黒死病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 黒死病の意味・解説 

ペスト

別名:黒死病、Pest
英語:the plague

ペスト菌によってもたらされる伝染病ネズミからノミなどを経由してヒトにも感染する。中世ヨーロッパにおいて大流行したことが知られており、当時ヨーロッパでは数千万人がペストによって命を落としたとされている。人口半減した街もあり、ヨーロッパ総人口も3割ほど減少したという。

ペストはネズミなどの齧歯類多くみられる感染症であるが、罹患したネズミを咬んだノミヒト咬むなどしてヒト感染する。ペスト菌がにエアロゾルとして空気中を漂い感染するケースもある。一般的なペストの症状は「腺ペスト」と呼ばれ、体内侵入したペスト菌リンパ腺伝播し、リンパ節壊死を招く。やがて全身伝播し、敗血症引き起こす。この段階になると全身内出血で黒ずんだようになる。病状進行きわめて早く発症して数日の間に死に至る。

ペストは、かつては致死率きわめて高い危険な感染症であったが、今日では治療法確立されているため、適切な処置を受けさえすれば高確率で命は助かる。ただしペストの感染事例根絶されたわけではなく小規模流行することもある。

なお、「ペスト」(Pest)はドイツ語であり、英語ではplague(疫病伝染病)に定冠詞付けた「the plague」(ザ・伝染病のような表現)で示される。

こくし‐びょう〔‐ビヤウ〕【黒死病】

死体が、皮下出血で黒いあざだらけになるところから》ペストのこと。


ペストの歴史

(黒死病 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 14:11 UTC 版)

ペストの歴史においては、過去に3度のパンデミックが確認されている。発生日、収束日、どのパンデミックに分類するかについてはまだ議論が存在する[1]




注釈

  1. ^ 各港は、ペストが交易船を媒介として広まることがわかると、感染地からの船舶の寄港を禁止した。ヴェネツィアでは、東方から寄港する船舶を沖合の島に40日間停泊させて、その隔離期間のなかで感染の有無を確かめさせた。検疫のことを英語でquarantinというが、これはイタリア語quarantena(40日)に由来する。
  2. ^ 飯島渉は、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行したペストが雲南起源であったことが、マクニールに中世ヨーロッパのペストが雲南起源でモンゴル帝国によって媒介されたという着想をあたえたのではないかとしている。飯島(2006)

出典

  1. ^ a b Frandsen, Karl-Erik (2009). The Last Plague in the Baltic Region. 1709–1713. Copenhagen. p. 13. ISBN 9788763507707. https://books.google.com/books?id=F3bNWrVRMb8C 
  2. ^ a b Byrne, Joseph Patrick (2012). Encyclopedia of the Black Death. Santa Barbara (CA): ABC-CLIO. p. xxi. ISBN 9781598842531. https://books.google.com/books?id=5KtDfvlSrDAC 
  3. ^ Byrne, Joseph Patrick (2012). Encyclopedia of the Black Death. Santa Barbara (CA): ABC-CLIO. p. xxii. ISBN 9781598842531. https://books.google.com/books?id=5KtDfvlSrDAC 
  4. ^ a b c 斉藤博, 「アテネの疫病はマールブルグ病, または, エボラ熱か? 」『埼玉医科大学進学課程紀要』 8巻 2000年 p.15-25, NCID AN00095070
  5. ^ 戸田隆夫, 「(1)グローバル・ヘルスと持続可能な社会の創造」『東京女子医科大学雑誌』 88巻 1号 2018年 p.13-14, 東京女子医科大学学会, doi:10.24488/jtwmu.88.1_13
  6. ^ a b c d 見市(1994)pp.1110-1111
  7. ^ Suzanne Austin Alchon(2003),A Pest in the Land: New World Epidemics in a Global Perspective, p.21(表)
  8. ^ a b c d e 第4回「ペスト」—中世ヨーロッパを揺るがせた大災禍 (加藤茂孝) (PDF) - モダンメディア56巻2号「人類と感染症の戦い」
  9. ^ 東ローマ帝国時代のペスト流行、被害は過大評価? 新研究”. CNN (2019年12月3日). 2021年2月5日閲覧。
  10. ^ a b c d e マクニール『疾病と世界史』(1985)。原著は"Plagues and Peoples"(1976)
  11. ^ CNN - A history of the plague in China, from ancient times to Mao -- and now
  12. ^ Black Death - Cause and outbreak - Britannica
  13. ^ 村上(1983)
  14. ^ a b c 『クロニック世界全史』(1994)p.335
  15. ^ a b c d e ケリー(2008)pp.10-12
  16. ^ 野上素一訳、『西洋史料集成』より。
  17. ^ 第1回「人は得体の知れないものに怯える」(加藤茂孝) (PDF) - モダンメディア55巻9号「人類と感染症の戦い」
  18. ^ ケリー(2008)pp.385-395
  19. ^ a b #『イブン・ハルドゥーン』森本公誠
  20. ^ 飯島(2006)。原出典は、曹樹基;"鼠疫流行与華北社会的変遷" (1997)
  21. ^ a b c 飯島(2006)
  22. ^ a b 都市の縁辺を考える(下)-20世紀初頭の横浜スラム再考― (阿部安成) (PDF) - 滋賀大学経済経営研究所
  23. ^ 『明治ニュース事典第7巻』(1986)p.685。原出典は『国民新聞』明治38年3月12日付


「ペストの歴史」の続きの解説一覧

黒死病

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 17:19 UTC 版)

名詞

こくしびょう

  1. ペスト別称

語源

死体皮下出血黒いあざだらけになることから。

発音

こ↗くしびょー

翻訳




黒死病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒死病」の関連用語

黒死病のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒死病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペストの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの黒死病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS