日本国債とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > > 日本国債の意味・解説 

日本国債

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/22 02:43 UTC 版)

日本国債(にほんこくさい)は、日本国政府が発行する公債である[1]。「国債ニ関スル法律」(明治39年法律第34号)に基づいて発行されている。正式名称は「国庫債券」であるが[2]法律上の名称では「国債」の略称が用いられている例もある。実務上「国債」や「日本国債」またはJapanese Government Bondを略して「JGB」ともいう。日本国の運営に必要な資金を集めるために発行される。


  1. ^ すでにこの日本語版のページには英語版があり、リンクもなされているが、日本語の「国債」の用語には用いられる文脈によって国の借り入れ金返済の債務(そのもの)の意味とその債権者が所持する証書すなわち国債証券の少なくとも二つの意味があろう。英語では前者を"national debt"、後者を"national bond"と呼ぶ。英語版のページのタイトルは"National debt of Japan"となっており(直訳すれば日本の債務(ないし負債))、だとすれば彼らの関心のある論点、ないしページ創作の動機が前者に重きをおいているように思われる。関連事項をくまなく説明してゆけば、ほぼ内容は同じになろうが、この相違点は注意して扱う必要があるかもしれない(なお、言うまでもなくこれは日本語版の訳注であって英語版にはありません)。
  2. ^ 財政法第五条及び日本銀行法に関する質問に対する答弁書:答弁本文:参議院”. 参議院. 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ “国債各銘柄の実勢金利はどのように算出するのですか”. 財務省. (2004年7月16日). オリジナル2018年7月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/EUjbl. "日本証券業協会が公表する公社債店頭売買参考統計値(平均値単価)を用いて各銘柄の実勢金利(半年複利金利)を算出します。なお、平成14年7月以前については…" 
  4. ^ a b Barley, Richard (2013年2月18日). “Japan's Relentless Bonds”. Wall Street Journal. https://online.wsj.com/news/articles/SB10001424127887323764804578312013776395142 2014年1月7日閲覧。 
  5. ^ Grimes, William (2011年10月6日). “Japan's Debt Challenge”. NBR. 2014年1月7日閲覧。
  6. ^ 原文はprice resilience。何かの意図があって変えてあるのかもしれない。
  7. ^ “Don't mention the debt”. The Economist. (2013年5月4日). https://www.economist.com/news/finance-and-economics/21577080-shinzo-abes-government-looks-likely-disappoint-fiscal-consolidation-dont 2014年1月7日閲覧。 
  8. ^ 債券と国債のしくみがわかる本 久保田博幸 196ページ
  9. ^ 「個人向け復興国債」のご案内
  10. ^ 真壁, 昭夫 (2014年7月1日), “終戦直後のような預金封鎖は本当に起きるのか? 国民に浸透した「超財政悪化不安」の現実味と対策”, ダイヤモンド・オンライン, http://diamond.jp/articles/-/55336?page=2 
  11. ^ 栗原昇・ダイヤモンド社 『図解 わかる!経済のしくみ[新版]』 ダイヤモンド社、2010年、110頁。
  12. ^ 第1回 中期的な財政運営に関する検討会 議事要旨
  13. ^ 第51回滋賀中部政経文化懇話会 講師に武村正義氏滋賀報知新聞 2011年11月16日
  14. ^ 大量満期、発行40兆円突破 国債の2008年問題47NEWS 共同ニュース 2005年1月19日
  15. ^ “中国、12年も世界最大の日本国債保有国に”. 人民網. (2013年5月31日). http://j.people.com.cn/94476/8262690.html 2016年9月17日閲覧。 
  16. ^ “中国、日本国債減らしの怪 (真相深層)”. 日本経済新聞. (2014年6月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16012_W4A610C1SHA000/?dg=1 2017年5月30日閲覧。 
  17. ^ 債券が乱高下、売買2度停止 金利急低下で警戒感日本経済新聞 2013年4月5日
  18. ^ 国債先物取引を一時停止、価格急落で5年半ぶり=東京債券市場Reuters 2013年4月5日
  19. ^ a b 新発10年物国債の取引成立せず 13年ぶり、日銀買い入れが影響日本経済新聞 2014年4月14日
  20. ^ 日経新聞電子版 12月末の家計金融資産、過去最高の1741兆円 海外勢の国債保有1割超 2016/3/25
  21. ^ 日経新聞電子版 国債、海外勢の保有初の10%台 15年12月末時点 2016/3/25
  22. ^ 次のソースによりミューチュアルファンドをリンクした。
    Investopedia 5 Best High-Yielding Japan Bond ETFs (BNDX, ISHG) May 4, 2016
  23. ^ 中国、日本国債の最大保有国に”. 中国網 (2017年2月15日). 2017年10月15日閲覧。
  24. ^ 中国が日本国債を爆買い!?保有額世界一との報道に「愛国はどこに行った?」「米国債を売って日本国債を買うとはなかなかやるな」―中国ネット”. Record China (2017年2月16日). 2016年10月28日閲覧。
  25. ^ 中島将隆 なぜ赤字国債の無制限発行が可能になったか 証券経済研究第81号 2013年3月
  26. ^ 財務省 国債発行額の推移(実績ベース) 2016年5月4日閲覧
  27. ^ 財務省「国債の推移」 (PDF) 閲覧2015-01-13
  28. ^ a b 一般会計税収の推移
  29. ^ 世界経済のネタ帳「日本のGDPの推移」閲覧2011-9-25
  30. ^ 時事ドットコム「国債発行額と税収の推移」閲覧2011-9-25
  31. ^ 財政投融資特別会計国債、交付国債、出資・拠出国債、日本政策投資銀行危機対応業務国債など。
  32. ^ 国庫短期証券、国債・財投債の合計。
  33. ^ 政治・社会 【日本の解き方】日銀の国債保有増は危険か? 出口もプロなら対応可能ZAKZAK 2014年6月26日
  34. ^ 日銀が最大の国債保有者に 3月末、大量買い入れで Archived 2014年6月21日, at the Wayback Machine.47NEWS(よんななニュース) 共同通信 2014年6月18日
  35. ^ CIA "World Factbook 2011 Public Debt" 閲覧 2011-9-20
  36. ^ アベノミクスが得た意外な「援護射撃」ニューズウィーク日本版 2013年5月15日
  37. ^ 政治・社会 【日本の解き方】「国の借金1千兆円」は不正確 特殊法人の民営化で資産処分せよZAKZAK 2013年8月18日
  38. ^ 高橋洋一「ニュースの深層」 消費税増税の前に政府が抱える巨額な金融資産と天下り先特殊法人を処分すべきだ 財務省にとって不都合な真実現代ビジネス 2013年8月19日
  39. ^ 国債残高1000兆円超 22年度末、財務省が試算日本経済新聞 2013年3月7日
  40. ^ 国の「債務超過」最悪の477兆円…12年度末 Archived 2014年1月31日, at Archive.isYOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年1月31日
  41. ^ 国・地方の債務、60年度GDP比4倍 財制審試算日本経済新聞 2014年4月28日
  42. ^ 「2060年度 債務残高は8000兆円余に」 Archived 2014年4月29日, at the Wayback Machine.NHKニュース 2014年4月28日
  43. ^ 財政試算が示す50年後の日本 Archived 2014年4月29日, at the Wayback Machine.NHK NEWS WEB 2014年4月28日
  44. ^ 国の借金 2060年度に1京円超! 財政審試算MSN産経ニュース 2014年4月28日
  45. ^ 経済 高齢化で46年後は1京円超…国と地方の借金 Archived 2014年4月30日, at Archive.is読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年4月29日
  46. ^ a b 「国の借金」、過去最大の1024兆円に 13年度末日本経済新聞 2014年5月9日
  47. ^ 長期金利、過去最低を連日更新 一時0.315%日本経済新聞 2013年4月5日
  48. ^ “国債金利 2%上昇でGDP1.7%減”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月18日). オリジナル2013年4月21日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0421-2137-24/www3.nhk.or.jp/news/html/20130418/k10013996861000.html 2013年4月21日閲覧。 
  49. ^ 国債頼りの地銀でも、緩和はいつ? 「今でしょ!」WEDGE Infinity(ウェッジ) 2013年6月14日
  50. ^ 「金利1%上昇で7.9兆円損失」試算NHKニュース 2013年10月24日
  51. ^ 長期金利が過去最低更新 終値で初の0・3%台 Archived 2014年12月13日, at the Wayback Machine.47NEWS(よんななニュース) 2014年12月12日
  52. ^ 長期金利:下落 初の0.1%台 Archived 2015年1月20日, at the Wayback Machine.毎日新聞 2015年1月20日
  53. ^ 日本国債を格下げ=震災後で初、中国と並ぶ―米ムーディーズ”. 時事通信社. 2016年6月6日閲覧。
  54. ^ 日本国債を格下げ=債務増大で9年半ぶり―フィッチ”. 時事通信社. 2016年6月6日閲覧。
  55. ^ ムーディーズが日本国債格下げ、財政赤字削減などの不確実性を懸念”. ロイター. 2016年6月6日閲覧。
  56. ^ フィッチが日本格下げ、ムーディーズに続き財政警告”. ロイター. 2016年6月6日閲覧。
  57. ^ 中野剛志 『レジーム・チェンジ-恐慌を突破する逆転の発想』 NHK出版〈NHK出版新書〉、2012年、168頁。
  58. ^ 外国格付け会社宛意見書要旨
  59. ^ 格付け会社のデタラメな実態 不正疑惑で調査、破綻寸前企業に高格付け、市場で影響力小ビジネスジャーナル 2015年2月12日
  60. ^ IMF Fiscal Monitor
  61. ^ 野口旭の「ケイザイを斬る!」 第7回 政策批判の過去と現在HotWired Japan ALT BIZ(2004年6月30日時点のインターネットアーカイブ
  62. ^ 野口旭の「ケイザイを斬る!」 第8回 開かれた社会とその宿命HotWired Japan ALT BIZ(2004年6月30日時点のインターネット・アーカイブ)
  63. ^ ポール・クルーグマン「流動性のわなと日本のマクロ経済政策-問題提起」『マクロ経済政策の課題と争点』吉川洋、通商産業研究所編集委員会(編著)、東洋経済新報社、2000年
  64. ^ ポール・クルーグマン「Friedman on Japan」,2010年10月28日 。
  65. ^ 岩本康志「岩本康志東京大学大学院経済学研究科教授 日銀は「財政政策」に踏み込むな」ダイヤモンドオンライン、2010年11月01日。
  66. ^ 伊藤隆敏「金融政策、財政は手遅れ FTA進め構造改革急げ」『デフレ完全解明』 東洋経済新報社、2010年、46頁。
  67. ^ 伊藤元重「数年以内に危機のおそれ 構造改革の先送りは限界に」『デフレ完全解明』 東洋経済新報社、2010年、48頁。
  68. ^ デフレ脱却国民会議:日銀は震災国債を買いオペ対象に Archived 2013年11月10日, at the Wayback Machine. Bloomberg4月27日
  69. ^ a b 財政ファイナンスをやってはいけない東洋経済オンライン 2012年12月5日
  70. ^ すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。
  71. ^ 「高橋財政」に学び大胆なリフレ政策を――昭和恐慌以上の危機に陥らないために 東洋経済 2009年6月16日
  72. ^ 失われたGDPを取り戻す秘策PHPビジネスオンライン 衆知 2010年1月18日
  73. ^ 高橋洋一の民主党ウォッチ 「日銀引受は禁じ手」の虚妄 実は「毎年行われている」 J-CASTニュース 2011年4月14日
  74. ^ 森信茂樹「投機の標的、金利上昇のリスクをはらむ復興国債の日銀引き受け論を排す 」、ダイヤモンドオンライン、2011年4月18日
  75. ^ 小村武『予算と財政法』新日本法規出版株式会社、2002年、134-5頁
  76. ^ 「圓の戦争」NHKスペシャル2011年8月14日午後9時 - 9時58分NHK総合テレビ
  77. ^ 高橋洋一『日本経済の真相』
  78. ^ 独立行政法人国立印刷局ホームページ
  79. ^ 国債買入オペについての考え方を教えてください。 また、いわゆる「銀行券ルール」について教えてください。日本銀行 Bank of Japan
  80. ^ 異常事態が進行中 「銀行券ルール」って何?/木暮太一のやさしいニュース解説THE PAGE (ザ・ページ) 2014年3月25日
  81. ^ 高橋洋一【日本の解き方】意味不明な日銀の内規“銀行券ルール”ZAKZAK 2011年9月8日
  82. ^ 「日銀券ルール」の誤謬PHPビジネスオンライン衆知 2009年04月20日
  83. ^ 「日銀券ルール」撤廃急げ 自在のFRB新政策MSN.産経ニュース 2011年9月25日(2011年9月25日時点のインターネット・アーカイブ)
  84. ^ インタビュー:物価目標1-3%掲げ国債買い入れを=竹中・慶大教授Reuters 2012年12月5日
  85. ^ 銀行券ルール撤廃、かえって財政ファイナンスなどに悪影響=日銀総裁Reuters 2009年4月7日
  86. ^ さらにアグレッシブな国債買い入れ、金利反転上昇の可能性=日銀総裁ロイター 2012年6月4日
  87. ^ 日銀、「質的・量的金融緩和」を導入 銀行券ルールは一時適用停止日本経済新聞 2013年4月4日
  88. ^ 岩田規久男「緊急寄稿 震災からの経済復興」を読む! 片岡剛士BLOGOS 2011年4月12日
  89. ^ a b 復興債の日銀直接引き受けで長期金利は上昇するか? 片岡剛士BLOGOS 2011年4月20日
  90. ^ 富田俊基 「1930年代における国債の日本銀行引き受け」 (PDF)
  91. ^ a b 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、176頁。
  92. ^ 『世界同時不況』を書いた岩田規久男氏に聞く東洋経済オンライン 2009年4月28日
  93. ^ インタビュー:復興国債、増税での財源確保は逆効果 岩田学習院大教授 ロイター 2011年7月8日
  94. ^ 政友会軍部の緊密な関係によって可能となった高橋財政は財政規律の最後の砦を破壊し、軍事費膨張に歯止めが効かなくなった。(東京大学准教授 中林真幸「国難に向き合った日本人 高橋是清」日本経済新聞2011年7月6日付け朝刊を出典とした記述)
  95. ^ a b c 加藤出「日銀引き受けは一度使うと止まらない"麻薬"」週刊ダイヤモンド【第193回】 2011年9月6日[1]
  96. ^ a b 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、135頁。
  97. ^ 森永卓郎 『日本経済50の大疑問』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、177-178頁。
  98. ^ 甲南大学特別客員教授 須田美矢子「(問われる 国家信認)金融政策、「主役」たり得ず-過度の緩和は弊害大 財政再建へ成長戦略カギ」日本経済新聞2011年9月7日付け朝刊
  99. ^ a b 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、196頁。
  100. ^ 池尾和人「戦前期の日銀国債引き受けの実態」
  101. ^ 富田俊基「日本国債のリスクプレミアム」 (PDF)
  102. ^ 田中秀臣・安達誠司 『平成大停滞と昭和恐慌〜プラクティカル経済学入門』NHK出版〈NHKブックス〉、2003年、63-64頁。
  103. ^ 「インフレで喜ぶのは資産家だけ」という野田首相は「日銀キッズ」でお勉強したら?「金融政策」が総選挙の争点になったのは、国民にとって福音だ!現代ビジネス 2012年11月26日
  104. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、122頁。
  105. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、194頁。
  106. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、130頁。
  107. ^ a b 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、129頁。
  108. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、144頁。
  109. ^ “給料半減”時代の経済学PHPビジネスオンライン 衆知 2009年3月16日
  110. ^ 高橋洋一参院「問責決議」より衆院「内閣不信任」を優先する「民主・自民増税大連立」の都合 次は「増税」VS「反増税」が対立軸に現代ビジネス ニュースの深層 2011年05月30日
  111. ^ 平成23年度国債発行計画
  112. ^ 高橋洋一 (2011年4月21日). “「復興増税」論の隠された意図を暴く 「通貨」の信認と「国債」の信認の正体”. ダイヤモンドオンライン. 2012年6月6日閲覧。
  113. ^ 岩本康志 (2011年7月13日). “日銀の国債引き受けをめぐる詭弁”. 岩本康志のブログ. 2011年9月12日閲覧。
  114. ^ 関税・外国為替等審議会 外国為替等分科会最近の国際金融の動向に関する専門部会(第4回)議事録
  115. ^ 白川日銀総裁:株式の買い入れは年度末に向け「一種の安全弁」(3)、Bloomberg
  116. ^ 深尾光洋「政府紙幣と財政負担」
  117. ^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
  118. ^ Paul Krugman"What's wrong with Japan?" The Official Paul Krugman Web Page
  119. ^ Paul Krugman"JAPAN'S TRAP" The Official Paul Krugman Web Page
  120. ^ Paul Krugman FURTHER NOTES ON JAPAN=S LIQUIDITY TRAP(clarification on "Japan's trap") The Official Paul Krugman Web Page
  121. ^ Paul Krugman (2011年6月28日). “3.5 Out of 4” (英語). The Conscience of a Liberal. The New York Times. 2011年9月12日閲覧。
  122. ^ グレゴリー・マンキュー「総供給およびインフレーションと失業の短期的トレードオフ」『マンキュー マクロ経済学(第3版)I入門編』 東洋経済新報社、2011年、429頁。
  123. ^ ベン・バーナンキ (2010年8月27日). “The Economic Outlook and Monetary Policy” (英語). 連邦準備制度. 2011年9月1日閲覧。 “In this context, raising the inflation objective would likely entail much greater costs than benefits.”
  124. ^ “米FRBが2%のインフレ目標導入、毎年1月に見直し”. ロイター. (2012年1月26日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE80O00W20120125 
  125. ^ “インフレ目標設定に関するFOMC声明全文”. ロイター. (2012年1月26日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE81K0ML20120126 
  126. ^ 中野剛志『レジーム・チェンジ』
  127. ^ ダイヤモンド・オンライン2012年4月4日
  128. ^ インタビュー:日銀緩和、正気の沙汰と思えない=斉藤誠・一橋大教授Reuters 2013年4月5日
  129. ^ 新たなる金融危機に向かう世界 副島隆彦 157ページ
  130. ^ 「非常時」に即応した対処策への転換を!--「人災」を避ける努力をせよ 片岡剛士SYNODOS -シノドス- 2011年3月18日
  131. ^ 研究 「震災復興本」を読む:原発問題と復興資金の財源問題を中心にChuo Online YOMIURU ONLINE(読売新聞)2011年9月8日
  132. ^ 昭和恐慌時の経済動向とマスコミ報道 片岡剛士BLOGOS 2011年4月7日
  133. ^ 中野剛志 『レジーム・チェンジ-恐慌を突破する逆転の発想』 NHK出版〈NHK出版新書〉、2012年、176頁。
  134. ^ 浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー 「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換 インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」 ダイヤモンド・オンライン 2013年1月20日
  135. ^ a b 「白川総裁は誠実だったが、国民を苦しめた」 浜田宏一 イェール大学名誉教授独占インタビュー東洋経済オンライン 2013年2月8日
  136. ^ 田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、122頁。
  137. ^ 日銀直接引受国債を100兆円発行せよ 復興のための田中康夫ビジョン
  138. ^ 「経財相、国債の日銀引き受けに否定的」 日本経済新聞 2011/4/1付夕刊
  139. ^ 「財務相ら、復興国債の日銀引き受け否定」 日本経済新聞 2011/3/18付 夕刊
  140. ^ 震災国債の日銀引き受け案、岡田幹事長が否定的見解」 日本経済新聞 2011/4/3付 朝刊







日本国債と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「日本国債」に関係したコラム

  • CFDの債券の取引とは

    CFDでの債券取引は、各国の発行する債券(国債)の先物が対象になっています。債券を取り扱っているCFD業者は、ひまわり証券、CMC Markets Japan、IGマーケッツ証券、SBI証券などです。

  • CFDで取り扱う債券の一覧

    CFDで取り扱う債券は、日本やアメリカ合衆国などの国債先物が銘柄として用意されています。国債先物は、主に機関投資家などが取引を行っているものです。なお、先物は期限の決められた商品のため、期日までに決済...

  • CFD取引での損益の計算方法

    CFD取引では、レバレッジや取引単位が銘柄によって異なるため、損益の計算方法がやや複雑です。また、海外の株式や株価指数、コモディティ、債券の場合は、その国の通貨で取引が行われるため、さらに計算が複雑に...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本国債」の関連用語

日本国債のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本国債のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本国債 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS