カスピ海とは?

カスピ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 22:31 UTC 版)

カスピ海(カスピかい、ロシア語: Каспийское море英語: Caspian Sea)は、ユーラシア大陸中央アジア東ヨーロッパの境界にある塩湖。世界最大のである。カスピの名は古代に南西岸にいたカス族あるいはカスピ族に由来する。カスピ海に近い現在のイラン・ガズヴィーン州ガズヴィーンは同じ語源であると言われる。現代のペルシア語では一般に「ハザール海」دریای خزرと呼ばれるが、これは7世紀から10世紀にカスピ海からコーカサス黒海にかけて栄えたハザール王国に由来する(現代ペルシア語では、カスピ海南岸のイランの地名から「マーザンダラーン海」دریای مازندرانとも呼ばれる)。また、トルコ語でも同様の名でHazar Deniziと呼ばれる[2][3]中国語では現在に至るまで「裏海」(りかい)と呼ばれる。




  1. ^ a b van der Leeden, Troise, and Todd, eds., The Water Encyclopedia. Second Edition. Chelsea, MI: Lewis Publishers, 1990, page 196.
  2. ^ دايرة المعارف فارسى، جلد اول، ص٨٩٣-٨٩٥
  3. ^ 『岩波イスラーム辞典』 大塚和夫ほか、岩波書店、2002年2月、263-264頁。ISBN 4000802011
  4. ^ カスピ海「領有権」決着…露など沿岸5か国協定『読売新聞』夕刊2018年8月13日(2018年8月14日閲覧)。[リンク切れ]
  5. ^ a b c ダリンスキー 1997, p. 40.
  6. ^ LakeNet - Lakes”. LakeNet.. 2019年3月18日閲覧。
  7. ^ Caspian Sea”. Iran Gazette. 2009年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月17日閲覧。
  8. ^ Kostianoy, Andrey and Aleksey N. Kosarev. The Caspian Sea Environment (Hardcover). Springer. Retrieved 28-01-2008.
  9. ^ ダリンスキー 1997, p. 39.
  10. ^ ダリンスキー 1997, pp. 41-42.
  11. ^ 「週刊朝日百科91 アフガニスタン・イラン」p10-10 昭和60年7月14日発行 朝日新聞社
  12. ^ 「ベラン世界地理体系8 ロシア・中央アジア」p232 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2011年6月20日初版第1刷
  13. ^ a b SOCAR Section: The Development of the Oil and Gas Industry in Azerbaijan by Dr. Khoshbakht Yusifzade”. Azerbaijan International. 2019年3月18日閲覧。
  14. ^ 輪島 2008, p. 2.
  15. ^ カスピ海油田開発事業”. 伊藤忠商事株式会社. 2016年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月13日閲覧。
  16. ^ 輪島 2008, p. 23.
  17. ^ 輪島 2008, pp. 42-43.
  18. ^ “アゼルバイジャンのカスピ海沖でガス田発見、仏トタルなど”. AFPBB News. (2011年9月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/2825747 2015年9月14日閲覧。 
  19. ^ “ロシア、カスピ海でチョウザメの5年禁漁を提案”. AFPBB News. (2008年3月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/2370635 2014年12月12日閲覧。 
  20. ^ “チョウザメ、5年禁漁へ カスピ海沿岸5カ国が合意”. 日本経済新聞. (2010年11月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM19015_Z11C10A1000000/ 2014年12月12日閲覧。 
  21. ^ 「シルクロードの古代都市 アムダリヤ遺跡の旅」p13-16 岩波新書 加藤九祚 2013年9月20日第1刷
  22. ^ Genady N. Golubev. “Part III: The Caspian Sea”. United Nations University. 2019年3月18日閲覧。
  23. ^ 『中央ユーラシアを知る事典』 小松久男, 梅村坦, 宇山智彦, 帯谷知可, 堀川徹、平凡社、2005年4月、=125-126。ISBN 4582126367
  24. ^ 「図説 ロシアの歴史」p96 栗生沢猛夫 河出書房新社 2010年5月30日発行
  25. ^ 輪島 2008, p. 14.
  26. ^ 輪島 2008, pp. 14-19.
  27. ^ “カスピ海の領有権解決 沿岸5カ国が協定署名”. 日本経済新聞. (2018年8月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3408840013082018000000/ 2019年3月18日閲覧。 
  28. ^ “【国際情勢分析】カスピ海は湖か? 海か? 20年越しの論争が決着 権益めぐりイランが譲歩、背景に米の圧力”. 産経ニュース. (2018年9月3日). https://www.sankei.com/world/news/180903/wor1809030002-n1.html 2018年8月14日閲覧。 
  29. ^ “カスピ海環境条約に調印 汚染阻止へ沿岸4カ国”. 47NEWS. (2003年11月4日). オリジナルの2013年5月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130522215352/http://www.47news.jp/CN/200311/CN2003110401000482.html 2019年3月17日閲覧。 


「カスピ海」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カスピ海」の関連用語

カスピ海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カスピ海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカスピ海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS