安楽死とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 安楽死の意味・解説 

あんらく‐し【安楽死】

回復見込みがなく苦痛激し病人が、本人意志のもと、延命を拒んだり死期早める処置を受けたりして死ぬこと。また、その死。ユータナジーオイタナジー。→積極的安楽死消極的安楽死


あんらくし 【安楽死】

「助かる見込みがない病人苦痛から解放する目的で、その死期早める処置をとること。また、その死。安死術」(『大辞林』)、「病者苦痛から解放して安楽死なせること」(平凡社大百科事典』)などの説明を見るが、これが宗教とかかわってくることは、平凡社が『世界宗教事典』に『大百科事典』のそれを、そのまま再録していることでもわかる。安楽死という語については小学館日本百科事典』に「ギリシア・エジプト・アラビア・中国などから出たことば」としている。英語のeuthanasiaは〈良き死〉を意味するラテン語由来するという。しかし、道徳上・刑法いろいろと問題もあるので、ことは難しい。宮川俊行氏はカトリック立場から「周囲の者は人格尊厳にふさわしく神の祝福満ち臨終のために可能な限り助け与えなければならない」と説き(『キリスト教と安楽死問題』)、明子氏は仏教立場から「仏教教えの一側面からみた場合尊厳死肯定しても積極的安楽死容認しているようには思われない」といっているが(『仏教尊厳死・安楽死』)、共に示唆に富む。→ 尊厳死

安楽死

【仮名】あんらくし
原文euthanasia

安らかな死あるいは苦痛のない死、または治癒が望めない疾患苦痛を伴う疾患苦し個人本人要望に従って人為的死なせること。「mercy killing慈悲殺)」とも呼ばれる

安楽死

作者和久峻三

収載図書暗黒山林
出版社勁文社
刊行年月1995.2
シリーズ名ケイブンシャ文庫


安楽死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 16:28 UTC 版)

安楽死(あんらくし、英語: euthanasia)とは、または動物に苦痛を与えずにに至らせることである。一般的に、終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。


  1. ^ a b c d e 末期でない患者が安楽死、動画公開 コロンビア” (日本語). AFPBB News. 2022年1月9日閲覧。
  2. ^ a b 安楽死が認められている国の共通点 ニュージーランドはなぜ合法化が進んだのか” (日本語). shiRUto(シルト). 2022年1月9日閲覧。
  3. ^ 消極的安楽死?尊厳死? 日本とオランダ、どう違う:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ VIC州安楽死法案可決、国内で約20年ぶりNNA.ASIA、2017年11月23日
  5. ^ 豪ビクトリア州が安楽死を合法化へ、19年6月から施行 同国初
  6. ^ 豪ビクトリア州、安楽死解禁へ時事通信 2017年11月29日
  7. ^ VIC州安楽死法案可決、国内で約20年ぶりNNA.ASIA、2017年11月23日
  8. ^ a b 104歳のオーストラリア人科学者、合法のスイスで安楽死 Yahoo!ニュース
  9. ^ a b 「ふさわしい時に死を選ぶ自由を」104歳で自死の科学者 Yahoo!ニュース
  10. ^ 病気で死ぬ様子をライブ配信、フェイスブックが阻止 フランス - BBC
  11. ^ イスラームの生命倫理における安楽死と尊厳死 キリスト教と比較して 新潟大学人文学部准教授 青柳かおる、東京国際大学国際交流研究所『IIET通信 No.47』、2014年3月31日発行、2020年6月3日閲覧。
  12. ^ カリフォルニア州で安楽死合法化へ、全米で6番目AFP,2015年09月11日
  13. ^ カナダで医師による自殺ほう助が合法に “自殺ツアー”は許さないなど厳格な基準 NewSphere 2016年6月27日
  14. ^ 豪ビクトリア州が安楽死を合法化へ、19年6月から施行 同国初
  15. ^ 豪ビクトリア州、安楽死解禁へ時事通信 2017年11月29日
  16. ^ VIC州安楽死法案可決、国内で約20年ぶりNNA.ASIA、2017年11月23日
  17. ^ “NZで「安楽死法」21年11月施行、国民投票の結果確定”. 日本経済新聞. (2020年11月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65914350W0A101C2FF8000/ 2021年3月19日閲覧。 
  18. ^ a b 日本臨床倫理学会”. square.umin.ac.jp. 2022年1月9日閲覧。
  19. ^ a b 金成謨 (2017年11月22日). “韓国初の合法的尊厳死”. Chosum Online. 朝鮮日報日本語版. 2018年11月30日閲覧。
  20. ^ NHK安楽死番組、自殺の放送基準抵触と障害団体”. 京都新聞 (2019年9月5日). 2020年8月4日閲覧。



安楽死

出典:『Wiktionary』 (2018/12/19 12:38 UTC 版)

名詞

あんらくし

  1. 疾病苦痛に耐え切れずに、それから逃れるため、本人意思により積極的死にいたらせること。一般的に医療行為により行う。

類義語

関連語

翻訳


「安楽死」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



安楽死と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安楽死」の関連用語

安楽死のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安楽死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安楽死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの安楽死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS