カリガネとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 鳥類 > 野鳥 > カリガネの意味・解説 

雁が音

読み方:カリガネ(karigane)

雁の声、雁の異称


雁金

読み方:カリガネ(karigane)

ガンの別名


カリガネ

カリガネ
カリガネ

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



雁金

読み方:カリガネ(karigane)

ガンカモ科渡り鳥

学名 Anser erythropus


雁が音

読み方:カリガネ(karigane)

雁のなき声

季節

分類 動物


雁金

読み方:カリガネ(karigane)

シベリア高地繁殖。まれに渡来

季節

分類 動物


雁金

読み方:カリガネ(karigane)

初演 天保3.5(大坂・市の側芝居)


雁金

読み方:カリガネ(karigane)

初演 享保12.冬(大坂大和山座)


雁がね

読み方:カリガネ(karigane)

作者 樋口一葉

初出 明治28年

ジャンル 随筆


カリガネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 06:19 UTC 版)

カリガネ(雁金[1]学名Anser erythropus)は、カモ目カモ科マガン属に分類される鳥類。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、299頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、75、183頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、102頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、26-27、119-125頁。
  5. ^ a b c d e f g 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社2000年、85頁。
  6. ^ 【鳥類】環境省第4次レッドリスト(2012)<分類群順> (PDF)”. 環境省 (2012年8月28日). 2012年9月9日閲覧。
  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Anser erythropus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.


「カリガネ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カリガネ」の関連用語

カリガネのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カリガネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2019 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリガネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS