特別会計とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 会計 > 特別会計の意味・解説 

とくべつ‐かいけい〔‐クワイケイ〕【特別会計】

国および地方公共団体で、一般会計区分して設けられた会計。国については、特定の事業を行う場合特定の資金保有してその運用を行う場合、その他特定の歳入をもって特定の歳出に充て、一般歳入歳出区分して経理する必要がある場合限り法律によって設置する。特会。→一般会計


特別会計(とくべつかいけい)

特定の事業特定の資金運用管理するための予算

通常の一般会計予算とは別建てで、特定の財政資金管理するために計上されている。2001年予算では、37の特別会計が設けられ、歳入総額3908000億円にのぼった。

特別会計には、道路整備港湾整備などの公共事業に関するもののほかにも、財政融資資金国立学校国民年金などの特別会計がある。それぞれの特別会計で、別個収入支出経理している。

財政法によると、特別会計は次の3つの場合限り法律設置することができる。

  1. 国が特定の事業を行う場合
  2. 特定の資金保有して、その運用を行う場合
  3. 一般歳入歳出区分して経理する必要がある場合

この特別会計に、一般会計政府関係機関予算加えて本予算呼ばれている。政府は、これら予算案作成して国会提出し、国会審議議決を経たうえで、予算成立させる。

小泉内閣では、「聖域なき構造改革」を断行するため、チェック甘くなりがちな特別会計予算についても、歳出あり方見直すことになった。

(2001.08.27更新


特別会計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 02:43 UTC 版)

特別会計(とくべつかいけい)とは、日本または地方公共団体官庁会計において、一般会計とは別に設けられ、独立した経理管理が行なわれる会計のことをいう。






「特別会計」の続きの解説一覧



特別会計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特別会計」の関連用語

特別会計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特別会計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特別会計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS