死刑囚とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 死刑囚の意味・解説 

死刑囚

作者ギイ・ド・モーパッサン

収載図書ミス・ハリエット
出版社パロル舎
刊行年月1998.3


死刑囚

作者西村京太郎

収載図書失踪計画
出版社角川書店
刊行年月1998.3
シリーズ名角川文庫

収載図書危険な遊び
出版社双葉社
刊行年月2006.9
シリーズ名FUTABANOVELS


死刑囚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 10:27 UTC 版)

死刑囚(しけいしゅう)は、死刑判決が確定した囚人に対する呼称である。死刑が執行されるまでその身柄は刑事施設に拘束される。また死刑は自らの生命と引換に罪を償う生命刑とされることから、執行されるとその称は「元死刑囚」となる[1]刑事施設法などの日本の法令では死刑確定者と呼ばれる。




  1. ^ 再審で無罪になった場合や、恩赦で減刑もしくは獄死した場合にも用いられる。
  2. ^ a b Death Penalty Information Center>Facts about The Death Penalty
  3. ^ a b Death Penalty Information Center>Time on Death Row
  4. ^ “83歳死刑囚の刑執行、米アラバマ州 パイプ爆弾殺人で有罪”. AFPBB. (2018年4月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3171925 2018年5月1日閲覧。 
  5. ^ 死刑囚を共犯者の裁判証人尋問するためである。福岡連続強盗殺人事件で後の古谷惣吉連続殺人事件犯人が、すでに死刑が執行された共犯者に罪を押し付け、自分の罪を軽くし、それ以降、慣例になっている。
  6. ^ 実際には再審請求中であっても長崎雨宿り殺人事件など、死刑執行が行われた場合も少なくない
  7. ^ 死刑執行:決裁は2ルート 手続きの詳細判明
  8. ^ 佐久間哲、「死刑に処す-現代死刑囚ファイル-」、自由国民社、2005年 222頁
  9. ^ 日本では一日に一箇所で執行できるのが2人ないし3人が限界。
  10. ^ 佐久間哲、「死刑に処す-現代死刑囚ファイル-」、自由国民社、2005年より、著名な事例として財田川事件香川県)の元死刑囚がいる
  11. ^ 「明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典」、東京法経学院出版、2002年、795頁
  12. ^ 朝日新聞2008年7月1日朝刊
  13. ^ 中国で拘束の元稲沢市議に無期懲役判決 麻薬密輸罪2019年11月8日 朝日新聞(広州=益満雄一郎) 広東省広州市中級人民法院にて行われた裁判において検察側は2014年8月、「懲役15年以上か無期懲役または死刑」を求刑し結審したが、法院は判決の言い渡しを5年以上延期、長期拘束が続いている。同法院は2019年11月8日、同被告に無期懲役の判決を言い渡した。弁護側は同被告の有罪を不服として控訴している。中国では密輸などの目的で50グラム以上の覚醒剤を所持した場合、最高刑は死刑となっているが、75歳以上の被告は原則として死刑適用の対象外となっている。判決延期中に同被告は76歳となっていることから、死刑適用の可能性については事実上無くなっている。
  14. ^ 中国に限らぬ薬物「厳罰」 東南アジア諸国でも 産経新聞イザ!2010年4月6日配信[リンク切れ]
  15. ^ 懲役のない刑務所 ~フィリピンの日本人死刑囚~
  16. ^ 朝日新聞2010年4月7日朝刊


「死刑囚」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死刑囚」の関連用語

死刑囚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



死刑囚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死刑囚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS