福澤諭吉とは?

ふくざわ‐ゆきち〔フクざは‐〕【福沢諭吉】


ふくざわ‐ゆきち【福沢諭吉】


福沢諭吉

作者安岡章太郎

収載図書時代小説大全集 5 人物日本史 明治大正
出版社新潮社
刊行年月1991.9
シリーズ名新潮文庫


福澤諭吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 23:57 UTC 版)

福沢 諭吉(ふくざわ ゆきち、旧字体福澤 諭󠄀吉天保5年12月12日1835年1月10日〉 - 明治34年〈1901年2月3日)は、幕末から明治日本武士啓蒙思想家教育者[1](はん)。子囲(しい、旧字体:子圍)。揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁[2]雅号は、三十一谷人(さんじゅういっこくじん)[3]。もともと苗字は「ふくさわ」と発音していたが、明治維新以後は「ふくざわ」と発音するようになった[4]。現代では「福沢諭吉」と表記されることが一般的となっている[注釈 1]。なお「中村諭吉」と名乗っていた時期がある。


注釈

  1. ^ 学術誌、研究書、辞典類、文部科学省検定教科書など。一方、慶應義塾大学をはじめとする学校法人慶應義塾の公式ホームページでは「福澤諭吉」と表記されている。例えば、慶應義塾についてを参照。なお、学術書でも「福澤諭吉」の表記を用いるものも近年、出現している。
  2. ^ 他にも諸説ある平山洋・信州福沢11カ所めぐり参照
  3. ^ 百助が所持していた伊藤東涯の『易経集注』という書は福沢家に残され、現在は慶應義塾大学に寄託されている。
  4. ^
    製薬の事についても奇談がある。るとき硫酸りゆうさんを造ろうと云うので、様々大骨折おおぼねおつて不完全ながら色の黒い硫酸が出来たから、これを精製して透明にしなければならぬと云うので、その日はず茶椀に入れて棚の上に上げておいた処が、鶴田仙庵が自分で之を忘れて、何かのはずみにその茶椀を棚から落して硫酸を頭からかぶり、身体からだまでの怪我けがはなかったが、丁度ちようど旧暦四月の頃で一枚のあわせをズダ/\にした事がある。 — 福沢諭吉
  5. ^ それまで、中津藩邸に近い木挽町にあった佐久間象山の塾には多くの中津藩士が通っており、象山は中津藩のために西洋式大砲二門を鋳造し上総国の姉ヶ崎で試射したりしている。象山に学んだ岡見彦三清熙は江戸藩邸内に蘭学塾を設けていた
  6. ^

    併(しか)しこの航海に就(つい)ては大(おおい)に日本の為(た)めに誇ることがある、と云(い)うのは抑(そ)も日本の人が始めて蒸気船なるものを見たのは嘉永六年、航海を学び始めたのは安政二年の事で、安政二年に長崎に於(おい)て和蘭(オランダ)人から伝習したのが抑(そもそ)も事の始まりで、その業(ぎよう)成(なつ)て外国に船を乗出(のりだ)そうと云うことを決したのは安政六年の冬、即(すなわ)ち目に蒸気船を見てから足掛(あしか)け七年目、航海術の伝習を始めてから五年目にして、夫(そ)れで万延元年の正月には出帆しようと云うその時、少しも他人の手を藉(か)らずに出掛けて行こうと決断したその勇気と云いその伎倆(ぎりよう)と云い、是(こ)れだけは日本国の名誉として、世界に誇るに足るべき事実だろうと思う[10][11]

  7. ^ 福翁自伝』に航海中の海舟の様子を揶揄するような記述が見られる。富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「初めてアメリカに渡る」の章にある「米国人の歓迎祝砲」(112頁)を参照。福翁自傳 - 200 ページを参照。

    勝麟太郎(かつりんたろう)と云う人は艦長木村の次に居て指揮官であるが、至極(しごく)船に弱い人で、航海中は病人同様、自分の部屋の外に出ることは出来なかった

  8. ^ 諭吉は『福沢全集緒言』において以下のように述べている:
    たと えば英語えいご のスチームを従来じゅうらい 蒸氣じょうきやく するのれい なりしかども、何か一文字にちゞ めることはかな うまじきやと思付おもいつ き、 れと目的はなけれども、蔵書ぞうしょ康熙字典こうきじてん持出もちだ してたゞ 無暗むやみ火扁ひへん 水扁みずへん などの部を捜索そうさく する中に、 う字を見て、その ちゅう に水の なりとあり、 れは面白しとひと首肯しゅこう して始めて の字をもち いたり。ただ西洋事情せいようじじょう の口絵に蒸滊済人じょうきさいじん 云々うんぬんしる したるは、対句ついくじょう の一字をくわ えたることなり。今日こんにち りてはなか滊車きしゃ と云い滊船きせん 問屋どいや と云い、誠に普通ふつう の言葉なれども、その もとたず ぬれば三十二年前、余が盲捜めくらさが しにさが てたるものを即席そくせき頓智とんちまか せてまん版本はんぽんのぼ せたるこそ の字の発端ほったん なれ。又当時とうじコピライト意義いぎふく みたる文字もなし。官許かんきょ えば や似寄りたれども、その じつ政府せいふ忌諱きい れずとのしめ すのみにして、江戸の慣例かんれい れば、臭草紙くさぞうし の類は町年寄まちどしより権限内けんげんない にて取捌とりさば き、それ 以上、学者の著述ちょじつ聖堂せいどう 、又飜訳書ほんやくしょ なれば蕃書調所ばんしょしらべしょ と称する政府せいふ洋学校ようがっこう にて許可きょか するの法にして、著書ちょしょ 発行はっこう名誉めいよ 権利けんり著者ちょしゃ専有せんゆう すと うがごと私有権しゆうけん意味いみ を知る者なし。よっ て余はその コピライトの横文字よこもじ直訳ちょくやく して版権はんけん新文字しんもじ製造せいぞう したり。其他そのた吾々われわれ 友人間ゆうじんかん にて作りたる新字もはなは だ少なからず。わす れたり、学友がくゆう横文おうぶん にあるドルラル記号きごう $を見てたて似寄により りの弗の字を用い、ドルラルと ませたるが如き面白おもしろ思付おもいつき にして、これはん し余がポストヲフヒス飛脚場ひきゃくばポステージ飛脚印ひきゃくじるし と訳して郵便ゆうびんゆう の字に心付こゝろづ かず、ブックキーピング帳合ちょうあい と訳して簿記ぼき の字を用いざりしは、あまぞく ぎたる故か今日こんにち に行わるゝを ず。 — 福沢諭吉、『福沢全集緒言』22-24頁
  9. ^ 次郎長もこの石碑が建てられた際に来ているが、意味がわからない子分のために漢文の内容を分かりやすく教えている。自己犠牲というアウトローが尊ぶ精神構造と似ていたせいか諭吉と教養面で隔絶した文盲の子分たちは大いに納得していたという。
  10. ^ ただし、塾内の掲示物等では教員も君付けだが、塾生や塾員が教員に向かって面と向かって君付けで呼びかけるわけではない。これは、義塾草創期は上級学生が教師役となって下級生を教授していたことの名残といわれている。
  11. ^ 1960年代にすでに朝鮮社会科学院歴史研究所が邦題『金玉均の研究』を出版。
  12. ^ その典型的な例を挙げれば、2001年中央日報、各国貨幣に扱われた人物について述べたコラム【噴水台】ユーロ貨の橋の次のような文言:「日本の1万円札には19世紀末、韓国を征伐するよう主張した福沢諭吉の肖像が入っている。日本では開化思想家として知られているが、韓国の立場からするとけしからん人物だ」
  13. ^ 総連系の学者で金玉均の研究家

出典

  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、世界大百科事典 第2版「福沢諭吉」
  2. ^ 慶應義塾編・発行『慶應義塾百年史 中(前)』、1960、p.507
  3. ^ 余が印章に三十一谷人の五字を刻
  4. ^ 北康利『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』講談社、2007年3月。ISBN 978-4-06-213884-0(21頁)
  5. ^ a b 令和6年(2024年)以降発行分に予定されている紙幣刷新により、渋沢栄一に変更されるまで。
  6. ^ 丹羽 1970, p. 273.
  7. ^ 明治生命による
  8. ^ 福沢諭吉と亀井学の思想:福沢における「縦に慣れたる資力」とは何か
  9. ^ 中崎 (1996, pp. 56–63)
  10. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店〈岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「初めてアメリカに渡る」の章にある「日本国人の大胆」(111頁)
  11. ^ 近代デジタルライブラリー収録『福翁自伝』の「始めて亜米利加に渡る」の章を参照。福翁自傳 - 198 ページ
  12. ^ 「福沢諭吉の新たな写真発見 オランダで」話題!‐話のタネニュース:イザ!
  13. ^ 勝部真長 PHP研究所 ISBN 4569771882 『勝海舟』 (終章)P333
  14. ^ 福沢:元治元年/1846~外国奉行支配調訳次席翻訳御用
  15. ^ 岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近代編 1] 』 原書房 2013年 14ページ
  16. ^ 上田正一, 「上田貞次郎伝」泰文館 1980年, NCID BN01322234
  17. ^ 小泉(1966) p.148
  18. ^ 小泉(1966) p.149-150
  19. ^ 小泉(1966) p.152
  20. ^ 小泉(1966) p.152
  21. ^ 小泉(1966) p.167
  22. ^ 小泉(1966) p.168
  23. ^ 小泉(1966) p.168
  24. ^ 慶應義塾(2004)、227頁
  25. ^ 小泉(1966) p.172
  26. ^ 小泉(1966) p.172
  27. ^ 小泉(1966) p.174
  28. ^ 西川&山内(2002)、406頁
  29. ^ 三田評論 2010年11月号「天現寺界隈、そして幼稚舎」より
  30. ^ 小泉(1966) pp.180-182
  31. ^ 小泉(1966) p.183
  32. ^ 小泉(1966) pp.183f
  33. ^ 小泉(1966) p.184
  34. ^ 小泉(1966) p.185
  35. ^ a b c d 小泉(1966) p.181
  36. ^ 小泉(1966) p.186
  37. ^ 慶應義塾編『福沢諭吉書簡集』第四巻(慶応義塾大学出版会、2001年)p.215。
  38. ^ 小泉(1966) p.187
  39. ^ a b 小泉(1966) p.180
  40. ^ 小泉(1966) pp.189f
  41. ^ 小泉(1966) pp.190f
  42. ^ 小泉(1966) pp.191f
  43. ^ a b 小泉(1966) p.196
  44. ^ 小泉(1966) p.195
  45. ^ 小泉(1966) pp.195f
  46. ^ a b 小泉(1966) p.197
  47. ^ 小泉(1966) pp.3,197
  48. ^ 慶應義塾豆百科』 No.39 慶應義塾維持法案
  49. ^ 『早稲田大学百年史』 第一巻、466頁
  50. ^ タイムトラベル中大125:1885→2010』 40-41頁
  51. ^ 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、215頁
  52. ^ 慶應義塾豆百科』 No.60 独立自尊
  53. ^ 「世紀送迎会」(慶應義塾ステンドグラス 2000年1月1日/塾 No.223)
  54. ^ 慶應義塾豆百科』 No.61 独立自尊迎新世紀
  55. ^ 福沢諭吉逝く新聞集成明治編年史第11卷、林泉社、1936-1940
  56. ^ 決議文の内容は次の通り。「衆議院ハ夙ニ開国ノ説ヲ唱ヘ力ヲ教育ニ致シタル福沢諭吉君ノ訃音ニ接シ茲ニ哀悼ノ意ヲ表ス」(片岡健吉ほか6名提出)。井上角五郎が提出者を代表して、説明のため登壇した。明治34年2月8日付「官報」号外、衆議院議事録(「第15回帝国議会・衆議院議事録・明治33.12.25 - 明治34.3.24」、国立公文書館(ref:A07050006700)。)。
  57. ^ 慶應義塾豆百科』 No.62 塾葬
  58. ^ 小泉(1966) pp.126-127
  59. ^ 小泉(1966) pp.193f
  60. ^ 小泉(1966) pp.192-195
  61. ^ 小泉(1966) p.194
  62. ^ 小泉(1966) pp.194f
  63. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「老余の半生」の章にある「行路変化多し」(316頁)を参照。近代デジタルライブラリー収録の『福翁自伝』では547 - 548頁を参照。福翁自傳 - 565 ページを参照。
  64. ^ 小泉(1966) p.189
  65. ^ 小泉(1966) pp.90f
  66. ^ 丸山眞男「文明論之概略」を読む(中)第八講
  67. ^ 杉原(1995) pp.40f
  68. ^ 小泉(1966) pp.153f
  69. ^ 小泉(1966) pp.32,157,172-173
  70. ^ 小泉(1966) p.161
  71. ^ 小泉(1966) p.173
  72. ^ 青空文庫の『中津留別の書
  73. ^ 杉原(1995) pp.36,40
  74. ^ 福沢諭吉全集21 岩波書店
  75. ^ 松山棟庵「故福澤翁」(慶應義塾学報 臨時増刊39号『福澤先生哀悼録』みすず書房、1987年3月、ISBN 4-622-02671-6、193-194頁)伝記作家石河幹明の策略―その2― 2.0.3項参照。
  76. ^ 『医者のみた福澤諭吉』
  77. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店〈岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「再度米国行」の章にある「刀剣を売り払う」(162頁)を参照。福翁自傳 - 285 ページを参照。
  78. ^ 1878年(明治11年)4月11日の日記に記載。
  79. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店〈岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「一身一家経済の由来」の章にある「仮初にも愚痴を云わず」(270-271頁)を参照。福翁自傳 - 482 ページを参照。
  80. ^ 北康利『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』講談社、2007年3月、p.226。ISBN 978-4-06-213884-0
  81. ^ 慶應義塾150年史資料集編纂委員会編 『慶應義塾150年史資料集 第2巻』 慶應義塾、2016年、426頁
  82. ^ 「一、大学部本科各科ニ学長一名ヲ置ク」(慶應義塾 『慶應義塾総覧 大正6年』 120頁)
  83. ^ 丸山眞男「文明論之概略」を読む(上)第一講
  84. ^ 横井小楠とその弟子たち』 評論社
  85. ^ 『福澤諭吉』あとがき全文 平山洋
  86. ^ 『長州再征に関する建白書』
  87. ^ 小泉(1966) p.24-25
  88. ^ 小泉(1966) p.26
  89. ^ 丸山眞男「文明論之概略」を読む(上)第一講
  90. ^ 『民情一新』
  91. ^ 丸山眞男「文明論之概略」を読む(上)第十一講
  92. ^ 丸山眞男「文明論之概略」を読む(中)第十一講
  93. ^ 福翁自傳-349 ページ
  94. ^ 会田倉吉 人物叢書 日本歴史学会編 第198項
  95. ^ 慶應義塾豆百科』 No.22 考証・天は人の上に人を造らず……
  96. ^ a b 杉原(1995) pp.237-239
  97. ^ 杉原(1995) p.237
  98. ^ 江川太郎左衛門(1)
  99. ^ 日本で初めて新聞に 天気予報 を掲載
  100. ^ 福澤先生の大病が絡んだ製氷器事始め
  101. ^ 小泉信三 『福沢諭吉』 岩波新書
  102. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「緒方の塾風」の章にある「不潔に頓着せず」(65頁)を参照。福翁自傳 - 118 ページを参照。
  103. ^ 時事新報史 第15回:朝鮮問題(1) 壬午事変の出兵論 都倉武之 慶應義塾大学出版会
  104. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「大阪修行」の章にある「書生の生活酒の悪癖」(57頁)を参照。福翁自傳 - 103 ページを参照。
  105. ^ 福翁自伝』の「禁酒から煙草」参照。
  106. ^ 北康利『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』p.156、講談社、2007年3月。ISBN 978-4-06-213884-0
  107. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「幼少の時」の章にある「稲荷様の神体を見る」(23頁)を参照。福翁自傳 - 44 ページ を参照。
  108. ^ 北康利『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』(7-9頁)、講談社、2007年3月。ISBN 978-4-06-213884-0
  109. ^ 時事新報史 第4回:創刊当初の評判 慶應義塾出版会
  110. ^ a b 長谷川精一、鈴木徳男・嘉戸一将(編)「福沢諭吉における兵役の「平等」」『明治国家の精神史的研究:<明治の精神>をめぐって』 以文社 2008年、ISBN 9784753102655 pp.126-136.
  111. ^ 週刊将棋編『名局紀行』(毎日コミュニケーションズ)P.47
  112. ^ 服部之総論文「東洋における日本の位置」、遠山茂樹論文「日清戦争と福沢諭吉」(1951)(遠山茂樹著作集第5巻所収、岩波書店,1992
  113. ^ 東谷暁インタビュー 平山洋
  114. ^ 2001年(平成13年)4月21日付「朝日新聞」に掲載
  115. ^ 同年5月12日付同紙)
  116. ^ 平山洋『福沢諭吉の真実』文藝春秋〈文春新書394〉、2004年、ISBN 4-16-660394-9 なお、同著『アジア独立論者福沢諭吉』(2012、ミネルヴァ書房)には、『福沢諭吉の真実』に収められなかった社説判定の方法論についての詳しい記述がある。
  117. ^ 「歴史とテクスト 西鶴から諭吉まで」光芒社、2001年
  118. ^ 『福沢諭吉の真実』。なお、平山は「福沢署名著作の原型について」(2015) において、福澤が後に単行本化した長編社説の原型社説を石河が全集に入れていないことを指摘し、石河は故意に福澤直筆社説を全集から排除したとも主張している。
  119. ^ 東谷暁インタビュー 平山洋また都倉武之『時事新報』論説をめぐって(1) 〜論説執筆者認定論争〜
  120. ^ 「歴史とテクスト 西鶴から諭吉まで」光芒社、2001年
  121. ^ 都倉武之『時事新報』論説をめぐって(1) 〜論説執筆者認定論争〜
  122. ^ 平山洋、2004、『福沢諭吉の真実』、文藝春秋〈文春新書394〉
  123. ^ 朝日新聞2000年3月12日、1位・坂本龍馬、2位・徳川家康、3位・織田信長、4位・田中角栄、5位・吉田茂、6位・豊臣秀吉、7位・福澤諭吉、8位・西郷隆盛、9位・市川房枝、10位・伊藤博文
  124. ^ 平山洋「中国に「福沢諭吉は『アジア侵略論』者だ」と言われたら」『歴史の嘘を見破る 日中近現代史の争点35』(文春新書、2006年),pp.35-36。
  125. ^ 小川原正道『福沢諭吉「官」との闘い』(文藝春秋、2011年),p.208。
  126. ^ 安川寿之辅著,孙卫东、徐伟桥、邱海水译:《福泽谕吉的亚洲观 : 重新认识日本近代史》(香港社会科学出版社,2004年)。安川寿之辅著,刘曙野译:《福泽谕吉的战争论与天皇论》(中国大百科全书出版社,2013年)。安川寿之辅著,刘曙野译:《福泽谕吉与丸山真男 : 解构丸山谕吉神话》(中国大百科全书出版社,2015年)
  127. ^ 区建英「現代中国における福澤理解」『近代日本研究』 7, pp.121-145, 1990。区建英「中国における福沢諭吉理解--清末期を中心に」『日本歴史』 (525), pp.63-80, 1992-02。
  128. ^ 卞崇道"福泽谕吉与中国现代化"《延边大学学报(社会科学版)》1983年12月31日。区建英「福泽谕吉政治思想剖析」『世界历史』1986年07期。何为民“《脱亚论》解读过程中的误区”《日本学刊》2009年04期。
  129. ^ 丸山 (2001, p. 282)
  130. ^ 丸山 (2001, pp. 282–283)
  131. ^ 丸山 (2001, p. 283)
  132. ^ 丸山 (2001, pp. 283–285)
  133. ^ 丸山 (2001, p. 285)
  134. ^ 李登輝元総統が「学問のすゝめと日本文化の特徴」をテーマに講演 産経新聞2008年9月23日
  135. ^ ソウル大学校国際問題研究所の姜相圭による
  136. ^ a b 〈記憶をつくるもの〉独り歩きする「脱亜論」 朝日新聞
  137. ^ 歴史と人物』4巻3号、1974年3月。
  138. ^ 姜『朝鮮の攘夷と開化 近代朝鮮にとっての日本』平凡社、1987年。ISBN 4-582-82251-7
  139. ^ 韓桂玉『「征韓論」の系譜』三一書房、1996年。ISBN 4-380-96291-1
  140. ^ 琴秉洞著『日本人の朝鮮観 その光と影』明石書店、2006年。ISBN 4-7503-2415-9
  141. ^ 杵淵『福沢諭吉と朝鮮 時事新報社説を中心に』彩流社、1997年。ISBN 4-88202-560-4
  142. ^ 韓国における福沢諭吉: 一九九〇年代における福沢諭吉の研究状況を中心に 林, 宗元(Lim, Jong-won)韓国関東大学校教授 慶應義塾大学学術情報リポジトリ
  143. ^ 中央日報、2002年【噴水台】ブッシュと福沢においては、「多様な翻訳・著述を通じて西洋学術・科学用語を日本語に移すことによって、日本はもちろん韓国・中国にまで大きな影響を及ぼした」という率直な評価が述べられている。
  144. ^ Ugly Images of Asian Rivals Become Best Sellers in Japan
  145. ^ 【その時の今日】福沢諭吉…侵略戦争正当化した日本右翼の元祖 中央日報 2009.08.12
  146. ^ 「日本の『嫌韓流』は警戒心理・劣等意識の発露」NYT紙 中央日報 2005.11.20
  147. ^ 稲葉継雄、「井上角五郎と『漢城旬報』『漢城周報』 : ハングル採用問題を中心に」 筑波大学文藝・言語学系 『文藝言語研究. 言語篇』 12巻 1987年 p.209-225, ISSN 0387-7515
  148. ^ "General Catalogue" Massachusetts Institute of Technology, 1899, p238
  149. ^ 中村道太と帳合の法丸善
  150. ^ 工手学校工学院大学
  151. ^ 清岡邦之助『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  152. ^ 志立鉄次郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  153. ^ 潮田伝五郎『現今日本名家列伝』日本力行会出版部、明36.10
  154. ^ 福澤大四郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  155. ^ 『聞き書き・福澤諭吉の思い出: 長女・里が語った、父の一面 』P.10~P.11,P.114~P.147 ( 中村仙一郎 中村文夫 著 / 近代文芸社 刊, 2006)
  156. ^ 慶應義塾 創立150年記念 未来をひらく 福沢諭吉展



福澤諭吉

出典:『Wiktionary』 (2018/10/24 05:33 UTC 版)

固有名詞

ふくざわゆきち

  1. 江戸時代末期から明治時代日本蘭学者教育者思想家著述家1835年天保5年) - 1901年明治34年)。慶應義塾創設者主な著作に『西洋事情』、『学問のすゝめ』などがある。

関連語

名詞

ふくざわゆきち

  1. 隠語一万円札1984年より)。

福沢諭吉

出典:『Wiktionary』 (2018/10/24 05:33 UTC 版)

固有名詞

ふくざわゆきち

  1. 江戸時代末期から明治時代日本蘭学者教育者思想家著述家1835年天保5年) - 1901年明治34年)。慶應義塾創設者主な著作に『西洋事情』、『学問のすゝめ』などがある。

関連語

名詞

ふくざわゆきち

  1. 隠語一万円札1984年より)。



福澤諭吉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

蘭学者 石井修三  伊東玄朴  福澤諭吉  中天游  青木周弼
自然保護活動家 岡崎友紀  関本賢太郎  福澤諭吉  呉立紅  アリシア・ベイ=ローレル
映画作品 ターザンと巨象の襲撃  ロッキー3  福沢諭吉  飛び出したお嬢さん  ハウルの動く城
江戸幕府旗本 伊奈忠順  戸川安廣  福澤諭吉  六角広満  浅井政重
日本の教育者 荒井郁之助  中澤信雄  福澤諭吉  濱尾実  和光信也
思想家 マックス・ヴェーバー  法称  福沢諭吉  孫武  アルトゥル・ショーペンハウアー
教育関係人物 空海  フリードリヒ・フレーベル  福澤諭吉  森有礼  横瀬和治
明治時代の人物 河田景与  木津幸吉  福澤諭吉  森有礼  江崎礼二
幕末の人物 前田隆礼  伊東玄朴  福澤諭吉  吉田守隆  秋元与助
適塾の人物 松下元芳  長與專齋  福澤諭吉  大鳥圭介  橋本左内
日本の文明評論家 新渡戸稲造  勝海舟  司馬遼太郎  福澤諭吉  江藤淳

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福澤諭吉」の関連用語

福澤諭吉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福澤諭吉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福澤諭吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの福澤諭吉 (改訂履歴)、福沢諭吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS