二六新報とは?

にろくしんぽう 二六新報

秋山定輔ていすけ)が1893年明治26東京創刊した日刊紙廃娼問題などをとりあげ人気集めたが、たび重なる発禁処分改題内紛の末、1940年廃刊

二六新報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/24 00:28 UTC 版)

二六新報(にろくしんぽう)は、かつて日本で発行されていた日刊新聞明治時代から昭和時代にかけて発行。


  1. ^ 『東京二六新聞』への改題は、1904年に起こった秋山定輔のスパイ疑惑による衆議院議員辞職(「露探事件」)が原因であり、1909年に秋山が復帰するとともに『二六新報』に復題している。(荒瀬豊、「二六新報」 『国史大辞典吉川弘文館 
  2. ^ 国立国会図書館サーチによる。


「二六新報」の続きの解説一覧



二六新報と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二六新報」の関連用語

二六新報のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



二六新報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二六新報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS