ウォールストリート・ジャーナルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 新聞 > アメリカ合衆国の新聞 > ウォールストリート・ジャーナルの意味・解説 

ウォール‐ストリート‐ジャーナル【The Wall Street Journal】


ウォールストリート・ジャーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/07/05 20:26 UTC 版)

ウォールストリート・ジャーナル英称The Wall Street JournalWSJ)は、ニューヨークで発行される国際的な影響力を持つ日刊新聞である。長年にわたり、アメリカ合衆国内での発行部数第1位を占めてきたが、最近ではUSAトゥデイ(211万部)に次ぐ第2位(208万部)であった[1][2]。しかし、昨今の新聞不況によりUSAトゥデイが部数を減らしたため、2009年ウォールストリート・ジャーナルが再び首位に返り咲いた[3]ニューズ・コーポレーションの子会社であるダウ・ジョーンズ社が発行する。保守系・共和党寄り。




  1. ^ 石川幸憲 (2009年 10月6日). “米国メディア危機”. 週刊エコノミスト: p.79. 毎日新聞社.
  2. ^ 部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均
  3. ^ 半年で10%超減少、米新聞発行部数の減少が加速
  4. ^ 読売新聞とウォール・ストリート・ジャーナル紙が提携. 読売新聞. 2009年2月27日閲覧。
  5. ^ 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」サイトオープンのお知らせ. SBIホールディングス. 2009年12月15日閲覧。


「ウォールストリート・ジャーナル」の続きの解説一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 05:06 UTC 版)

ウォール・ストリート・ジャーナル英語: The Wall Street Journal)は、ニューズ・コープの子会社であるダウ・ジョーンズ社が発行する国際的な影響力を持つ日刊経済新聞である。アメリカ版、アジア版、ヨーロッパ版(英語)の他、日本語版や中国語版のオンライン版が発行されている。


注釈

  1. ^ 部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均

出典

  1. ^ 石川幸憲 (2009年10月6日). “米国メディア危機”. 週刊エコノミスト (毎日新聞社): p.79. 
  2. ^ 半年で10%超減少、米新聞発行部数の減少が加速
  3. ^ FORM 10-K UNITED STATES SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION
  4. ^ 「新聞発行やめ電子版集中=米WSJがアジア欧州で」 2017年9月29日 時事通信
  5. ^ 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版」サイトオープンのお知らせ”. SBIホールディングス. 2009年12月15日閲覧。
  6. ^ 小野由美子 ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版編集長 日本語版編集長が語るWSJの読み方 第9回 ビジネスだけじゃない! -WSJ独自の文化への眼差し、平成23年12月27日閲覧
  7. ^ Andrew Browne 'ナショナリスト本田悦朗氏がアベノミクスで目指す目標' ウォールストリートジャーナル日本語版 2014年2月19日.
  8. ^ アベノミクスは軍事目的!?本田参与米有力紙に反論テレビ朝日 2014年2月20日
  9. ^ 首相周辺発言、再び波紋 今度は本田参与 日本経済新聞 2014年2月20日
  10. ^ 本田参与「発言趣旨違う」と反論 米紙記事に共同通信 2014年2月20日[リンク切れ]
  11. ^ 【社説】安倍首相の「第3の矢」WSJ 2013年5月17日
  12. ^ “「韓国兵から性的暴行」 ベトナム女性ら謝罪要求 朴大統領に”. 東京新聞. (2015年10月17日). オリジナルの2015年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151020004612/https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201510/CK2015101702000262.html 
  13. ^ “韓国軍の性的暴力訴え大統領に謝罪要求”. NHK. (2015年10月16日). オリジナルの2015年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151015235157/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151016/k10010271961000.html 
  14. ^ “「韓国は事実上中国の一部だった」…習主席がトランプ大統領に衝撃の発言”. 中央日報. (2017年4月20日). オリジナルの2018年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/apxKs 
  15. ^ “トランプ氏の「韓国は中国の一部」発言に反発=韓国政府”. 聯合ニュース. (2017年4月19日). オリジナルの2018年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180302234809/http://japanese.yonhapnews.co.kr:80/Politics2/2017/04/19/0900000000AJP20170419004400882.HTML 


「ウォール・ストリート・ジャーナル」の続きの解説一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:53 UTC 版)

アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事における「ウォール・ストリート・ジャーナル」の解説

WSJ12月2日付の「ウィキリークス問題に解答はない」と題したオピニオンに於いて、「情報漏洩解決する方法一つある。それはインターネット無くすことだ」として、最早それ以外の方法はない憂いた。

※この「ウォール・ストリート・ジャーナル」の解説は、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の解説の一部です。
「ウォール・ストリート・ジャーナル」を含む「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事については、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の概要を参照ください。


ウォール・ストリート・ジャーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 03:44 UTC 版)

小野由美子」の記事における「ウォール・ストリート・ジャーナル」の解説

1986年昭和61年)、ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局入社一般ビジネスニュースを担当した1994年平成6年)にはニューヨーク本社異動となり、食品広告小売業界担当記者として勤務した1998年平成10年)、東京特派員として東京支局戻り長期に渡って低迷する日本経済について特集記事執筆するなどした。2002年平成14年)には東京支局支局長となり、同支局長代理を経て翌年には同支局に就任した2009年平成21年6月よりウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長務める。2014年 (平成26年) 11月よりウォール・ストリート・ジャーナル香港支局にて勤務アジア地域におけるデジタル・メディア媒体編集統括担当している。

※この「ウォール・ストリート・ジャーナル」の解説は、「小野由美子」の解説の一部です。
「ウォール・ストリート・ジャーナル」を含む「小野由美子」の記事については、「小野由美子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウォールストリート・ジャーナル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ウォール・ストリート・ジャーナル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ウォールストリート・ジャーナルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウォールストリート・ジャーナル」の関連用語

ウォールストリート・ジャーナルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウォールストリート・ジャーナルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウォールストリート・ジャーナル (改訂履歴)、ウォール・ストリート・ジャーナル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 (改訂履歴)、小野由美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS