時事新報とは?

時事新報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/23 02:38 UTC 版)

時事新報(じじしんぽう)は、かつて存在した日本の日刊新聞である。1882年明治15年)3月1日福澤諭吉の手により創刊。その後、慶應義塾大学およびその出身者が全面協力して運営した。戦前の五大新聞の一つ。創刊に当たって「我日本国の独立を重んじて、畢生の目的、唯国権の一点に在る」と宣言した。1936年(昭和11年)に廃刊になり『東京日日新聞』(現『毎日新聞』)に合併された[9]




  1. ^ 1936年に買収、権利一切を引き継ぐ。
  2. ^ 現・東京都港区三田2-15-45。慶応義塾大学三田キャンパス構内、旧図書館の辺りにあった。
  3. ^ 現・東京都中央区日本橋3丁目
  4. ^ 現・東京都中央区銀座6-8-7 交詢社ビルディングの南側にあたる。
  5. ^ 現・東京都中央区八重洲2丁目
  6. ^ 現・東京都千代田区有楽町1-12-1
  7. ^ 現在の時事新報社の登記上本店で、産業経済新聞社東京本社と同じ。
  8. ^ Webでしか読めない時事新報史第19回 社屋の移転~日本橋を経て銀座へ~ - 慶応義塾大学出版会株式会社HP、同大学専任講師都倉武之の筆。
  9. ^ 『兵は凶器なり』 (21) 15年戦争と新聞メディア -1926-1935- (PDF) 前坂俊之アーカイブス
  10. ^ 異端と先導 創造性に満ちた生涯 東京展は来月8日まで 産経新聞2011年1月28日
  11. ^ 『日本思想史講座:近代の思想 第8巻』 石田一良 雄山閣 1975年
  12. ^ 第12回:水戸出身記者の入社
  13. ^ 『福澤諭吉全集 第21巻』 岩波書店 2010年 P.599
  14. ^ [慶應義塾豆百科] No.42 『時事新報』の創刊
  15. ^ 時代の節目の事件、どう伝えたか ひだのある読み方できる
  16. ^ 『毎日新聞百年史』によれば、大阪毎日新聞社は時事新報社より営業権(のれん)を購入。時事新報社はこの代金をもって解散資金にしたとしている。つまりこのとき時事新報社の法人は解散している。なお、『時事新報』を合同したのは『東京日日新聞』であって、『大阪毎日新聞』ではない。
  17. ^ 日本の新聞人 板倉卓造
  18. ^ 【現代(いま)に生きる時事新報】(24)[リンク切れ]
  19. ^ Title 「新聞に関する世論調査」の分析(下) (PDF)
  20. ^ 警報発令!今度は何が? 【し】新聞社の仕組み⑰ - 産経新聞大阪本社整理部記者日野原信生のブログ。


「時事新報」の続きの解説一覧



時事新報と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時事新報」の関連用語

時事新報のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



時事新報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの時事新報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS