病原菌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > 病原菌の意味・解説 

びょうげん‐きん〔ビヤウゲン‐〕【病原菌】

読み方:びょうげんきん

病気の原因となる細菌病菌


病原菌

作者山谷一也

収載図書八月のつっけんどん
出版社文芸社
刊行年月2001.2


病原体

(病原菌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 01:36 UTC 版)

病原体(びょうげんたい、: pathogen)とは、生体(生物)に寄生して病気を起こさせる原生動物細菌ウイルスなどの生物[1]。寄生する生物類のなかでも特に病原性を持つもの。


  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』
  2. ^ a b c d e f g h i 日本大百科事典、【病原体】



病原菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:30 UTC 版)

銃・病原菌・鉄」の記事における「病原菌」の解説

後のヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化文脈では、先住民95%はヨーロッパ人持ち込んだ病気により死んだ考えられている。多く天然痘麻疹などの伝染病により死んだオーストラリア南アフリカでも同様の状況見られた。オーストラリアアボリジニコイコイ人天然痘麻疹インフルエンザなどの伝染病により多く死んだアメリカ大陸にあった病気によりヨーロッパ人死ななかったのはなぜだろうかダイアモンドは、これらの病気ほとんどは都市の人口密度の高い集団発達し維持されてきたのではないか推測している。彼はまた、ほとんどの伝染病家畜同様の病気から進化した述べている。農業支えられ人口密度増加と、家畜化された動物人間密接な関係併せ効果により、動物病気人間感染し結果としてヨーロッパ社会は、ヨーロッパ人自然淘汰により免疫獲得する黒死病その他の伝染病参照危険な病原体を、ネイティブアメリカン狩猟採集民農民よりも長い時間かけて獲得したダイアモンドは、ヨーロッパアフリカ進出制限した熱帯病(主にマラリア)を例外として挙げている。また、固有の伝染病東南アジアニューギニアへのヨーロッパ植民地化障害となっていた。

※この「病原菌」の解説は、「銃・病原菌・鉄」の解説の一部です。
「病原菌」を含む「銃・病原菌・鉄」の記事については、「銃・病原菌・鉄」の概要を参照ください。


病原菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 20:45 UTC 版)

生物農薬」の記事における「病原菌」の解説

生物農薬(菌類が多い)が害虫(昆虫が多い)に感染し死亡させるもの。また、害虫死亡至らせられないが、活動性低下させることを目的したものもある。 例:害虫アブラムシ類に感染するバーティシリウム・レカニ剤(菌類学名Verticillium lecanii (Zimmermann) Viegas)。害虫死亡する。 例:害虫ネコブセンチュウ感染するパスツーリア・ペネトランス剤(細菌学名Pasteuria penetrans)。害虫死亡しないものの栄養奪われ産卵不能になったり運動能力抑制されるので作物に対する被害軽くなる

※この「病原菌」の解説は、「生物農薬」の解説の一部です。
「病原菌」を含む「生物農薬」の記事については、「生物農薬」の概要を参照ください。


病原菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/26 02:38 UTC 版)

テンサイ褐斑病」の記事における「病原菌」の解説

病原菌のCercospora beticolaは、子嚢菌門のうちクロイボタケ綱カプノジウム目コタマカビ科に属する。通常無性世代のみが出現するいわゆる不完全菌であるが、有性世代としてコタマカビ属Mycosphaerellaによく似た生じことがある宿主範囲アカザ科のみ。 テンサイへの伝染経路以下のとおり越冬は、罹病種子および罹病茎葉により、これが一次伝染源となる。一次伝染源からの胞子飛散により、感染するその後病斑上に形成された分生子飛散により二次伝染する

※この「病原菌」の解説は、「テンサイ褐斑病」の解説の一部です。
「病原菌」を含む「テンサイ褐斑病」の記事については、「テンサイ褐斑病」の概要を参照ください。


病原菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 16:08 UTC 版)

テンサイ根腐病」の記事における「病原菌」の解説

病原菌はThanatephorus cucumeris (不完全世代: Rhizoctonia solani) AG2-2 培養IV という、担子菌門(Basidiomycota)蕈綱(Hymenomycetes)ツノタンシキン目(Ceratobasidiales)ツノタンシキン科(Ceratobasidiaceae)に属す真菌テンサイ外では、ニンジン根腐病の病原菌である。葉腐病にはT. cucumeris AG1 培養IB関与する

※この「病原菌」の解説は、「テンサイ根腐病」の解説の一部です。
「病原菌」を含む「テンサイ根腐病」の記事については、「テンサイ根腐病」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「病原菌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

病原菌

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:22 UTC 版)

名詞

病原 びょうげんきん

  1. 病気原因となる細菌

発音(?)

びょ↗ーげんきん

関連語


「病原菌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



病原菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

病原菌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



病原菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの病原体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの銃・病原菌・鉄 (改訂履歴)、生物農薬 (改訂履歴)、テンサイ褐斑病 (改訂履歴)、テンサイ根腐病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの病原菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS