; Mousavi, Atefeh (2013). “Mycoplasma genitalium and Cancer: A Brief Review”. Asian Pacific Journal of Cancer Prevention 14 (6): 3425–3428. doi:10.7314/APJCP.2013.14.6.3425. ISSN 1513-7368. 
  18. ^ Manchester, Marianne; McGowin, Chris L.; Anderson-Smits, Colin (2011). “Mycoplasma genitalium: An Emerging Cause of Sexually Transmitted Disease in Women”. PLoS Pathogens 7 (5): e1001324. doi:10.1371/journal.ppat.1001324. ISSN 1553-7374. 
  19. ^ Caini, Saverio; Gandini, Sara; Dudas, Maria; Bremer, Viviane; Severi, Ettore; Gherasim, Alin (2014). “Sexually transmitted infections and prostate cancer risk: A systematic review and meta-analysis”. Cancer Epidemiology 38 (4): 329–338. doi:10.1016/j.canep.2014.06.002. ISSN 1877-7821. PMID 24986642. 
  20. ^ Ljubin-Sternak, Sunčanica; Meštrović, Tomislav (2014). “Chlamydia trachomatisand Genital Mycoplasmas: Pathogens with an Impact on Human Reproductive Health”. Journal of Pathogens 2014: 1–15. doi:10.1155/2014/183167. ISSN 2090-3057. PMC 4295611. PMID 25614838. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4295611/. 
  21. ^ Schlicht, M. J.; Lovrich, S. D.; Sartin, J. S.; Karpinsky, P.; Callister, S. M.; Agger, W. A. (2004). “High Prevalence of Genital Mycoplasmas among Sexually Active Young Adults with Urethritis or Cervicitis Symptoms in La Crosse, Wisconsin”. Journal of Clinical Microbiology 42 (10): 4636–4640. doi:10.1128/JCM.42.10.4636-4640.2004. ISSN 0095-1137. 
  22. ^ McIver, C. J.; Rismanto, N.; Smith, C.; Naing, Z. W.; Rayner, B.; Lusk, M. J.; Konecny, P.; White, P. A. et al. (2009). “Multiplex PCR Testing Detection of Higher-than-Expected Rates of Cervical Mycoplasma, Ureaplasma, and Trichomonas and Viral Agent Infections in Sexually Active Australian Women”. Journal of Clinical Microbiology 47 (5): 1358–1363. doi:10.1128/JCM.01873-08. ISSN 0095-1137. 
  23. ^ Taylor-Robinson D, Clin Infect Dis. 1996 Oct;23(4):671-82; quiz 683-4. Infections due to species of Mycoplasma and Ureaplasma: an update.
  24. ^ Clark, Natalie; Tal, Reshef; Sharma, Harsha; Segars, James (2014). “Microbiota and Pelvic Inflammatory Disease”. Seminars in Reproductive Medicine 32 (01): 043–049. doi:10.1055/s-0033-1361822. ISSN 1526-8004. PMC 4148456. PMID 24390920. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4148456/. 
  25. ^ Larsen, Bryan; Hwang, Joseph (2010). “Mycoplasma, Ureaplasma, and Adverse Pregnancy Outcomes: A Fresh Look”. Infectious Diseases in Obstetrics and Gynecology 2010: 1–7. doi:10.1155/2010/521921. ISSN 1064-7449. 
  26. ^ メルクマニュアルー鼠径部肉芽腫、Merck。2016年12月29日閲覧
  27. ^ “Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2006.”. MMWR Recomm Rep 55 (RR–11): 1–94. (2006). PMID 16888612. http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/rr/rr5511.pdf. 
  28. ^ “Evidence of transmission of hepatitis D virus to spouses from sequence analysis of the viral genome”. Hepatology 22 (6): 1656–60. (1995). doi:10.1002/hep.1840220607. PMID 7489970. 
  29. ^ Farci P (2003). “Delta hepatitis: an update”. J Hepatol 39 (Suppl 1): S212–9. doi:10.1016/S0168-8278(03)00331-3. PMID 14708706. 
  30. ^ “Hepatitis B virus infection: co-infection with hepatitis C virus, hepatitis D virus, and human immunodeficiency virus”. Clin Liver Dis 8 (2): 445–60, viii. (2004). doi:10.1016/j.cld.2004.02.005. PMID 15481349. 
  31. ^ HIV・性感染症に関する検査・相談のための保健所マップ(東京都保健福祉局)
  32. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 38.
  33. ^ a b 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 48.
  34. ^ a b c d e f g h 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 8.
  35. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, pp. 8, 91.
  36. ^ a b 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 91.
  37. ^ a b 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 54.
  38. ^ a b 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 51.
  39. ^ 性感染症について (ファクトシート)” (2013年11月). 2017年1月19日閲覧。
  40. ^ Expedited Partner Therapy in the Management of Sexually Transmitted Diseases (2 February 2006) U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES PUBLIC HEALTH SERVICE. Centers for Disease Control and Prevention National Center for HIV, STD, and TB Prevention
  41. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 58.
  42. ^ a b c 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 37.
  43. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, pp. 51-55.
  44. ^ Tanaka, Masatoshi; Furuya, Ryusaburo; Irie, Shinichiro; et al. (2015). “High Prevalence of Azithromycin-Resistant Neisseria gonorrhoeae Isolates With a Multidrug Resistance Phenotype in Fukuoka, Japan”. Sexually Transmitted Diseases 42 (6): 337–341. doi:10.1097/OLQ.0000000000000279. PMID 25970312. 
  45. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 61.
  46. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 92.
  47. ^ a b 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, pp. 92-93.
  48. ^ 性感染症 診断・治療ガイドライン 2016, p. 77.
  49. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症 国立感染症研究所
  50. ^ HIV/AIDS 2014年 IASR Vol. 36 p. 165-p. 166: 2015年9月号] 国立感染症研究所
  51. ^ IDWR 2015年第44号 注目すべき感染症 「梅毒」 国立感染症研究所


「性感染症」の続きの解説一覧



性病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性病」の関連用語

性病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



性病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性感染症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS