マガンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 鳥類 > 野鳥 > マガンの意味・解説 

ビスサリチル酸マグネシウム

分子式C14H10MgO6
その他の名称:Magnesium salicylateサリチル酸マグネシウム、Disalicylic acid magnesium salt、マガン、モビジン、Magan、Mobidin
体系名:ビスサリチル酸マグネシウム、ジサリチル酸マグネシウム


マガン

マガン
マガン

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



真雁

読み方:マガン(magan)

ガンカモ科渡り鳥

学名 Anser albifrons


マガン

名前 MaghāMcGahern

真雁

読み方:マガン(magan)

欧亜北極海沿岸部繁殖小群ずつで十月初旬渡来する雁

季節

分類 動物


マガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/12 02:57 UTC 版)

マガン(真雁[1]Anser albifrons)は、カモ目カモ科マガン属に分類される鳥類


[ヘルプ]
  1. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、298-299頁。
  2. ^ a b c d e f g h 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、101頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、28頁。
  4. ^ a b c d 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、84頁。
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Anser albifrons. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b c d e f g h 環境省 自然環境局 生物多様性センター


「マガン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マガン」の関連用語

マガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロジ

オーストラリアセイタカシギ

コクマルガラス

コシャクシギ

オオバン

ゴジュウカラ

アオアシシギ

アトリ





マガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2018 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS