ミューチュアルファンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > ファンド > ミューチュアルファンドの意味・解説 

ミューチュアル‐ファンド【mutual fund】


ミューチュアル・ファンド(mutual fund)


ミューチュアル・ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 15:42 UTC 版)

ミューチュアル・ファンド(英語:mutual fund)は、オープンエンド会計の投資会社[2]または投資信託[3]である。


  1. ^ Hazenberg, Jan Jaap (2020-06-08). “A New Framework for Analyzing Market Share Dynamics among Fund Families”. Financial Analysts Journal 0 (3): 110–133. doi:10.1080/0015198X.2020.1744211. ISSN 0015-198X. 
  2. ^ その株式をふくむ概念。三木 概説(一)
  3. ^ a b 金融経済用語集
  4. ^ a b c d e 野村 2003
  5. ^ YahooFinance Microsoft Corporation NasdaqGS
  6. ^ YahooFinance JPMorgan Chase & Co. NYSE
  7. ^ redeemable securities 1種 または俗にmutual fund share これ自体をミューチュアルファンドと表現することもある。会社型・契約型それぞれにいう株式・受益証券。
  8. ^ 1940年投資会社法第2条(a)(31)
  9. ^ 三木 概説(六)
  10. ^ “Five UK Mutual Funds Partner on Blockchain Trading Project”. CoinDesk. (2016年2月8日). http://www.coindesk.com/five-uk-mutual-funds-partner-blockchain/ 
  11. ^ “Lipper Analytical Agrees to Sell Fund-Data Firm to Reuters Group”. ウォールストリート・ジャーナル. (1998年7月24日). http://www.wsj.com/articles/SB901201452112704500 
  12. ^ 三木 概説(一)
  13. ^ 概説(二)
  14. ^ a b 池島正興 戦後アメリカの国債管理と国債 経済研究所年報・第27号 2014年 この部分だけ段末に付したものと出典を異にする。
  15. ^ MMF は、財務省証券、コマーシャル・ペーパー譲渡性預金などの低リスクな短期金融商品に投資する。この中でCP が1991年にMMF 総資産の4割を占めた。
  16. ^ 永田(上)
  17. ^ 1974年のエリサ法が導入
  18. ^ 永田(下)
  19. ^ 日本証券経済研究所 金融危機発生後の世界の投資信託の動向 2009年6月16日
  20. ^ a b 三谷進 『アメリカ投資信託の形成と展開』 日本評論社 2001年 第8章
  21. ^ Mira Wilkins, Harm G. Schröter, The Free-standing Company in the World Economy, 1830-1996, Oxford University Press, 1998, p.379
  22. ^ アルドレッド投信は、1941年10月にボストンのゴードン・ハンロン(Gordon B. Hanlon)というブローカーが支配権を握った。
  23. ^ 1940年投資会社法第18条(f)
  24. ^ 1940年投資会社法第30条
  25. ^ アンソニー
  26. ^ a b c 佐賀 2005
  27. ^ 古谷栄男 ビジネスモデル特許の事例 1999.12
  28. ^ a b 代田 2001


「ミューチュアル・ファンド」の続きの解説一覧

ミューチュアル・ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 05:00 UTC 版)

フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ」の記事における「ミューチュアル・ファンド」の解説

200以上の異なクローズドエンド型オープンエンド型有する同社開拓した地域投資商品である、36州税連邦税の控除インカムファンドを含む。 著名なファミリーファンドとしては、テンプルトン成長株投信株式会社1954年開始295ドル資産)、 株式持合基金1949年開始79ドル資産)、投資開拓信託1992年開始76ドル資産)などがある。 フランクリン・インカム・ファンド(FKINX、336ドル資産)は主に有配株債権構成されており、1948年開発されてから継続支払配当60年続いている

※この「ミューチュアル・ファンド」の解説は、「フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ」の解説の一部です。
「ミューチュアル・ファンド」を含む「フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ」の記事については、「フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミューチュアルファンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミューチュアル・ファンド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミューチュアルファンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミューチュアルファンド」の関連用語

ミューチュアルファンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミューチュアルファンドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2023MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミューチュアル・ファンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランクリン・テンプルトン・インベストメンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS