マネー・マーケット・ファンドとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > ファンド > マネー・マーケット・ファンドの意味・解説 

マネー・マーケット・ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/06 18:56 UTC 版)

マネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund、MMF)は主に債券を組み入れ資産とするミューチュアル・ファンド。銀行へ預金するような間隔で保有されていたが、世界金融危機で額面割れした。1971年、ブルース・ベント(Bruce R. Bent)、ハリー・ブラウン(Henry B. R. Brown)の2人が「リザーブ・ファンド」を設立し、アメリカの公社債証券化した。


  1. ^ 山村延郎、松田岳 「米独の金融自由化とセイフティ・ネットの展開」 金融庁 2014年 45頁
  2. ^ ロイター 「米MMFが額面割れ、運用会社は安全性強調」 2008/09/17
  3. ^ ロイター 金融界の「巨象」米MMFの規制強化、危機深刻化させるリスクも 2014/08/12


「マネー・マーケット・ファンド」の続きの解説一覧



マネー・マーケット・ファンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マネー・マーケット・ファンド」の関連用語

マネー・マーケット・ファンドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マネー・マーケット・ファンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマネー・マーケット・ファンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS