婦人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 女性 > 婦人の意味・解説 

ふ‐じん【婦人】

読み方:ふじん

成人した女性相応の年齢達している一人前女性。「―服」「職業―」

女性[用法]


婦人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 00:07 UTC 版)

婦人(ふじん)及びご婦人(ごふじん)とは、成人女性の敬称。


  1. ^ 漆田和代「『婦人』『女』『女性』 女の一般呼称考」れいのるず=秋葉かつえ編『おんなと日本語』有信堂、1993、ただし原論文は1980年。
  2. ^ 1990年9月の東京「都議会厚生文教委員会で三井マリ子議員(社会・都民会議)が「ほうきを持った女性をかたどった婦人の『婦』という字は性役割の撤廃という面からも非常に問題ある言葉。行政から率先して直すのが大切」と都側に要請。」「読売新聞」1991年7月11日「「婦人→女性」お役所言葉のトレンド 都では条例改正も」
  3. ^ 陳舜臣『元号の還暦』中央公論社、1992、pp.209-213、初出は「読売新聞」連載「三燈随筆」1990年8月6日


「婦人」の続きの解説一覧

婦人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 07:58 UTC 版)

弓浦市」の記事における「婦人」解説

50歳くらい。名前は村野旧姓田井)。歳よりも若く見え色白で頬に薄い赤み。目が大きい。中年太りはしてなく、世帯やつれは見えない小柄で小顔。短い指に指輪はない。生れ静岡だが、継母合わず九州の「弓浦市」の縁者所に預けられていたという。現在、夫は沼津神社神官で、息子と娘がいるが、夫婦不和で、婦人は東京逃げている。

※この「婦人」の解説は、「弓浦市」の解説の一部です。
「婦人」を含む「弓浦市」の記事については、「弓浦市」の概要を参照ください。


婦人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:08 UTC 版)

北村兼子」の記事における「婦人」解説

『婦人』は全関西婦人連合会 (The Federation of Women's Societies of Western Japan) の会報として創刊し大阪朝日新聞社発行雑誌。『婦人朝日』に引き継がれる北村の以下の記事掲載した。以下号数丸カッコ内数字は通号を示す1925年大正14年) 「法律を學ぶ私」第2巻2 (3)高濱トモ子北村兼子廢娼運動評す第2巻3 (4)。 「婦人問題攫みにして」第2巻4 (5)。 「配給品積んで震災地を巡る」第2巻6 (7)。 「震災エピソード第2巻6 (7)。 「貞操所有權處女賭博第2巻7 (8)。 「關所爭奪リレー選手としての體驗第2巻8 (9)。 「第一線に立つ婦人 (武藤千世子夫人)」第2巻8 (9)。 「禁酒と頭の長短論」第2巻12 (13)1926年大正15年昭和元年) 「國產奬勵主婦の務」第3巻1 (14)。 「中山歌子の迪つた路」第3巻4 (17)。 「公娼問題研究會第3巻8 (21)。 「美容術第3巻12 (25)。 1927年昭和2年) 「職業婦人百態第5巻5 (30)。 「職業婦人百態第5巻7 (32)。

※この「婦人」の解説は、「北村兼子」の解説の一部です。
「婦人」を含む「北村兼子」の記事については、「北村兼子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「婦人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

婦人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:36 UTC 版)

名詞

ふじん

  1. 成人した女性

発音(?)

ふ↗じん

関連語


「婦人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



婦人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「婦人」の関連用語

婦人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



婦人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの婦人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの弓浦市 (改訂履歴)、北村兼子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの婦人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS