統治者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 統治者の意味・解説 

とうち‐しゃ【統治者】

読み方:とうちしゃ

統治権有する者。統治権主体


統治者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 08:46 UTC 版)

統治者(とうちしゃ)、または、ソヴリン (Sovereign: Sovereign)は、様々な範疇における最高位の指導者に適用され得る呼称であり、古フランス語の「Souverain」から拝借され、突き詰めればラテン語で「上」を意味する「superānus」から派生した。


  1. ^ Definition of sovereign in English”. 2020=06-29閲覧。


「統治者」の続きの解説一覧

統治者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:09 UTC 版)

3×3 EYES」の記事における「統治者」の解説

ウシャスラートリー統治していたが、2人不在時期評議会統治したウシャス 前鬼眼王の妻の一人にしてシヴァ母親。齢5000歳の三只眼でパールバティー匹敵する霊力持ち主。 夫である前鬼眼王不興を買い、无であるアマラ共々亜空間追放されるその後、球城に変化したアマラ内部で生活し亜空間を漂う死体細胞から『神民』を作り出し球城アマラ女神となる。 元来心優しく慈愛溢れた性格だが、誤解により自分愛す神民達に「恐怖女神」として忌み嫌われ殺されそうになったことから、そのショックで自我封印し1000年もの間閉じこもる。しかしラートリー必死の呼びかけにより封印から目覚めアマラ崩壊の危機救った慈愛中にも気高さ気丈さを併せ持つ性格で、生き別れになった息子ルドラシヴァ)への思い強くシヴァ心を救うため瀕死身体押して自ら人化の法に臨む。 人化の法後は人間となり、死期迫って苦しんでいる所を鬼眼王の手安楽死させられるシャンデー・ガフ ラートリー仕え小さな象型の生き物様々な術を使いラートリー身を守る。その正体ウシャス自我封印した殻である。 アマラ ウシャスの无。植物の妖魔亜空間にてウシャス護るため、「無限の力」を用いて身体巨大な中空球体化し内部に空気水・光蓄えた球城アマラ」と化し、主ウシャス生きていける世界作り出した巨大化した本体は球城外殻に存在し分離することができる。 球城に変化する時に肉体から「理性」を切り離しており、主を守るという「本能」のみで動いていた。その為ウシャス自身望まないことでも主に逆らう者は容赦なく虐殺し、「ウシャス残酷な女神」という誤った伝説生み出す要因になったウシャス復活後理性取り戻しアマラ恐怖時代幕を下ろす冷静沈着な合理主義者で、「現状ではこれが一番だ」が口癖ウシャスに対する忠誠心は誰よりも強くいかなる時ウシャスの身を案じて行動する。その忠誠心ウシャス人間になった後も変わらずウシャス死後、仇として鬼眼王の命を狙う。復讐心燃えるあまり手段を選ばない所があり、一時期八雲達から離れるが、ベナレスとの戦い経て再び八雲仲間になる強力な電撃や「アマラ使い」と呼ばれる多数思念体、敵の獣魔奪い取る縛めの炎」などを使って戦う。植物あるため身体破壊されても種を飛ばして再生する事が可能。 最終決戦後はどうやらイローラいい仲になった模様リトル・アマラ アマラ作った思念体アマラの子供の姿をしている。元はラートリー封印していた水牢解放する「呪鍵」の安全装置として用意された分身アマラ本体とは違う独自の人格持ち無邪気で子供っぽいパイに命を救われた事がきっかけ味方となる。パイのために亜空間に取残された八雲融合して消滅するラートリー ウシャス最初に作った神民で、もう一人の球城アマラ女神ウシャス細胞使って複製されコピー体であり、三只眼であるが、普段は第3の目閉じているアマラ神民伝わ伝説では心優しき女神である。1000年前神民と共にウシャスに対する反乱起こしアマラ怒り触れたため、球城アマラ地下である奈落迦ナラカ)にある水牢幽閉されていた。无は所持していない。コピーのため力はウシャスより劣る誤解からウシャス心を傷つけた事を悔やんでおり、封印が解けても中々ウシャスを呼ぶことが出来なかった自己犠牲精神強くウシャス身代わりとなって鬼眼王捕えられた事がある鬼眼王復活時の人化の法でパイ身代わりとなり、ウシャス共々力を鬼眼王吸収され人間となったウシャス亡き後神民達のリーダーとなり八雲達に協力する八雲に対して想い寄せていた様だが、その想いを口にする事はなかった。もっとも、鬼眼王吸収されていた人格パイ融合したため、一緒にいるということになる。

※この「統治者」の解説は、「3×3 EYES」の解説の一部です。
「統治者」を含む「3×3 EYES」の記事については、「3×3 EYES」の概要を参照ください。


統治者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:29 UTC 版)

コルキス」の記事における「統治者」の解説

コルキスの統治者についてほとんどわかっていないが、次のような人物の名が挙がっている。 アイエーテース - ギリシア伝説ではコルキス強力な王として讃美されていて歴史上実在した人物考え歴史家何人かいるが、それを裏付ける証拠存在しない。 Kuji (紀元前302年頃〜紀元前237年中世グルジア年代記によると、イベリア王国のPharnavaz1世の庇護を受け、エグリシを統治した王子AkesBasileus Aku) - 紀元前4世紀終わりコルキス王。スタテル硬貨にその名前がある。 Saulaces - 紀元前2世紀「王」と、いくつかの古代文献書かれてある。 Mithradates Chrestus(紀元前83年以降)。ポントス王国庇護を受け、支配。(注:彼の統治期間地方の長はいくらかの権力行使し続けたその1人Olthacesは紀元前65年ポンペイウス捕虜になったと、ローマ文献書かれてある) アリスタルコス紀元前65年 - 紀元前47年ポンペイウス庇護受けた君主

※この「統治者」の解説は、「コルキス」の解説の一部です。
「統治者」を含む「コルキス」の記事については、「コルキス」の概要を参照ください。


統治者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 03:46 UTC 版)

カルバ」の記事における「統治者」の解説

マージド・ビン・スルターン・アル=カースィミーMajid bin Sultan al-Qasimi、1871年1900年) ハマド・ビン・マージド・アル=カースィミーHamad bin Majid al-Qasimi、1900年~1903年実際の独立1903年シャルジャからの分離独立だが、現地では英国国家承認された1936年認識されている。 サイード・イブン・ハマド・アル=カースィミーSaid ibn Hamad al-Qasimi、1903年4月30日1937年) ハマド・イブン・サイード・アル=カースィミーHamad ibn Said al-Qasimi、1937年4月30日1951年) サクル・イブン・スルターン・アル=カースィミー(Saqr ibn Sultan al-Qasimi、1951年1952年シャールジャ首長兼任1951年1965年1952年 シャールジャ併合され消滅

※この「統治者」の解説は、「カルバ」の解説の一部です。
「統治者」を含む「カルバ」の記事については、「カルバ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「統治者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「統治者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



統治者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統治者」の関連用語

統治者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



統治者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統治者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの3×3 EYES (改訂履歴)、コルキス (改訂履歴)、カルバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS