ホルネル徴候とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 徴候 > ホルネル徴候の意味・解説 

ホルネル症候群

(ホルネル徴候 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/25 13:46 UTC 版)

ホルネル症候群(ホルネルしょうこうぐん、: Horner's syndrome)は、上位の交感神経系が障害されることで生じる一連の諸症状。頚部交感神経麻痺ホルネル徴候ともいう。1869年にスイスの眼科医ヨハン・フリードリヒ・ホルネルによって記載されたが、1727年にフランスの軍医フランソワ・プルフール・デュ・プチによってイヌの頚部交感神経を切断して縮瞳が起きることを観察し初めて発見されたが不明だったため、記載されず逆ホルネル症候群として呼ばれている。逆ホルネル症候群はイタリアの医師セラフィーノ・ビッフィ(1822年 - 1878年)によって1846年に発見されている。クロード・ベルナールも1865年にウサギの頚部交感神経を切断して耳が暖かくなって血管網が拡張していることを観察しているのでフランスやイタリアでは、クロード・ベルナール・ホルネル症候群と呼ばれている。




「ホルネル症候群」の続きの解説一覧





ホルネル徴候と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホルネル徴候」の関連用語

ホルネル徴候のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

821N

桜ジンジャー

別府八湯の湯けむり

フレンチロースト

H11T

ジャノメガザミ

リュウノウギク

ハナオチバタケ





ホルネル徴候のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホルネル症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS