ベールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > ベールの意味・解説 

ベール【Pierre Bayle】


ベール【veil】

女性の顔や頭を覆う薄い布やネット面紗

はっきりとわからないように覆い隠すもの。とばり。「神秘のベールに覆われる」


ベール

〔名〕 (英 veil

女性が顔をかくしてつつしみを表わしたり、装飾としたりするためにかぶる薄い布や網。頭にかぶったり、帽子の縁につけてたらしたりする。

葬列(1906)〈石川啄木〉「簡単な洋服を着て、面紗(ヴェール)をかけて」

② (比喩的に) おおい隠すものやおおい包むもの。

欧米印象記(1910)〈中村春雨大陸横断日誌その先きなる小き滝も、皆神秘ヴェール中に透かされて眺められし申候」


ベール

Pierre Bayle ピエール━) フランス思想家宗教的教義人間生まれながらの理性峻別して合理主義主張した。主著歴史的批評辞典」。(一六四七‐一七〇六)


ベール

プラスチック製品古紙圧縮して結束したもの。ベールにすることにより運送集積しやすくなる。例えば、ペットボトル潰し1m立方にしたベールの重さは200kg程度になる。

ベール 【Bayle】

Pierre Bayleフランス哲学者啓蒙思想先覚者。プロテスタントアカデミーの教授だったが、弾圧プロテスタント諸学校が閉鎖されたためオランダに移り信仰理性との断絶明らかにし、宗教的ドグマ信じることに意味があるとした。宗教的偏見はみな批判し、異端者無神論者対す寛容を説いた。著『歴史的批評辞典』他。(一六四七~一七〇六)

ベール

チュールレースなどの薄い布で作られたもので、顔を覆うもの。「顔を覆うことによって他人垣根をつくり、結婚式で夫となる人に初め顔を見せる」というプロテスタント考え一般化された。ベールはトレーンより長いのが正式で、本来、挙式のときだけにつけるものとされていて、披露宴ではベールを付けないのが欧米ルール

ベール

名前 BaerBährBaireBayleBergBerrBertBaleBahrBärBeelBeerBehrBelBélBeluBerdBerlBöhlBohrBöhrVaileVairVeilVerVeyre

ベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 05:12 UTC 版)

ベールベイルヴェール




「ベール」の続きの解説一覧



ベールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベール」の関連用語

ベールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2022 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS