具現化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 具現化の意味・解説 

具現化


具現化

読み方:ぐげんか

名詞具現」に、接尾辞「化」がついたもの
日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

具現化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/24 01:22 UTC 版)

カピッツァ・ディラック効果」の記事における「具現化」の解説

1960年レーザー発明されたことにより、コヒーレント光生成可能になり、この効果実験的に観察するために必要な定常波作ることができるようになった。近共鳴定常波レーザー場によるナトリウム原子のカピッツァ・ディラック散乱1985年マサチューセッツ工科大学D. E. Pritchardにより実験的に実証された。副反跳運動量有する超音速原子ビームは近共鳴定常波通り抜け最大10ħkの回折観測された。強い光定常波による電子散乱は、ニュージャージー州AT&Tベル研究所のM. Bashkanskyのグループにより実験的に実現された。

※この「具現化」の解説は、「カピッツァ・ディラック効果」の解説の一部です。
「具現化」を含む「カピッツァ・ディラック効果」の記事については、「カピッツァ・ディラック効果」の概要を参照ください。


具現化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 07:28 UTC 版)

ボロミアン環」の記事における「具現化」の解説

分子構築されボロミアン環である分子ボロミアン環存在する。この構造機械的に分割不可能な形状である。1997年生物学者Chengde Maoニューヨーク大学同僚DNAから1組の輪を作り出すことに成功したそして2003年科学者フレイザー・ストッダートとそのカリフォルニア大学ロサンゼルス校での同僚錯体化学配位化学)を用いて18個の部品から一度に輪を構成しようとしていた金Au25(SR)18 やAgAg25(SR)18のようなチオラート配位子表面層によって遮蔽されたある種原子的に正確な貴金属クラスタ構造表現するために、ボロミアン環構造有効な方法であることを示したハロゲン結合駆動自己集合によるジュゼッペ・レスナティと共同研究者らの設計により,Borromeanネットワークライブラリ合成したボロミアン環量子力学的類似体1970年そのような状態を予言したロシア理論物理学者、ヴィタリ・エフィモフにちなんエフィモフ状態呼ばれている。オーストリアインスブルック大学Institute for Experimental Physicsルドルフ・グリムとハンス・クリストフ・ネーゲルの研究グループは、2006年超低温のセシウムガス中でこの状態実験的観察初め成功しその結果科学誌ネイチャーに発表したその後ヒューストンにあるライス大学Randall Hulet教授率い物理学者チームは、結合したリチウム原子を3個集めてこれを実現しその結果オンライン雑誌Science Express発表した2010年には、田中鐘信の率いチーム炭素原子核内エフィモフ状態実現した

※この「具現化」の解説は、「ボロミアン環」の解説の一部です。
「具現化」を含む「ボロミアン環」の記事については、「ボロミアン環」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「具現化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「具現化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「具現化」の関連用語

具現化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



具現化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカピッツァ・ディラック効果 (改訂履歴)、ボロミアン環 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS