開発計画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 開発計画の意味・解説 

開発

(開発計画 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/13 08:11 UTC 版)

開発(かいはつ、かいほつ)[1]


  1. ^ 2-7は『精選版 日本国語大辞典』より
  2. ^ システム開発ならものづくり補助金がおすすめ!ポイントと注意点とは?” (2023年2月16日). 2023年10月9日閲覧。
  3. ^ 事業再構築補助金をシステム開発に活用する方法は?具体例とともに紹介” (2023年6月17日). 2023年10月9日閲覧。


「開発」の続きの解説一覧

開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 14:59 UTC 版)

日本水力」の記事における「開発計画」の解説

1919年大正8年10月10日大阪市内日本水力株式会社創立総会開催され資本金4400万円をもって会社発足した11月25日臨時総会にて北陸電化合併議決、翌1920年大正9年1月30日合併実施合併報告総会2月20日付)して資本金5000万円としている。主な役員取締役社長山本条太郎、同副社長宮崎敬介常務取締役浅野長七・関口寿で、11月になり工学博士丹羽鋤彦・近藤茂の2名も常務取締役加わった社長山本常務浅野前述通り北陸電化役員副社長宮崎大阪電灯社長12月就任)を兼ねていた。本店設立時には大阪市北区曽根崎新地3丁目53番地1に置いたが、1920年4月以降北区中之島5丁目60番屋敷に構えた。また1919年11月より東京市麹町区八重洲1丁目1番地(現・千代田区丸の内)に支社設けている。 1919年7月記され日本水力の「設立趣意書」によると、同社大阪電灯京都電灯北陸電化の3社とその同志石川県富山県福井県岐阜県滋賀県・京都府の1府5県において有する水利権許可済み出願中かにかかわらず日本水力の手集め、まず10万5千キロワットを満2年以内建設地元需要分を除いてその発生電力関西地方へと送電する、という計画打ち立てていた。供給先としては大阪電灯京都電灯予約があり、今後両社が必要とする電力はすべて日本水力より供給することとなった。また京都電灯日本水力へと水利権譲渡することも約した日本水力発足後、旧北陸電化関係者出願していた、九頭竜川とその支流打波川おける計3地点(約1万2千キロワット相当)の水利権1920年5月および9月許可された。他にも三井鉱山契約を結び、同社計画中の神通川支流高原川における電源開発共同経営と、最大47000キロワット電力購入決定した大阪への送電をなすべき「大阪送電線」については、高原川沿いに位置する岐阜県船津起点とし、富山金沢福井回り敦賀へと出て琵琶湖北岸より京都経て大阪へ至る、という経路許可取得高原川発電所からも同送電線利用して関西方面へと送電することになった

※この「開発計画」の解説は、「日本水力」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「日本水力」の記事については、「日本水力」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 17:48 UTC 版)

M395精密誘導迫撃砲弾」の記事における「開発計画」の解説

2004年12月-2006年1月Alliant Techsystemsは、XM395 レーザー誘導迫撃砲弾の開発計画を8,000ドル締結した2006年1月予備設計批評PDR)を完了2006年2月Yuma Proving Ground実施した弾道飛行試験成功2007年2月2008年度予算開発費要求2007年3月試験成功2011年3月アフガニスタンに展開中の部隊対し配備開始2017年3月14日DSCA推定6,600ドル精密モルタルラウンドを調達するというシンガポール要請承認したFMSの下で、シンガポールは2,000個のXM395加速精密モルタル・イニシアチブ(APMI)ラウンド購入する予定

※この「開発計画」の解説は、「M395精密誘導迫撃砲弾」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「M395精密誘導迫撃砲弾」の記事については、「M395精密誘導迫撃砲弾」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 01:38 UTC 版)

アッ=シャマール」の記事における「開発計画」の解説

アシュガール(英語版)(公共事業局)が北部でアッ・ルアイス(英語版)港を建設している。

※この「開発計画」の解説は、「アッ=シャマール」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「アッ=シャマール」の記事については、「アッ=シャマール」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 22:01 UTC 版)

コーク空港」の記事における「開発計画」の解説

2013年コーク空港2023年までの空港全体開発に関するマスタープラン完成させた。 この計画では、現在空港北東にある貨物エリア敷地南東移動し一般航空エリア空港南西の主滑走路反対側に移動することが想定されている。貨物エリア撤去からのスペース使用しターミナル北方向に延長し航空機駐機場を2倍にする可能性がある。また、旧ターミナルビル撤去されることを要求している。 国道N27号を各方向に2車線に増線したり、専用バスレーン追加したりするなど、輸送インフラストラクチャー並行計画存在する空港入口にある環状交差点は、地下道強化される2017年2月訓練保安検査レストラン施設のために400ユーロ空港投資され既存レストランがランドサイドからエアサイドに移転することが発表された。

※この「開発計画」の解説は、「コーク空港」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「コーク空港」の記事については、「コーク空港」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/09 02:04 UTC 版)

IAE スーパーファン」の記事における「開発計画」の解説

1986年7月IAEV2500コア構成要素流用した高バイパスエンジンの概念設計調査開始した。このエンジン計画され最大推力28,00032,000 lbfV2500のわずか80%の燃料消費率だった。IAE株主であるロールス・ロイス plcプラット・アンド・ホイットニーMTUアエロエンジンズは高バイパスエンジンのために可変ピッチブレード、ギヤード ファンや(同様に減速歯車機構備える)同軸反転式概念を含む複数仕様検討した。これらの設計調査検討結果6月可変ピッチブレードを備えたギアード・ファン式単一方向回転高バイパスエンジンの仕様選ばれた。予定されファン直径108118インチだった。バイパス比18:1から20:1だった。エンジン1992年から1994年入手できる予定だった。 1986年12月V2500 スーパーファンは公式に当時開発中だったエアバスA340エンジンとしてエアバス社に提案された。提案に伴い、より細部設計明らかにした。さらにV2500コアエンジンにIAE開発され技術から全ての構成要素派生できると主張した。RB.211の大きさファンタイン技術ギアボックスを介して駆動された。この仕様ではバイパス比20:1期待され推力30,000 lbfだった。 既存技術活用により、スーパーファンの開発計画の費用同様にリスク競合するCFM56-5エンジンよりも低く抑える事が企図された。 低い燃料消費率と高推力比の設計A340改良された。航続距離A340-200として識別された元の設計は7,000海里だったのに対して満席状態で8,000海里まで拡大された。 エアバス社は1986年12月26日A340第一候補エンジン選択肢としてスーパーファン提案する事を決定したボーイング社同様に7J7計画選択肢としてスーパーファン検討した新型のギアードターボファン技術の高リスク危ぶむ声だけでなく、同様に1987年2月予定されスーパーファン出荷潜在的に失敗する可能性懸念された。さらにV2500はまだ承認されておらず、公開されスーパーファン実物大模型試験エンジンとして触れられるに留まった。 同時期、ドイツルフトハンザ航空エアバス社はスーパーファン備えたA34015購入する契約交わした最初納入1992年4月合意した。 (ルフトハンザ経営陣副会長の)Reinhardt Abrahamルフトハンザスーパーファン計画付随するリスク受け入れ姿勢だが、IAEに対して性能データ出荷日の保証求めた。彼は同様にスーパーファンよりも既存複数プロップファン計画技術の方が当時は望ましいのではないか考えたA340よりも安く競合するMD-11販売するマクダネル・ダグラススーパーファン日程疑問呈した。さらに実証機を失い試験エンジンで必要とされる20,000 SHP減速機挑戦的だった。 競合するCFMインターナショナルではスーパーファン完成はたとえ可能であっても1992年でかかる予想していた。 これらの懸念にも関わらずエアバス1987年3月13日経営会議でA330/A340計画は9社から104機の受注獲得して可能であるとの見通し発表した4月3日ノースウェスト航空スーパーファン搭載したA34020機まで購入する発表した1987年4月7日経営会合で 公式にスーパーファン計画は"無期限延期"と発表された。 この決定後、公式の声明無かったが、ロールスロイス社の管理監督であり、IAE経営陣でもあるRalph Robin低圧システム深刻な問題があり、1992年出荷予定影響がある事を認めたエアバス3月半ばに公式にこの技術的なリスクに関して言及した。彼はIAE直面しているV2500高圧圧縮機の問題同時にスーパーファン遅延には繋がらない主張したIAE同様にスーパーファンこれ以上技術的な調査無くエンジン開発する事は約束しない主張したにもかかわらずギヤードターボファンの概念さらなる調査公表された。 IAEスーパーファンに関する調査あくまでも技術調査としてであってルフトハンザ経営陣副会長Reinhardt Abrahamルフトハンザ経営陣スーパーファン膠着した開発計画であると実感した。彼はルフトハンザスーパーファンリスク認識していたがIAE親会社経験評判頼っていた事を認めた1987年初頭会合遅延理由尋ねられた時、IAE複数問題直面しており、減速機だけでなく同様に可変ピッチ機構とバイパスダクトにも問題があると述べた。しかし、Abrahamのこれらの問題に関する意見V2500高圧圧縮機がスーパーファン中止引き金になった主張する従来型ターボファン用に最適化されたコアエンジンではギアードファンのために大幅な改良加えない限り、低推力時にサージング生じる事が判明したスーパーファン入手できない事が明らかになった時、エアバスA340にCFM56-5Cを搭載する事を決めたスーパーファン動力とする機種性能到達する為にデータ比較する燃料搭載量増やすために翼幅を2.6m延長した

※この「開発計画」の解説は、「IAE スーパーファン」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「IAE スーパーファン」の記事については、「IAE スーパーファン」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 16:20 UTC 版)

コプリンカ貯水池」の記事における「開発計画」の解説

2005年ブルガリア建築家ジェコ・ティレフが、トラキア人最良遺跡であるセウトポリス再発掘して再建する計画打ち出した。この計画は、コプリンカ貯水池湖底にあるセウトポリス円筒状の壁で囲いUNESCO世界遺産登録し世界的な観光地にする、というものである。壁の直径420メートルで、湖岸からボートやってくる観光客は、底の遺跡から20メートルほど上方造る浮き庭園」から遺跡眺めるのだという。この庭園は、ガラスエレベーター船着き場レストランカフェ、店、アトリエなどが一体となって夜にイルミネーションが輝く、としている。 このプロジェクトには、カザンラク自治体ファンドなどが出資している。ティレフによれば少なくとも5000ユーロ資金が必要とされている。

※この「開発計画」の解説は、「コプリンカ貯水池」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「コプリンカ貯水池」の記事については、「コプリンカ貯水池」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 22:44 UTC 版)

カルダノ (ブロックチェーン)」の記事における「開発計画」の解説

開発計画として、カルダノロードマップが公開されている。 ここでは以下に計画概略を示す。 開発は、Byronバイロン)・Shelleyシェリー)・Goguen(ゴーグエン)・Bashoバショウ)・Voltaireボルテール)の5期分かれている。各期は特定の機能性基づいて設定されている。 各期の成果順を追って配信されるが、作業機能別並行して行われており研究プロトタイピング開発同時進行している。 各期のアップデートGoguenのようにいくつか細分化してリリースされる場合がある。 Byron - 2017年9月 Shelley - 2020年7月 GoguenAllegra - 2020年12月 Mary - 2021年3月 Alonzo - 2021年9月 Basho (開発中)Vasil (Babbage) - 2022年7月 予定 Chang - 2022年10月 予定 Voltaire

※この「開発計画」の解説は、「カルダノ (ブロックチェーン)」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「カルダノ (ブロックチェーン)」の記事については、「カルダノ (ブロックチェーン)」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 06:10 UTC 版)

ヌリ (ロケット)」の記事における「開発計画」の解説

韓国本土から初め人工衛星打ち上げた羅老は、ロシアからの技術協力受けて共同開発されたロケットだったが、ヌリでは基本的に韓国独自で開発が行われる。韓国側開発者としてKARI独占的に開発行った羅老反省生かしてヌリでは韓国の産(企業)学(大学)研(KARI)が密接に連携した開放型事業団形式開発を行う。予定される開発総予算2011年時点1兆5449億ウォン2014年1月時点1兆9572億ウォンで、1000人の専門人材開発係るヌリの開発計画は、当初ロシアから羅老第1段ロケットエンジン技術移転を受ける目論見頓挫したため国産開発での技術的実現性目処立たず開発予算計上何度延期されてきた。2010年度予算初め本予算承認されて「開発研究フェーズ移行した開発三段階に分かれており、2010年から2015年7月までの第一期第3段用7トンエンジンの開発第1段第2段用の75トンエンジン対応した燃焼試験設備建設推進した第二期では第1・2段75トン級のエンジン開発し2018年11月にこれを一基使った第2段相当する試験ロケット完成させて弾道飛行となる試験打ち上げ行った第三期第1段75トンエンジン4基をクラスター化したヌリ完成させて、2021年初打ち上げ行ったが、模擬衛星軌道投入失敗し2022年6月21日2度目の打ち上げで180kg強の性能検証用母衛星1機と韓国国内大学開発され子衛星のCubeSat4機、および1.3トン模擬衛星からなるペイロード打ち上げ成功した

※この「開発計画」の解説は、「ヌリ (ロケット)」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「ヌリ (ロケット)」の記事については、「ヌリ (ロケット)」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 00:09 UTC 版)

ニジェール川」の記事における「開発計画」の解説

2008年4月流域諸国構成されるニジェール川流域機構ニジェール流域水利憲章作成し流域全体30年の開発計画と、5年重点投資計画発表した。この憲章では統合的な水資源管理促進するため、新規プロジェクト審査承認のための手順を定義し部門間の水資源配分のための枠組み提供し水生生態系完全性維持両国間の紛争解決のための手順を定義している。また、重点投資項目にはマリのTaoussaダム建設計画および2008年8月から建設されているニジェールのカンダジ・ダムを指定し、両ダムによる灌漑農業拡大によって食糧安全保障促進するほか、ナイジェリアにある二つ既存ダムカインジ・ダムとジェバ・ダムの改修指定されている。 これらの投資のほとんどは政府開発援助によってまかなわれることが予定されている。たとえば、Kandadjiダムの建設資金イスラム開発銀行アフリカ開発銀行石油輸出国機構開発基金からの援助によって賄われている。世界銀行は、12年間にわたる流域でのプロジェクト資金調達のために2007年7月に5億ドルローン承認した。この資金2つフェーズ分けて授与され初期の1.85億ドル資金ナイジェリアギニアベナンマリニジェール供与され後期の3.15億ドル投資は、ブルキナファソカメルーンチャドコートジボワールへの供与予定されている。ナイジェリアにおける2つ巨大ダム改修のほかに、地元での小規模な灌漑システム地域での生態系管理システムにも資金供与されることが予定されている。 2009年9月ナイジェリア政府360ナイラをかけて、バロからワリにかけての数百マイルの間のニジェール川シルト取り除く計画発表した。この浚渫によって、現在孤立している集落多く大西洋直接結び付けられ商品輸送容易になることで経済発展望めるとした。この計画自体は6ヶ月から8ヶ月終了する予定されているが、最初に政府によって提唱された後、43年間この計画日の目を見ていなかった。この計画について当時ナイジェリア大統領であるウマル・ヤラドゥアロコジャにて声明発表し2020年までにナイジェリア20大工業国に入る計画において、ニジェール川通年航行重要な役割を担うだろうコメントしたナイジェリア運輸大臣であるアルハジ・イブラヒム・ビオは、この計画予定の期間中完成するように全力尽くすとコメントした。しかし幾人かの市民運動家は、この計画流域住民悪影響もたらすとしてこの計画反対している。2010年3月下旬には、この計画50%完了した

※この「開発計画」の解説は、「ニジェール川」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「ニジェール川」の記事については、「ニジェール川」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 17:53 UTC 版)

イオンモール高の原」の記事における「開発計画」の解説

都市基盤整備公団所有し長年空き地となっていた奈良市右京1丁目及び木津町相楽台1丁目の用地について都市基盤整備公団関西文化学術研究都市センター近鉄京都線高の原駅玄関口にふさわしいよう大型商業施設誘致進めていた。 その際大手小売流通企業数社に出店打診したところ、イオン出店希望2003年平成15年)頃から、都市基盤整備公団関西文化学術研究都市センターイオンとの間で契約向けて交渉進められた。そして2004年平成16年)夏、都市基盤整備公団所有する53,000m2の敷地関西文化学術研究都市センター建物店舗面積43,000m2、地上4階地下1階)を建設し、そこにイオン2005年平成17年)秋の開店目指し大型ショッピングセンタージャスコ大型専門店8つスクリーンシネマコンプレックスと約2000収容立体駐車場など)を出店する計画明らかになった。同年6月21日には福井博敏 木津町助役が町議会宮嶋良造議員一般質問に対してイオンショッピングセンター立地協力するよう各部課に指示したことを明らかにした。 しかし、建設予定地には暫定的に住宅展示場テニスクラブ駐車場などが立地していた。出店先立ち2004年平成16年6月30日住宅展示場が、7月31日テニスクラブ営業終了。そして9月30日サンタウンほっとスクェア入居していた最後店舗閉店歩行者専用道路の「エゴノキの道」も移設決定したその後同年11月関西文化学術研究都市センターは、「(仮称サンタウンこすもす館」の入居者について十分調査検討した結果イオン決定したことを奈良市報告その事計画については、12月15日奈良市議会定例会で、辰巳企画部長が山口裕司議員一般質問対し敷地面積奈良県側が約1.3ha、京都府側が約3.5ha、建物地上4階地下1階で、延床面積122,000m2、駐車場台数約2,000台、概算事業費は約90億円と答えている。事業資金はすべて金融機関からの融資で、民間都市機構によって金融機関推薦融資財源一部寄託され、それにより金機関からの長期固定低利融資受けた

※この「開発計画」の解説は、「イオンモール高の原」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「イオンモール高の原」の記事については、「イオンモール高の原」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/15 07:13 UTC 版)

VBCI」の記事における「開発計画」の解説

1990年代フランス政府は、旧式化始めたAMX-10P歩兵戦闘車ファミリー後継となる新たな車輌群を作るため、VBM(Véhicule Blindé Modulaire、モジュラー装甲車輌計画開始した。すぐにドイツイギリスもこの計画参加して1998年4月末に3ヶ国は、次世代装輪装甲車開発・生産行なう共同事業体、ARTEC(アーマード・テクノロジー)社を設立し、GTK/MRAV/VBCIというそれぞれ個別の開発計画名称が与えられた。 だが1999年に、フランス他国との意見の相違によって独自に開発計画を行うことに決め、ARTEC社による独英仏3ヶ国の共同開発計画から脱退した。VBM計画時代からGIATインダストリー社(現Nexter社)と、ルノー社(現ルノー・トラック社)で共同設立されサトリMV社が開発主導していたが、途中からはGIATインダストリー社が主契約社となり、ルノー社は副契約となったGIATインダストリー社が独自に開発していたベクストラ(Vextra)装輪装甲車基本として開発進められた。 2000年11月6日仏政府計画に基づく新型装甲戦闘車両700発注した

※この「開発計画」の解説は、「VBCI」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「VBCI」の記事については、「VBCI」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 09:54 UTC 版)

コーンウォール公領」の記事における「開発計画」の解説

パウンドベリー以外にも、この公領コーンウォール沿岸部の町であるニューキーで、ナンスルダン(Nansledan)という540エーカー拡張関与している。2012年ニューキー南西部住宅174棟の開発始まり現地では同じく公領手掛けたドーセットパウンドベリーにちなんで「サーフベリー」と呼ばれていた。2013年12月には住宅800軒、店舗スーパーマーケット小学校含めた計画承認された。これには、ナンスルダンを同量職場擁する住宅4000棟以上の自治コミュニティ発展させる意図がある。

※この「開発計画」の解説は、「コーンウォール公領」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「コーンウォール公領」の記事については、「コーンウォール公領」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 01:04 UTC 版)

バージェス・ヒル」の記事における「開発計画」の解説

ミッド・サセックス議会2006年制定マスタープラン基づいて開発進めており、バージェス・ヒルでも2015年近隣市街地計画承認した21世紀に入って人口増が見込まれている中心市街地では、ニュー・リバー・リテール社による再開発によって集合住宅建設される予定である。また再開発計画には映画館ホテルなどを含んだショッピングセンター計画もある。 またノーザン・アーク社の開発計画では3,500戸の新築住宅建設される予定であり、これに伴って学校3つ含めた公共施設設置見込まれている。また幹線道路A2300沿いには新しサイエンスパーク工業団地設置予定されている。

※この「開発計画」の解説は、「バージェス・ヒル」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「バージェス・ヒル」の記事については、「バージェス・ヒル」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 23:35 UTC 版)

日本郵政不動産」の記事における「開発計画」の解説

下記の開発計画がある。 蔵前計画東京都台東区蔵前一丁目旧東京貯金事務センター跡地である約14,400㎡の土地保有している。2022年度竣工予定広島JPビルディング広島駅南口広島東郵便局解体し跡地20階建て高層ビル建設する付近では広島駅南口再開発計画進行中2022年度竣工予定虎ノ門・麻布台プロジェクト日本郵便旧東京支社・旧麻布郵便局跡地第一種市街地再開発事業2022年度竣工予定梅田3丁目計画大阪市北区梅田3丁目の旧大阪中央郵便局跡地39階建て高層ビル建設する事業者日本郵便JR西日本大阪ターミナルビルJTBの4社。2023年度竣工予定五反田計画東京都品川区西五反田八丁目に旧ゆうぽうと跡地である約6,700㎡の土地保有している。2023年度竣工予定名古屋計画日本郵政不動産三菱地所を代表とするグループ参画する2025年竣工予定中野駅北口計画日本郵政不動産野村不動産を代表とするグループ参画する下目黒五丁目計画有料老人ホーム店舗複合施設2023年度竣工予定

※この「開発計画」の解説は、「日本郵政不動産」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「日本郵政不動産」の記事については、「日本郵政不動産」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 06:04 UTC 版)

イングラム (機動警察パトレイバー)」の記事における「開発計画」の解説

腕一本だけで5億円以上掛かったともいわれる開発費からすると567000万円という驚くほどの廉価納品されているが、これは篠原重工が、特車二課での使用により豊富な行動データ蓄積し将来的にはそれを新型OS組み込むことを計画していたためであり、「AV計画」とは、レイバー統一規格化意図した新型OSとそれに対応するレイバー開発までも含む一大計画のである

※この「開発計画」の解説は、「イングラム (機動警察パトレイバー)」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「イングラム (機動警察パトレイバー)」の記事については、「イングラム (機動警察パトレイバー)」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/14 05:16 UTC 版)

ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン地下鉄)」の記事における「開発計画」の解説

3つのウエスト・ハムステッド駅一体化し付近通過する二つ路線にも駅を新設するウエスト・ハムステッド分岐点英語版計画提案されている。2008年には、当駅を経由するノース・アンド・ウエスト・ロンドン・ライトレイルウエイ(英語版計画提案された。

※この「開発計画」の解説は、「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン地下鉄)」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン地下鉄)」の記事については、「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン地下鉄)」の概要を参照ください。


開発計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 19:08 UTC 版)

ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン・オーバーグラウンド)」の記事における「開発計画」の解説

現在ウエスト・ハムステッドを名乗る3つの駅はやや離れた位置にあり、乗換にはウエスト・エンド・レーンと呼ばれる通行量の多い公道上を移動する必要がある2004年チルターン・レイルウェイズ発表したウエスト・ハムステッド分岐点英語版計画では、3つの駅を地下道でつなぐことが提案されている。チルターン本線英語版)とメトロポリタン線に駅を新設しテムズリンクロンドン・オーバーグラウンドの駅をウエスト・エンド・レーンの東側移転するとされている。この再開発計画には、既存の駅施設解体と、ウエスト・エンド・レーンの3車線化含まれる予想される。この計画は、ノース・ロンドン線運営方向性不透明なため、2007年凍結された。テムズリンク駅の改築案に変わってネットワーク・レールなどはアイヴァーソン・ロードにエレベーター付の歩道橋設置し新駅アクセスする案を提案している。 2008年初頭英国交通改善審議会英語版)は、貨物線として利用されているダッジング・ヒル線(英語版)と線路共用しミッドランド鉄道貨物線少なくとも2線を活用してウエスト・ハムステッド近郊を通るノース・アンド・ウエスト・ロンドン・ライト・レイルウエイ(英語版)の計画発表した

※この「開発計画」の解説は、「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン・オーバーグラウンド)」の解説の一部です。
「開発計画」を含む「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン・オーバーグラウンド)」の記事については、「ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン・オーバーグラウンド)」の概要を参照ください。


開発・計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 16:19 UTC 版)

二式単座戦闘機」の記事における「開発・計画」の解説

1937年昭和12年12月制式採用された中島製の九七式戦闘機キ27)は、主脚こそ保守的な固定脚を採用したものの、陸軍初の全金属製低翼単葉意欲的設計であり、上昇力旋回性に優れた格闘戦向けの優秀機であった。しかし九七戦登場時、すでに欧州では引込脚のBf 109ドイツ)とスピットファイアイギリス)が出現しており、陸軍新型戦闘機開発模索する参謀本部示した兵器研究方針によれば1937年から1938年昭和13年当時陸軍3種類の戦闘機研究・開発ようとしていた。まず1機種従来通り格闘性能重視した「軽単座戦闘機」、次の1機種重武装かつ対戦闘機戦にも対大型機戦にも対応できる速度重視の「重単座戦闘機」、残る1機種双発万能戦闘機基づいた長距離複座戦闘機であった。これに基づき中島・川崎・三菱各社に軽戦と重戦の研究開発指示出し、これに対す中島回答が「軽戦」のキ43一式戦闘機「隼」)と「重戦」のキ44二式戦闘機鍾馗」)であった(共に設計主務者は小山悌技師長)。ただしキ43設計チーム青木邦雄技師は、「隼(キ43)」も重戦(Bf 109)を目指したものの、重戦開発経験浅さから結果として軽戦になってしまったと述べている。キ44に対して軽戦主導者からの不要論があったが、同時期のノモンハン事件後期ノモンハン航空戦)においてソ連赤色空軍戦闘機一撃離脱戦法駆使していた戦訓、そのためI-16などの高速機に対して一撃離脱攻撃追撃行え新鋭戦闘機必要性認められ停滞していた開発活発化した。 九七戦発展型として開発進んだキ43比べ、重戦というものの開発経験のない陸軍および各メーカーでは基本仕様をまとめるだけでも手間取り開発スケジュールキ43よりも後回しにされた。とりあえ中島では陸軍要求性能が出るよりも先にBf 109目標とし、当時国産で入手可能だった最大出力エンジンであるハ41離昇1,250 馬力)を装備し主翼面積は15m2、武装20mm機関砲装備する予定開発進めることになった青木によれば鍾馗」は隼が採用されなかった場合保険機であり、研究機的な側面が強いという。それ故に、中島は「鍾馗」に新技術や新構想盛り込むことが出来た陸軍側の要求性能遅れて1939年昭和14年)に出され最大速度600km/h以上、上昇時5000mまで5分以内行動半径600km等とされた。 陸軍ノモンハン事件戦訓のみならず欧米情勢研究によって防弾装備対し理解があったため、キ44には既存防火タンク防弾タンク・防漏燃料タンクとも。タンク被弾時に漏洩発火を防ぐためタンク外装積層ゴムなどで包んだセルフシーリング式。なお、陸軍キ43試作1号機時点中島対し防火タンク装備命令している)だけでなく、操縦者保護のために座席後部に13mm厚の防弾鋼板防楯鋼板)を日本戦闘機としては初め装備している。防弾鋼板は頭当てと背当て装備され総重量は60kgであった開発指示段階では、武装として固定機関砲1門、固定機関銃2挺の装備求められていた。翼内には同時期に新開発された榴弾有する12.7mm機関砲2門(ホ103 一式十二・七粍固定機関砲)、機首には従来の7.7mm機関銃2挺(八九式固定機関銃となっている。陸軍機に少ない引込式尾輪採用している。

※この「開発・計画」の解説は、「二式単座戦闘機」の解説の一部です。
「開発・計画」を含む「二式単座戦闘機」の記事については、「二式単座戦闘機」の概要を参照ください。


開発・計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:08 UTC 版)

一式戦闘機」の記事における「開発・計画」の解説

1937年昭和12年12月制式採用された中島製の全金属製低翼単葉機九七式戦闘機キ27)は、主脚固定脚を採用した保守的な設計かつ格闘戦向けの戦闘機だった。登場当初九七戦速度上昇力旋回性に優れた優秀機であったが、当時欧州では引込脚のBf 109ドイツ)とスピットファイアイギリス)が出現しており、設計面で将来性乏し九七戦自体限界感じていた陸軍新型戦闘機開発模索するようになった。そのため九七戦採用同月である12月陸軍航空本部中島対し一社特命キ43試作内示行い1939年昭和14年)末の完成目指し開発始まった主な要求仕様以下の通りとされている。 最大速度 - 500km/h 上昇力 - 高度5,000mまで5分以内 行動半径 - 800km以上 運動性 - 九七戦同等上 武装 - 固定機関銃2挺 引込脚を採用 中島では設計主務者たる小山悌課長筆頭とする設計課が開発取り組み担任技師設計主任)は機体班長たる太田稔技師構造設計担当青木邦弘技師、翼担当一丸哲雄技師、ほかに空力担当として糸川英夫技師らが設計協力し群馬県太田製作所開発始まった

※この「開発・計画」の解説は、「一式戦闘機」の解説の一部です。
「開発・計画」を含む「一式戦闘機」の記事については、「一式戦闘機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「開発計画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「開発計画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「開発計画」の関連用語

開発計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開発計画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本水力 (改訂履歴)、M395精密誘導迫撃砲弾 (改訂履歴)、アッ=シャマール (改訂履歴)、コーク空港 (改訂履歴)、IAE スーパーファン (改訂履歴)、コプリンカ貯水池 (改訂履歴)、カルダノ (ブロックチェーン) (改訂履歴)、ヌリ (ロケット) (改訂履歴)、ニジェール川 (改訂履歴)、イオンモール高の原 (改訂履歴)、VBCI (改訂履歴)、コーンウォール公領 (改訂履歴)、バージェス・ヒル (改訂履歴)、日本郵政不動産 (改訂履歴)、イングラム (機動警察パトレイバー) (改訂履歴)、ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン地下鉄) (改訂履歴)、ウエスト・ハムステッド駅 (ロンドン・オーバーグラウンド) (改訂履歴)、二式単座戦闘機 (改訂履歴)、一式戦闘機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS