ラザロ徴候とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 徴候 > ラザロ徴候の意味・解説 

ラザロ徴候

読み方:ラザロちょうこう

脳死判定された患者が自ら手足を動かす現象を指す語。人工呼吸器取り外す際などに、一見すると拒んでいるかのように見えことがあるという。反射一種であるとする見解一般的である。

ラザロ徴候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 05:11 UTC 版)

ラザロ徴候(ラザロちょうこう、英語: Lazarus sign, Lazarus phenomenon)は脳死とされる患者が自発的に手や足を動かす動作のことである。1984年にA・H・ロッパーによって脳神経科学誌の『Neurology』[1]に報告され、ラザロ徴候と名づけられた。名前は新約聖書イエスによってよみがえったとされるユダヤ人ラザロに由来する[2]。ラザロ症候群(en:Lazarus syndrome)との混同に注意。


  1. ^ Neurology 34:1089, 1984
  2. ^ ヘルスプレス (2017). 脳死者が蘇る? 「ラザロ徴候」は脊髄反射か生命反応か? 意見が分かれる「死」の解釈. エキサイトニュース, Retrieved October 7, 2017, from http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170127/HealthPress_201701_post_2644.html
  3. ^ Yokota, Akira (1992). Preserved spinal dorsal horn potentials in a brain-dead patient with Lazarus' sign. Journal of Neurosurgery, 76, 710-713. doi: 10.3171/jns.1992.76.4.0710
  4. ^ Bossaert, Leo (1989). Lazarus sign and extensor posturing in a brain-dead patient. Journal of Neurosurgery, 71, 449-451. doi: 10.3171/jns.1989.71.3.0449


「ラザロ徴候」の続きの解説一覧





ラザロ徴候と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラザロ徴候」の関連用語

ラザロ徴候のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

センチュリー

ラウリー

伊藤能

宇治発電所導水路

黒谷和紙

イダテンヒメホンヤドカリ

香り米

中手骨





ラザロ徴候のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラザロ徴候 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS