国債整理基金特別会計とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 会計 > 国債整理基金特別会計の意味・解説 

こくさいせいりききん‐とくべつかいけい〔‐トクベツクワイケイ〕【国債整理基金特別会計】

国債償還利払い一般会計区別して行うために設置された特別会計。国全体債務状況を明確にするとともに一般会計から資金繰り入れ公債償還安定的に行う役割を担う。→国債整理基金


国債整理基金特別会計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 20:01 UTC 版)

国債整理基金特別会計(こくさいせいりききんとくべつかいけい)は、国債整理基金の費用と使途を明確にするため、その歳入歳出を一般会計から区分して設けられた特別会計のことであり、区分経理特別会計の1つである。






「国債整理基金特別会計」の続きの解説一覧



国債整理基金特別会計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国債整理基金特別会計」の関連用語

国債整理基金特別会計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国債整理基金特別会計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国債整理基金特別会計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS