法務省とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 法務省の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ほう むしょう はふ-しやう [3] 【法務省】


法務省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 02:56 UTC 版)

法務省(ほうむしょう、英語:Ministry of Justice、略称:MOJ)は、日本の行政機関の一つである。




  1. ^ a b 行政機関職員定員令(昭和44年5月16日政令第121号)」(最終改正:平成31年3月29日政令第74号)
  2. ^ a b c d 平成31年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  3. ^ a b 御厨貴 『権力の館を歩く 建築空間の政治学』 ちくま文庫 p.246
  4. ^ 法曹有資格者の活動領域の拡大に関する有識者懇談会『法曹有資格者の活動領域の拡大に関する有識者懇談会取りまとめ』。平成27年5月25日
  5. ^ 独立行政法人一覧(平成29年4月1日現在) (PDF)
  6. ^ 所管府省別特殊法人一覧(平成30年4月1日現在) (PDF)
  7. ^ 国の予算を所管するすべての機関である。なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。
  8. ^ a b 一般職国家公務員在職状況統計表(平成30年7月1日現在)
  9. ^ 内閣府ホーム > 内閣府男女共同参画局ホーム > 基本データ > 調査研究等 > 女性の政策決定参画状況調べ > 平成29年度 女性の政策・方針決定参画状況調べ 各分野における参画状況 1. 国・地方公共団体○国の立法・司法・行政 d. 司法 (2)検察官
  10. ^ 法務省定員規則(平成13年1月6日法務省令第16号)」(最終改正:平成31年3月29日法務省令第32号)
  11. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出裁判官と検察官の人事交流に関する質問に対する答弁書 平成二十一年六月十六日
  12. ^ 裁判官と検察官の人事交流 廃止、縮小の動き加速 「なれ合い」指摘に配慮”. 産経新聞 (2012年5月3日). 2012年9月17日閲覧。
  13. ^ a b 法務大臣閣議後記者会見の概要 平成24年5月8日
  14. ^ 日弁連がいま重要と考え、国民各層の意見を聞くための行政訴訟改革要綱案解説書 日本弁護士連合会 2002年11月29日
  15. ^ 第174回国会 参議院法務委員会 第6号 平成二十二年三月二十五日(木曜日)
  16. ^ 平成29年度 年次報告書(公務員白書) 「第1編第3部第6章:職員団体 - 資料6-2;職員団体の登録状況。2018年3月31日現在。
  17. ^ 『ドキュメント検察官』 129頁。
  18. ^ 森達也 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』 朝日出版社、2008年1月10日。ISBN 9784255004129
  19. ^ 『ドキュメント検察官』 141-144頁。
  20. ^ 人権擁護法案に関する意見”. 日本弁護士連合会 (2003年2月21日). 2015年8月2日閲覧。
  21. ^ 「ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定」 産経新聞2010年3月16日付け記事
  22. ^ 朝日新聞 2007年11月11日1面
  23. ^ 慶應大学法科大学院に在籍する新司法試験考査委員による平成19年度新司法試験の問題リークに関するwiki
  24. ^ 司法試験漏洩、法務省が刑事告発 東京地検特捜部が捜査 朝日新聞 2015年9月8日[リンク切れ]
  25. ^ 元教授、短答式の論点も漏らす? 大学院授業で学生に 産経ニュース 2015年9月20日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法務省」の関連用語

法務省のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法務省のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法務省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS